碧天飛天の小説サイト

飛天の小説置き場です。本業絵描きですが萌えを吐き出したく作りました。二次創作からオリジナルまで色々予定してます。無断転載を禁じます。よろしくお願いいたします。母艦サイトはBLUE HUMAN http://d.hatena.ne.jp/hiten_alice/ です。

パラサイト・フェスタ(全年齢版)

f:id:hiten_alice:20180829120403j:plain

序章


「かっちゃん、あれ何だろ」
 幼い頃、ふたりで林の中に遊びに行った時だ。後ろを歩いていた出久が言った。
 ふらふら余所見をしているから、ついてくるのが遅れて、待ってよかっちゃん、と追いかけてくるのが常だった。この日は2人だけだから、歩くペースを合わせてやってる。
「あんだ。どうした?デク」
「この虫、どうしてこんなとこで動かなくなってるのかな」
 出久の指差す方向にいたのは、草の先に噛み付いたまま死んでる蟻だった。
「ああ、その蟻は冬虫夏草に寄生されてんだ」
「この蟻の中に寄生虫がいるの?」
「いや、寄生虫じゃなくキノコの一種だな。そいつに寄生されると蟻が自分の意思を支配されて、草に登って落ちないように噛み付いて死ぬ。そしたら蟻の中の冬虫夏草が身体から伸びてきて、胞子を周りに撒き散らし、次の寄生先の蟻を待つってわけだ」
 自分も本物見るのは初めてだ。かっちゃんはなんでも知ってるね、と出久は微笑む。そうじゃねえよ。てめえがなんでも聞くから勉強してんだろーが。
「蟻にも心があるのかな」
「人間みてえな感情はねえだろ。あるのは本能だけじゃねえか」
「本能。頭の中に聞こえる声じゃあ、自分のものか誰かの声なのかわからないよね」
 頭の中で死へと誘う声。判断を狂わせるほどに抗いがたいのものなのだろうか。気味が悪いなと思う。
 勝己の袖をそっと掴んで、出久は囁いた。
「怖いね、かっちゃん」


「ほら、早く言わねえともっと奥まで入れちまうぜ。言えよ。欲しいっていえよ。俺のをよお。なあ、デク」
 シャツをめくり乳首をコリコリと撫でる。潰しながら捏ねると芯ができてプクリと勃ってくる。
「うあ、や、は、」と出久は苦しげに喘ぐ。
 カーテンを閉めた勝己の部屋。薄い布は夕方の日差しを遮り切れず、薄明るく出久の肌を浮かび上がらせる。床には脱ぎ散らかした二人分の制服。勝己は出久の足首に引っかかっていた下着を剥ぎ取って、ぞんざいに服の上に放る。

何一つ自分に本音を言わなくなった出久。下手くそな作り笑いで苛つかせる嘘つきな出久。でも肌を合わせることで、少しだけこいつが隠している内側に触れられる気がした。
 触れれば触れるほど、出久の肌に熱に飢える。抗いがたい衝動だ。
 けれども時折、身体を重ねた後の、虚ろな出久の瞳を見るたびに、胸を硝子の破片のような棘が刺す。
 出久はどう思ってるんだ。
「おい、デク」
 身体を繋げている時は、気づかないでいられる心の虚。身体を起こし、乱れた出久の髪をかき上げて瞳を覗く。抱かれながらも反抗的な光を宿していた瞳。快楽に濡れて情動を揺さぶった翡翠のような瞳。今は何を映しているのかわからない硝子玉のようだ。
 出久だって肌を合わせることに慣れてきているんだ。身体を重ねることで情が移ったりしねえのか。
 俺のことを。
 いや、どうだっていいじゃねえか。出久の気持ちなんか置き去りで構わない。抱いて溺れさせてしまえばいいんだ。
 中学生の頃の放課後の熟れた時間。高校生になって、たとえ別々の学校になったとしても続くはずだった関係。だがそれはヘドロヴィラン事件と、雄英入学と共に出久が個性を得たことで、あっさり終わりを告げた。
 あれから出久に触れていない。


第1章


 文化祭に劇をすると決めたのは誰だっただろうか。しかも手間のかかるファンタジーだと?
「アホかよ。稽古する暇なんざねえわ」
 勝己は文句を言ったが、面白そう、台詞覚えるの大変そうだけどやってみたい、とクラスの連中からは賛成の声が大きく、多数決で決まってしまった。ちらっと背後を伺うと出久も挙手してやがる。クソナードが。
「めんどくせえわ、クソが。てめえらでやってろよ」
 勝己は毒づいた。つかつかと飯田が近寄ってくる。おい、HR中だろうが。相澤先生はいねえけど。
「爆豪くん、やる前から面倒だと決めるのは良くないぞ」
「まあまあ、飯田、爆豪は口ではこう言っても、結構真面目にやるんだぜ。前のバンドの時だって、率先して練習仕切ってたしよ」
 上鳴の野郎、余計なことを言いやがる。勝己は睨みつけて顔を顰めた。
「そうだったのか、やる気があるんだな。君を誤解していたようだ。すまない爆豪君」
 飯田は机に頭突きしそうな勢いで、腰を直角に曲げた。
「うっぜえええ!勝手にしろよ」
 勝己は怒鳴って机を叩き、さりげなく振り向いた。目が合うと、出久は困ったように眉を下げて笑みを作る。胸がざわっと騒いだ。
 実を言うと、全員で一つのことをするのに異論はない。一年生の時はバンド班とダンス班に分かれたから、ダンス班の出久が何やってたのか、わからなかったからだ。いまだに引っかかっていることがある。
 文化祭当日、買い出しに行ったはずの出久の帰りが遅く、戻って来た時は明らかに消耗してやがった。明らかに何かやらかしたんだ。でも出久の班の奴らは何もあいつに聞かなかった。忙しかったとはいえ、気にならねえのかよ。
 文化祭が終わってから呼び出して出久に問いただしたが、口止めされてるのか、答えられないという返事だった。腹が立ったがしょうがねえ。
 今回は出し物はひとつだから、てめえに異変があれば丸わかりだ。俺に隠し事はさせねえ。
 脚本はオリジナルでいくことになった。クラスコンペで選ばれた粗筋をベースにして、脚本担当の奴らがさらに推敲を重ねたらしい。全員が出演する内容になり、元とはまるで違う物に仕上がった。
 期日が間近に迫ったここ数日は、準備でてんてこ舞いだ。衣装や小道具は八百万が個性で用意した。セレブな知識が生かされて、学生の舞台とは思えないゴージャスさだ。おかげで本格的な舞台になりそうだ。八百万に食わせるお菓子を作る係に砂糖が振り分けられたので、ある意味砂糖のおかげでもある。
 だが舞台で使うサテン生地やベニヤ板などを作りすぎたようだ。教室がやけに狭くなった。
「食わせすぎじゃねえのか、太らせちまうぞ」と上鳴が余計なことを言って八百万が凹み、「デリカシー!上鳴、お前、謝れ!」と耳郎に怒鳴られている。
 創造したものは元素から構成した本物らしいから、一度作ると消えない。使わねえもんは爆破するかと提案したが、もったいないし、まだ使い道があるかも知れないと、余った布や板は上の空き教室にぶち込まれた。
 ベニヤ板を使ったセット作りは力仕事なので主に男子の仕事だ。衣装のデコレーションは主に女子が受け持った。
 そのはずだったのだが。
「おい、爆豪、俺の衣装の胸に、このエンブレムつけてくれよ」「俺も肩あて縫い付けてくれよ。勇者っぽくよ」と何人かから何故か裁縫を頼まれた。
「ふざけんな、てめえら!自分でやれや」
「出来ねえから頼んでんだよ。女子には別に必要ないだろって断られちまったし」
「もう爆豪は衣装担当でいいんじゃね?女子よりうめえじゃん」
「はあ?てめえらなんでできねえんだ」
「うわ、出たよ、才能マン、世の中にはなあ、頑張ってもできねえことがあるんだよ」
「クソが!全部持って来い。ちゃっちゃと終わらせてやる」
 衣装を受け取って出久の姿を探した。出久は窓の側でベニヤ板に覚束ない手付きで釘を打っている。危なっかしくてしょうがない。勝己は出久の側に椅子を寄せて座った。
 出久は顔を上げる。「かっちゃん、手伝ってくれるの?」
「は?てめえの仕事だろうが。てめえでやれや。俺は衣装直しすんだよ」
「え、ここで?」
「うっせえ、どこでやろうが構わねえだろうが」
「見られてると、なんか緊張するなあ」と出久は屈託なさげに笑う。
 擽ったいような、軽口を叩くような関係に、いつになったら慣れるだろう。クラスの奴らはもう、自分が出久の側にいても誰も不思議がらないが。
「でも、僕は嬉しいよ、かっちゃん」と出久は言う。「一年生の時は担当演目が違ったから、準備もリハーサルも別々だったもんね」
「へっ!近くで見ると、てめえの至らなさがよくわかるわ」
「ひどいなあ。かっちゃんみたいには出来ないよ」
 衣装にエンブレムを縫い付けながら、出久を見下ろす。
 屈んで金槌を打つ白い出久の頸。熱いのか第二ボタンまで外したシャツの襟から覗く肌。さっきまで静かだった胸の内にさざ波が立つ。
 しっとりと手に馴染む、肌理の細かい肌を知っている。襟の合わせ目から手を滑り込ませて温もりを確かめたい。当たり前に抱いていたのが嘘のようだ。今はどう触れればいいのかわからない。
「貸せよ、下手クソが」
 焦れて出久の手から金槌を引ったくる。指が触れるだけで、胸が騒めくのが忌々しい。隣にしゃがんで、出久の打った釘を残らず引っこ抜いて打ち直す。
「え?全部駄目?」と出久が言う。
「真っすぐ釘打つこともできねえのかよ」
「ごめん、ありがとう、かっちゃん」
「仲良いな、爆豪」通りかかった瀬呂に揶揄われ、「うるせえ!」と怒鳴る。
 クラスの奴らは誰も中学生の頃、勝己と出久が身体の関係だったことを知らない。ガキッぽい出久が毎日のようにセックスしていたなんて、想像すら出来ないだろう。
 俺もてめえがいなければ、まだ童貞だったかもな。てめえの他に情欲を掻き立てる奴はいねえんだ。
 台詞の多い役は演技力度外視で、とにかく成績で決められた。台詞を覚えられなきゃ話にならねえってわけだ。地味な設定の主人公ということで、主役になっちまった出久や、飯田や轟や丸顔は出ずっぱりだ。台詞の多い奴らは放課後集まって、練習に余念がない。
 自分も成績上位ではあるが、「出番の多い役はやらねえ」と言ったら当て書きしてきやがった。役柄はドラゴンマスター。ちょっと気に入った。
 
 文化祭前日の今日はリハーサルだ。全員衣装を着て、セットも配置して、本場さながらである。
 背景のセットや垂れ幕は峰田のもいだ玉でくっつけてある。よくくっつくので便利だが、峰田以外が触ると取れなくなるので注意が必要だ。
 勝己は舞台裏で出演者の用意を手伝う。全員出演するため、出番のないシーンではそれぞれ裏方に回る形だ。
 第一幕「旅の始まり」は旅に出た冒険者・緑谷が兵士・飯田と魔法使い・麗日に出会い意気投合し、魔物を退治するために来たという王子・轟に出会い、目的を合わせて行動を共にする。
 第二幕「仲間との出会い」は魔物退治のために仲間を集める展開で、勝己以外のクラス全員が順に登場する。
 勝己の出番は第三章からなので、前半はずっと裏方だ。出久が裏方に回るのは、勝己がアジトで報告を受けるシーンだけだ。丁度入れ替わりになる。
 出番が終わった奴らからステージをはけて、裏方に回ってきた。
 勝己のいるステージの下手に、出久と切島が歩いて来た。切島は笑いを堪えているような表情をしている。カーテンをくぐると、切島は「やったぜ!」と叫んで出久に抱きついた。うんうんと相槌を打って、出久も切島の背に腕を回す。
 頭にかっと血が登った。
 反射的に「おい、じゃれてんじゃねえ!」と怒鳴る。
 切島はにかっと笑うと「いやー、初めて台詞間違えずに言えたから嬉しくてよ」とあっけらかんと言った。
「うん、良かったね」と朗らかに返す出久。
 わかってる、これは八つ当たりだ。俺はクラスの奴らみたいに、出久の身体に何気なく触れられはしない。あんな風に抱きしめたりできはしないのだ。
 第二幕が終わり、カーテンを下ろして勝己はステージに回った。クソ!今は考えるな!次は俺の出番だ。用意しなきゃいけねえ。
 冒険者・緑谷は旅に出て仲間を集め火の山に辿り着いた。第三章は俺が竜のオブジェの上からあいつを見下ろすところからだ。

爆豪  「何か用かよ。ああ?」
轟   「この山に住んでるのはお前か」
爆豪  「それがどうした」
飯田  「麓の村が迷惑をしている。魔物を放つのをやめてくれないか」
爆豪  「なんの話かわからねえな」
轟   「口で言ってもわからないなら、腕付くでということになるが」
爆豪  「おもしれえ、やってみろよ」
緑谷  「待って!ねえ、君はほんとに魔物なの?人間にしかみえないんだけど」
麗日  「騙されたらあかん!魔物は人間に化けるんよ」
飯田  「そうだ。人間に化けて騙すのが奴らの手口だぞ」
緑谷  「でも彼は人間みたいだよ。ねえ、君が本当に麓の村を魔物に襲わせてたの?」
爆豪  「ああ?だから何の話だっつってんだろ。俺あ、ドラゴンマスターだ」
(一拍分黙り、おもむろに口を開く)
爆豪  「てめえは俺を忘れたのか?」
緑谷  「えっ?誰が?」
(緑谷、仲間を見回す)
(爆豪、緑谷を指差す)
爆豪  「てめえだ、クソが。子供の頃にてめえは森で俺と、何度も会ったことがあるはずだ。俺はすぐにわかったぜ」
轟   「お前、奴と友達だったのか」
緑谷  「君が僕の?嘘。覚えてないよ。ドラゴンマスターの友達なんて、いたら忘れないよ」
爆豪  「ああ?てめえ」
緑谷  「子供の頃に森の中に竜がいるって聞いてた。でもドラゴンマスターの竜だから安全だって。森にドラゴンマスターの友達がいたような気がするけど。ほんの小さな頃だけだよ」
(緑谷、ハッとして爆豪に視線を合わせる)
緑谷  「ドラゴンマスターの子供って君だったのか!ええ!全然雰囲気違うよ」
爆豪  「ああ、竜に乗せてやったりしたのに、てめえは段々来なくなった」
緑谷  「勇者の修行を始めたから、森に行かなくなったんだ」
爆豪  「何もかも忘れちまったのか。てめえはそういう奴だよな。クソが」
緑谷  「でもでも、この災厄の原因は君なのか?ええーと、何で悪い魔物みたいなことをするんだよ」
轟   「魔物が本当のことを言うはずがねえぞ。お前の知り合いのふりをしてんじゃねえのか」
爆豪  「ごちゃごちゃ言ってんじゃねえ!こんなとこでてめえと会うとはな!やんのか?やんねえのか?ああ?かかってこいやデク!」
緑谷  「かっちゃん、台詞台詞、デクじゃないよ」
麗日  「デクくん、かっちゃんも違う!」
飯田  「麗日くん、デクくんじゃなく、ああしまった!
「わやくちゃだな。どうする?」
 轟はライティングの八百万の方に視線を向けて声をかける。
「とりあえず映像映すから!通しでやりましょう」
 頭を抱えた八百万が、巨大な魔王のシルエットを、ステージ後方のスクリーンに映し出した。
「魔王だ!」という出久の声を合図に、八百万の作った魔物兵人形が舞台袖からわらわらと登場し、客席側からステージにクラス全員が押し寄せた。


 グラウンドベータから戻る帰り道。
 勝己はオールマイトの後ろを出久と並んでついて行った。
 出久の手足は爆破による火傷で赤く腫れ上がっている。俺がやったんだ。とはいえ、出久も思いっ切り殴りやがったから、おあいこだ。
 口の中で血の味がする。ジャリッと砂の感触がしたので、地面に血混じりの唾を吐いた。
オールマイト、いつから見てたんだ」と勝己は訊いた。
「君が罪悪感を吐露したあたりにはいたよ。本当にすまなかった」
「ほぼ初めからじゃねえか。あんた止めねえのかよ」
「止めるべきなのかもしれなかったけど」オールマイトは振り向いた。「止めたくなかった。君達には必要なことだったんだろう」
 最初の授業の時だって、俺の暴走を止めなかった。オールマイトの基準はズレている。でもそのズレに俺は救われている。
「あんた、先生に向いてねえわ」
「かっちゃん」出久が困ったように言った。
「そうだね。相澤くん怒ってるよ。でも私のせいでもあるんだし、何とかとりなすよ」
「いらねえ、俺が全部悪いんだからよ」
「かっちゃん、でも応じた僕も悪いんだよ」
「全部俺のせいだっつうんだ!クソが!てめえはすっこんでろや」
 てめえを呼び出した時から、退学でも停学でも覚悟の上なんだ。イラッとする。でも腹は立たない。わかっちまったからだろう。
 俺のやることは変らねえと言ったけれど、本当は変わっちまった。出久を捩じ伏せればいいと思っていた。それが目的になっていた。でも縋りついて無理やり相手をさせた対決に達成感はなかった。
 秘密を分けあって知った。出久はOFAの新しい宿主なのだ。もう目的が達成される日は来ないのだ。
 すうっと心に吹き抜ける風。理解とは諦めに似ているのかも知れない。
 脱線していた目的が元に戻っただけだ。てめえのように、真っ直ぐに前を見て行けばいいと。もうそうするしかないのだと。
 代々受け継がれてきたDNA。DNAを取り込むなんて生々しいなと思う。そういう意味ならば、俺は何度も出久の中に俺のDNAを注ぎこんだんだ。髪の毛と精子は全然違うけれど。
 でもてめえの中には何も残せなかったんだろう。
 肩を並べた隣で、大きな目で出久が俺を見つめる。昔みたいに。
 ガキの頃からてめえが俺に向ける視線が心地よかった。どんなに邪険にしてもついてくる。俺は、てめえが俺に好意を持っているからだと無邪気に信じていた。
 瓦礫の下から人々を救う、オールマイトのニュースを一緒に見るまでは。
 あの時、出久は俺を見るのと同じ目でオールマイトを見つめていた。
 胸がざわついた。てめえはファザコンなんだ、と思った。無自覚にか自覚しているのか知らないが。めったに会えない父親のかわりに、指針となる存在を求めているのだ。はじめは俺だった。次はオールマイトなんだ。
 オールマイトに出会ってからてめえは変わった。俺を否定し始めた。もう俺を必要としないのだ。もっと父親的な存在を見つけたから。
 てめえが仰ぎ見る地上最強の男。俺はオールマイトを超えてやる。それ以外にてめえを取り戻す術はないんだ。
 その手段さえ見失ったのは、ヴィランに攫われた時だ。俺のせいでオールマイトが力を失った。そんなことは望んじゃいなかったのに。俺は超えたかった。強くなることを望んだだけなんだ。
 てめえは俺を見なくなった。もう俺を許さないのだろうか。弱い俺を見放すのだろうか。てめえは俺をどう思ってる。オールマイトを壊した俺を。このままもう二度と俺を見なくなるのか。
 出久は俺に近寄らない。俺には近付く資格はない。俺からてめえに近寄れないのなら、側に寄る機会はないんだ。悪態もつけない。睨みつけるだけだ。腹の底に渦巻く苦しみはどこにもいけない。
 この俺が出久を失う。こんな事態はあり得なかった。話すことも視線を交わすこともなく。負い目を持ったまま距離だけが開いてゆくのか。
 限界だった。結局はてめえにぶつけるしかなかったのだ。
 出久は何も気づいてなかった。
「君が責任を感じて悩んでたなんて思わなかったよ」と出久は言った。
「俺を鉄面皮だとでも思ってやがったのか」
「ごめん、思ってたかも。君はタフだから」
「クソが!」
 あっけらかんと言う出久にムカついて、ペシリと出久の頭を叩く。こっちは頭ン中ぐちゃぐちゃになっていたってのに。
「君のせいじゃないよ、爆豪少年」
「わーってるってんだ、オールマイト。デク、てめえが強くなんなら、俺はその上をいく」
「じゃあ、僕はその上をいかなきゃ」
 頭を摩りながら出久が言う。
 今まででは考えられないくらい、まともな会話だ。まるで普通の幼馴染のように。少し、てめえに近づけたのか。近づいていけるのか。

 どのくらい近づいたんだろう。あれから時々距離を確認する。
「おいデク、てめえは」
 俺のことを、と問おうとしては躊躇する。
「何?かっちゃん」
「何でもねえよ」
 俺の逡巡をよそに、やっぱりてめえは俺の聞きたいことに答えねえんだ。てめえが俺をどう見てるかじゃねえんだ。
 てめえは俺のことをどう思ってるんだ。出久。


 直前リハーサルが終わり、クラスの奴らがぞろぞろと講堂を出て行った。
 帰る時間までまだ時間がある。何処で時間を潰そうか。
 出久はまだ舞台の裏にいるようだ。セットの裏でひそひそと声が聞こえる。竜の張りぼての側で、出久が話しているのは轟だ。足を忍ばせて近寄ってみた。
「僕とかっちゃんの幼馴染設定だけど、必要なのかな」
「必要だろう。キーになるキャラと主人公に何らかの因縁があると、ドラマチックになるしな」
「それはスターウォーズでもあるから、理解できるんだけど」
「それに、演技に反映できるように、メイン役者の設定は本人のバックボーンに合わせてるらしいからな。俺は父親である王に反抗して出奔、飯田は騎士である憧れの兄を目指して武者修行、麗日は両親を手助けするため魔女を目指す。浮かす個性生かして、箒に乗って空飛ぶ魔女ができるからってのもあるな。気持ちが分かるほうが演じやすいって、脚本の奴らが考えたんだろう」
「うん、それはわかるんだけど」出久はポツリと言う。「僕とかっちゃんの役はどういう仲なんだろう」
 俺の話かよ。気になってつい聞き耳を立てる。
「一般的な幼馴染と思えばいいんじゃないか」轟が言う。
「それってどんな感じなんだろ。難しいな。僕らは普通じゃなかったから」
「うちも普通の親父とは言い難いけどな。役と切り離して考えてもいいんじゃないか」
「うん。でもちょっとね、考えちゃって。それに魔物に向かって共闘する前にかっちゃんに言う台詞も、どういう気持ちで言えばいいのか、わかんないんだ」
「真面目なのはいいが、考えすぎるなよ」
「僕ね、轟くんちみたいに、いつも家にお父さんがいるのちょっと羨ましいんだ。君とお父さんの関係は難しかったって知ってるけど、僕は子供の頃から、ほとんどお父さんと会えないから」
「隣の芝生って奴だな」
「うん、お父さんよりかっちゃんとの思い出の方が、ずっと多いくらいだよ」
「お前らの関係は俺と親父のよりも、ややこしくみえるけどな」
「うんまあ」出久は苦笑している。「かっちゃんとは色々ありすぎたんだよ。僕の中で彼の存在は大きすぎるんだ。おかしいかな」
「いや、過ごした時間で情が移るものだからな。良くも悪くも」
「うん」と出久は相槌を打ち、ぽつりと続ける。「だから、情が移ってしまったんだよね」
 なんだと、デク。
 出久の言葉に、勝己は声を出しそうになった。情が移っただと。息を吸い込んでこらえる。
「あいつに比べれば会っていくらも経ってねえけど、お前の存在も俺には大きいぜ」轟が言った。
「轟くん、ありがとう。嬉しいよ」
 ぽんぽん、と出久の肩を叩いて、轟はステージを降りて行った。
 出久はまだ戻ろうとせず、皆の衣装を畳んでいるようだ。
 こっそり聞いてしまった轟との会話。二人とも気づいていなかったのだから、知らないふりをすべきなのだろう。
 だがそのつもりはさらさらない。俺には言わない出久の本音だ。直接本心を確かめないではいられない。
 情が移ったのだと、確かに出久は言った。あれは俺達の関係を指してたんじゃないのか。
 流石に中学生の頃に、俺と身体の関係があったことまでは、轟には言ってないだろうし、奴も気づいていないだろう。昔のことを何も知らない奴にだからこそ言えたんだ。
 轟が講堂を出て行ったのを確認し、勝己は出久の側に歩み寄った。足音に気づいて出久は振り向き、目を見開く。
「かっちゃん、いたの?いつから?」
 吃驚させたのだろう。出久の手から衣装が滑り落ちた。
「お前らが話し始めたところからだ」
「ええ!あ、あー、そうなんだ。かっちゃん。じゃあ、僕はもう行くね」とそそくさと立ち上がり、小走りに去ろうとする出久の腕を「待てや、コラ」と掴んで引き止める。
「てめえとは色々あったよな。昔っからよ」
「うん、そうだ、ね」
「てめえ、俺に情が移ってんだって?」直球で問うた。
「いや、その」
 出久は狼狽して視線を彷徨わせる。もっとはっきり言ってやるか。
「あんだけセックスしたもんな。情も移るか。移るよな。俺もそうだったからよ。なあ、デク。どういう意味だ。ちゃんと言えや」
 逃げは許さない。本心を吐くまで離さない。掴んだ腕に力が籠もる。出久はきゅっと唇を引き結んでいたが、溜息をつくと、漸く口を開いた。
「君には絶対に言わないつもりだった。僕は君に好意を持ってたよ」
 でも、だから、と出久は俯いて口籠る。勝己は辛抱強く答えを待つつもりだった。だが邪魔が入った。
「おい、緑谷、行かねえのか」
 講堂の出口の方から、轟の呼ぶ声が聞こえる。
「クソが!」思わず勝己は悪態をつく。
「うん、行くよ」と出久は轟に返事を返す。「じゃ、かっちゃんあの、手、放して」
 まだ、言葉の途中だろ。全部聞いてねえよ。離そうとしない勝己の腕を振りほどこうと、出久は腕を振る。畜生、仕方ねえ。本心は聞いたんだ。解放してやると、出久は転がるように走って行った。
「あいつ、マジかよ」
 出久は好意と言った。俺を好きなのかあいつは。いや、だから俺に抱かれてたのか。だよな。でなきゃ何度もやらせやしねえよな。
 肌を合わせるほどに執着が沸いた。あいつの体温に匂いに溺れた。溺れてたのは俺だけじゃなかったのか。てめえもだったのか。ならまた欲しいと思っていいんだよな。
 だが、出久の言葉の続きが引っかかる。てめえはなんと言おうとしたんだ。


第2章


 文化祭一日目の朝。祭日和の雲ひとつない晴れた空。
 午後のラストのプログラムであるA組の劇は滞りなく進んだ。
 第四章は全員がステージに上がって乱闘するシーンが山場だ。舞台上の出久、勝己、轟、飯田、麗日以外は、見つからないように客席に隠れ、掛け声を上げながらステージに突入した。
 魔王が登場すると勝己は人間の側につき、周囲の魔物と戦う展開だ。自分は魔物じゃなく、魔物と同じ山に移り住んでいただけだとかなんとか、出久と掛け合いしながら立ち回る。魔王に二人でとどめを刺すシーンは大いに盛り上がった。爆音を流してスクリーンに映った映像を消すだけだけなのだが。
 台詞で大きなミスをする奴もいなかった。ちょっと怪しい奴もいたが、勢いで乗り切ったようだ。
 台詞といえば、出久が拘ってた台詞はどれだったんだろう。掛け合いの中に、引っかかるような台詞は特に思い当たらない。
 カーテンコールも済んで幕が降りたところで、勝己はステージから出久を連れ出した。盛り上がってるクラスの奴らは気づいてないようだ。
 出久は「かっちゃん、戻らないと」と狼狽えたが、「昨日の話の続きだ」と人目につかないステージの裏に連れ込んだ。
 通路にはセットや大道具が所狭しと立てかけてある。通り過ぎて隅に連れて行くと、出久の背を壁に押しつけた。
 掴んだ腕が熱い。身体の芯が疼く。暫く忘れていた感覚が蘇ってくる。
「デクてめえ、俺が好きなんだろ。そう認めたよな」直球で問うた。
「かっちゃん、それは」
 言いかけて出久はまた口籠り、目を逸らす。煮え切らない態度に苛つく。てめえ、今更誤魔化すつもりかよ。
「こっち見ろや」と顎を掴んで上を向かせる。
 至近距離。今の出久の瞳に怯えの色はないが、視線はふらふらと迷い戸惑っている。
 揺れる緑の瞳に誘われるように、唇を重ねた。濡れたやわらかな感触。肩を抱き、下肢を押し付ける。何度も身体を重ねて知りつくした体温。下半身が熱くなり、ズボンの中で性器が頭をもたげた。やべえ、このままやっちまいそうだ。静まれクソが。
 唇を離して出久の顔を見つめる。頬がさっきより赤らんで見えるのは、気のせいではないはずだ。勝己は出久の両肩を掴んだ。
「情が移ってんだろデク。俺も同じなんだ。てめえもだってんなら」出久の耳元に囁く。「またつきあえや。俺と」
 ひゅうっと出久から息を呑む音がした。今ならなんら問題ないはずだ。俺はてめえがいいんだ。周り道をしたが、やっとてめえの気持ちが分かった。なら中学生の時と違って、上手くやれんじゃねえか。
 だが出久は腕を突っ張り、勝己の身体を突き離した。
「ないない、かっちゃん、ありえないよ」
「はあ?何故だ!」
 意味が分からねえ。出久は胸に手を当てて、シャツの合わせ目を掴んで俯いた。何かを隠すかのように。
「てめえ、俺が好きなんだろ!」勝己は頭に来て怒鳴った。
「そ、好きとかじゃなくて、好意を持ってたと思ってたんだ」
「ああ?同じことだろーが。今更誤魔化してんじゃねえよ。認めただろうが。俺もそうだっつってんだろ。問題あんのかよ。あんなら理由を言えよ!」
「代償行為だったんだよ、かっちゃん」
「はあ?情が移ったことか、好意とやらか、何の代償だってんだ。違いあんのかよ」
「僕にとってあの頃の君は憧れで。目指す目標だった。普通はそういう対象は父親なんだろうけど、うちはあんまり会えなかったから、他に目標が必要だった。僕は目指すべき理想像が欲しくて、君にそれを見ていたんだ」
 それは、俺がてめえに思っていたことだ。自覚してたのか。俺が出久を分析していたように、出久も自己分析していたのか。だが、それがどうしたというのか。
「俺はてめえの親父じゃねえよ」
「もちろん、本当に父親だなんて思ってないよ。目標だと掲げて、君自身を見てなかったってことなんだ。でもグラウンドベータで君と戦った時、やっと気付いた。君も僕も普通の高校生なんだって。僕の君への気持ちは違ったんだ。君に僕の理想を勝手に押し付けていただけなんだ。酷いことされても憧れる気持ちは変わらなかった。だから好意だと勘違いしてたんだ」出久は顔を上げる。「あれ、スト、なんとか症候群っていうのみたいに。自分の生存権を握る相手を憎みながらも、無意識の内に好きになろうとするっていう」
ストックホルム症候群かよ」
「そうそれ。恐怖と防衛本能が認識を狂わせてしまうんだろうね。僕は君に憧れていたけど、逆らえば暴力を奮う君が怖かった。性的な遊びを僕相手に君が始めた時も、怖かったよ」
 遊び。てめえは遊びだと思ってやがったのか。
「てめえは拒まなかったじゃねえか」
 突っ込まれんのわかってんのに、呼べば来たじゃねえかよ。マゾかよ。俺に怯えてるのは知ってたわ。だがあの頃だって、大人しく言いなりになる奴じゃなかったはずだ。殴られても反抗する奴だったろうが。嫌なら逃げろよ、必死で抗えよ。
「今だけだ、すぐ君は飽きる、と思ってたんだ。他の人に被害はかからない。僕が我慢すれば済むことで、君をむやみに怒らせたくなかった」
 きつく握りしめた出久のシャツの胸元に益々シワが寄る。「でも終わりが見えなかった」
「終わりなんざねえはずだったわ」
 終わらせる理由なんてなかった。てめえが応じるから、抱きたくてたまらなかったから。てめえを知りたかったから。
 でもいくら抱いてもてめえがわからなかった。
「だから、自分の心を守ろうとしたんだと思う。自衛のための間違った心理状態なんだ。本物じゃなくて紛い物だ。恋じゃない。恋なわけがないよ。好きでなくたって勃つんだ男は。セックスできるんだから。君もそうなんだよ。ただ肌を合わせたから情が移ったんだよ。そんなの駄目に決まってる」
「何が悪いんだ。身体とか心とか、ざっくり分けられるわけねえわ」
「情なんかじゃなく、僕は君が本当に大事なんだよ」出久は言い聞かせるように言う。「僕にとって幼い頃の君は、とても大事な位置を占めてたんだ。壊さないでよ。大事なんだ。壊したくない。他ならない君に、もう壊して欲しくない。もう二度と間違えたくない」
 出久は否定する。出久自身だけではなく、俺の気持ちまでも否定する。腸がふつふつと煮えくり返る。
「てめえ、クソが!オレが間違えてるって言いてえのかよ。馬鹿にすんじゃねえよ。てめえに俺の何がわかんだ」
「だってそうだろ。君は僕の身体を使ってマスターベーションしてただけじゃないのか」
 かっと頭に血がのぼった。「デクてめえ!死ねやあ!」と叫んで飛びかかって、その後のことはよく覚えていない。
 気付いたら出久に馬乗りになって殴りかかっていた。騒ぎに駆けつけたクラスメイト達に止められても、勝己は怒鳴り続けた。


「クソが!」
 部屋に戻るなり、勝己は吠えた。
 部屋は防音設備が完備されている。相当の音でなければ外に漏れはしない。
 だからあらん限りの声で怒鳴った。
「クソが!クソが!勝手なこと言いやがって!出久の野郎!」
 ようは今の俺は認めねえってことじゃねえか。
 なんであんなこと言っちまったんだ。おまけにキスなんかしちまった。言い訳しようがねえ。あいつの瞳に誘われるようにやっちまった。
 いや、言っちまったもんはしょうがねえわ。今更誤魔化すつもりはねえ。
 関係が拗れなくても、俺はあいつにいつかは手を伸ばしただろう。何をしても俺についてきたから、俺と同じようにあいつも俺を想っていると信じていたから。多分、それだけは信じていたんだ。
 なのに今更違ったのだというのか。あの頃のあいつが俺に向ける感情は初めっから違うもので、ずっと誤解していたと言うのかよ。
 今更、今更だ。てめえは違ったとしても。もう俺は溢れてしまったてめえへの気持ちを、元に戻すことなんてできない。ずっと押さえて来たんだ。
 たとえ無自覚であったとしても、てめえは俺を騙してたんだ。
 ベッドに横になると、スボンのチャックを下ろして下着に手を突っ込み、性器を握った。上下に擦り、屹立させる。雁首を捻るように撫でて扱く。
 さっき抱きしめた出久の体躯を思い浮かべると、ぐんと手の中の肉棒が太くなった。キスを、柔らかな唇の感触を思い出す。太腿で押し上げた股の感触も。熱が集まり、硬くなる。自分の下に組み敷いた身体。押さえつけられた出久が、熱を帯びた目で見上げる。怯えた表情に反抗的な瞳。捻じ伏せて意のままにする。何にも変えがたい快楽。身体を貫いて心を貫いて、一瞬だけ所有欲を満たす。
 勝己は唸り、先端を掌に包み込んで射精した。掌を濡らす温かい白濁。荒くなった息を整える。手の中で、膨張が解け柔らかく戻ってゆく性器。
 マスターベーションしてただけだろ、という出久の言葉が脳裏を過ぎる。
「クソが!」
 頭にくる。精液を拭き取り、ティッシュをゴミ箱に投げ捨てる。
 勝己は電灯の光に手を掲げた。燃えるように赤く透ける皮膚。この掌から生まれる爆破の個性であいつを苛んだ。この指で肌に触れて濡れた最奥の体温を弄った。
 どんな形であれ、いつもあいつに触れていた手だ。
 畜生が。気づかせやがって。忘れようとしたのに。俺は出久をまだ手に入れたいんだ。俺のものにしたいんだ。
 だが何故なんだ。何故あいつだけをこんなにも欲しいんだ。

 あいつは気づいたんだ。そうだろうよ
 俺を嫌いこそすれ、好きになるわけがねえんだ
 憧れってやつがあいつの目を眩ませていたんだ
 年月が経って冷静になって気づいちまっただけだ
 あまりにも早くに出会ってしまったんだ
 恋というものを知る前にどうして恋を認められるんだ
 気になってしょうがなくて、苛々させる存在をどう捉えられるってんだ
 幼い心を奪われれて絡め取られて、どうしていいのかわからなくなったんだ
 てめえだけが俺を仰いでるだけなら、俺が時折てめえに惑うくらいならよかった
 てめえが離れていくことで動揺する俺に気づきたくなかった
 俺の方があいつより上だと根拠もなく信じていた
 俺のものだと思い込んでいた
 ああ!クソがクソが!
 姿を求め声を求め、面影を夢に見る
 俺がてめえを抱いて夢中になっていたときに
 てめえは何を感じていたんだ
 てめえの身体を使って自慰をしてるだけだと、思ってやがったのか
 ふざけたことを言いやがる
 てめえじゃなくていいならとっくにそうしてるってんだ
 他の奴じゃダメなんだ。
 てめえに触れてる時だけ、俺は俺でいられたんだ
 また俺から逃げんのか、デク


第3章


「昨日の劇はよくやった。正直、思った以上の出来栄えだったぞ」
 相澤先生に褒められて、教室内の空気が和む。
 文化祭二日目の朝のショートホームルーム。昨日の緊張した顔から一転、今日のクラスの奴らの表情は弛緩している。
「いやあ、俺らもやればできるんで」と誰かが調子に乗ったところで「しかし演技力は全然だったな。セットや衣装で、八百万の個性に頼ったところが大きいのは否めない。次やるのなら、個性に頼りすぎないようにな」とぴしゃりと戒められる。
 褒めて落とすか、流石教育者だ。しかし、劇の出来はともかく昨日は散々な一日だったぜ。勝己は舌打ちする。出久とは寮での朝食の時に顔を合わせたが、腹が立ってずっと口をきいてない。
「さて、本題だ。劇も終わったし、今日はお前ら全員暇だろう」
 相澤先生は教室を見回した。普通科ならクラスの活動が終わっても部活のシフトがあったりするが、A組で部活に入ってる奴はいない。
「他のクラスの出し物を見に行こうと思ってました。なんでしょうか」挙手して飯田が訊いた。
「実はお前らに手伝ってもらいたい仕事があってな。昨日、早朝から夕方まで怪しい人影が学校の周りをうろついていたらしい」
 ざわっとクラスが騒つく。飯田が勢いよく立ち上がった。
ヴィランですか?」
 片手を上げて飯田を制すると、相澤先生は続けた。
「わからん。勘だがヴィランの可能性は高いな。今日はそいつはいないんだ。諦めたのならいいんだが、ひょっとしたら、客に紛れて既に侵入したのかも知れん。」相澤先生は声を低める。「もしくは客を使って侵入したか」
「セキュリティは万全ですよね。以前も」と出久は言いかけて「あ、その」と慌てて口を噤んだ。
 相澤先生は出久に構わずに続ける。「ああ、だが万が一のこともある。ヴィランは総じて執念深いし、外部の客が入るイベント事は狙われやすい。用心に越したことはないからな。悪いがお前らに、ふたりずつ交替でパトロールをして欲しい」
 ふたりずつと聞いて嫌な予感はしたが、案の定、勝己は出久とペアにされた。ふたりを職員室に呼ぶと、相澤先生は監視カメラの映像を見せながら説明を始める。
「まずは爆豪と緑谷、お前らは校内を回ってくれ。コイツをもし見かけたら、絶対に戦ったりするなよ。すぐに知らせろ。外は俺達教師でパトロールする」
「なんでデクとなんだ」
 勝己は苦々しい思いで抗議し、背後に視線を送る。出久は慌てて目を伏せた。
「お前らもう仲悪くないだろうが」
「はあ?どこ見て言ってんだ。良くもねえよ」
「仕事で仲良しと組ませる理由はないぞ。それから緑谷、さっきもだが、お前は迂闊なとこがある。気を抜くな」
「はい、先生」出久はちらっと勝己を伺う。「すいません、頑張ります」
「確信がないから言わなかったんだが、カメラに映っているこのヴィランに、見覚えがある気がするんだ。個性は不明だが、気をつけろよ」
 ふたりは職員室を出ると、早速パトロールを始めた。出久はぽてぽてと後ろを付いてくる。落ち着かない。苛つくよりも胸がざわつく。
 早足で歩いて引き離そうか。いや、聞きたいことがあるな。勝己は歩を止めて、出久と足並みを合わせた。隣に来た勝己に出久は戸惑っている。
「おいデク、以前の文化祭でもヴィランが出たんだな」
 勝己の言葉に出久は目を見開いた。やっぱり図星か。
「てめえが水際で防いだってとこか。おい」
 返事を促すように、肩をぶつける。
「知ってどうするの?」
「どうもしねえ。答え合わせしてえだけだ」
 出久は苦笑した。俺の嫌いな出久の表情。隠し事をしてる時の顔だ。
「かっちゃんはやっぱりすごいな」
 出久は顔を上げて、窓の外を仰ぐ。見えるのは雲一つない、秋の始まりの高い空。遠くにある何かを探すように、出久の視線は彷徨う。
「本番のかっちゃん、カッコ良かったよ。ドラゴンの上のかっちゃんも、立ち回りもすごかった」
「うぜえわ。世辞はいらねえ。黙れ」
「あの、かっちゃん。昨日はごめん、言い過ぎたよ」
 勝己は立ち止まった。出久も歩みを止める。
「へっ。何を謝ったりしてんだ。マスターベションつったことか?てめえの本心なんだろうが」
「かっちゃん、だから言い過ぎたって…」
「てめえが本気で嫌がってたんならなあ、俺だって何度もしてねえよ。呼べば毎回のこのこついてきやがって。てめえもやりたかったんじゃねえのかよ!」
「それが、おかしくなってたってことなんだ。そう言ったよね」
「俺のことが好きでなくて、勘違いだったってんなら、性欲で動いてたんだろ。てめえの本能も否定しやがるのか!」
「せ、性欲って、声が大きいよ。かっちゃん」
「誰もいねえわ」
「す、好意がなかったわけじゃないよ。だから、君とのまともになった関係をなくしたくないんだ」
 受け入れなければ今の関係すら無くすぜ、と言ったらこいつはどうする?いや出久は頑固だ。納得せずに受け入れるくらいなら、無くす方を選ぶんだろう。そういう奴だ。また耐えられないのは俺の方なんだ。返事をしない勝己に、出久は続ける。
「君との関係を構築しなおしたいんだ。かっちゃん。同級生として、君と向き合いたいんだよ」
「ああ?何をどうしなおすってんだ。その先に何があるんだ」
「今はそうしたいとしか言えないよ」
「その先に、てめえが俺のもんになる選択肢はあんのか?」
「わ、わからないよ。その時にならないと」
 どこまでがこいつの本心なんだ。
「長くは待てねえぞ。俺は気が短けえんだ」
「うん、でも、少なくとも、中学の時の延長線上では付き合えないよ。あんなのは紛い物の関係だ。あの関係の先には何もない。普通好きな人に、あんな風にはしないだろ。いくら君だって」
「普通なんて知らねえよ!てめえしかいなかったのによ」
 気まずい沈黙が流れる。ふたりは黙ったまま並んでパトロールを続けた。
 各教室もお化け屋敷やコスプレ喫茶店や脱出ゲームや、工夫を凝らした企画をしている。人気のある教室は、廊下も教室の中も人混みで溢れていたが、怪しい客は混じってはいないようだ。A組の奴らも客になって並んでいて、「おお、お前ら二人で回ってんのかよ」と言われ、「仕事中だ、クソが」と顔を顰めて言い返した。
 勝己の心は千々に乱れる。求めて止まない存在を隣にして身体が渇く。あの頃は憤懣を出久本人にぶつけた。出久の心を踏みにじり身体を貪った。
 一方的な行為だっただろう。でもてめえも俺も同じように、求めているんじゃないのか。なのにそれを嘘だと否定するのか。
 自覚させられた思いは、どこへ向ければ良いのだろう。情が移ったってんなら、それでもいいんじゃねえのかよ。てめえはどうなんだ。てめえのせいで俺はまた惑うんだ。
 廊下の突き当たりまで来ると、人込みが途絶えた。交替まで時間が迫っている。
「二手に分かれようか」と出久は言った。
「指図すんじゃねえよ!クソナードが」勝己は舌打ちして答える。「俺は上に行くわ」
「う、うん。じゃあ、僕は下に行くね」
 出久は階段を降りていった。階下から「迷子になったの?」と出久の声がする。手摺から覗くと3、4歳の子供が1人だけでいるようだ。出久は呼びかけて近寄っていった。
 迷子くらいあいつ1人で大丈夫だろう、と階段を登っていこうとした時だ。
 出久のいる方向から悲鳴と爆音が轟いた。
「いきなりかよ。クソが!デク!何があった!」
 勝己は手摺に手を掛けると、飛び降りて階下に走った。
 視界が土埃に遮られる。天井からバラバラと瓦礫の屑が落ち、壁にひびが入っている。窓硝子が粉々になって床に散っている。
 出久が個性を使ったのだろうか。それともヴィランか?
 土煙の先に出久が倒れているのが見えた。
 服が裂け、シャツは血塗れで床に血溜まりができている。
「クソが!おい、ヴィランが出たのか。何とか言えや」
 光が反射して、無数の針状のものが空中に浮かんでいるのが見えた。出久を包囲している。窓硝子の破片か?いや、違う。
 ぞくりとした。あれはヤバイもんだ。
「かっちゃん」と出久が顔をもたげた。
「どうした!、爆豪、緑谷」
 轟と飯田が駆けつけた。次のパトロールの2人だ。真面目な飯田のことだ。早めに集合していたのだろう。
「子供が叫んで逃走してきたぞ。何があったんだ」飯田が言った。
「その子、その子を追って」と出久は叫んだ。「攻撃はしないでね。多分ヴィランじゃなくて普通の子供だ」
「わかった。爆豪君、轟君、後を頼む。」
 飯田は爆走して引き返した。
 その足音に反応したかのように、出久の頭上に無数の針が降り注ぐ。
「クソが!」
「伏せろ緑谷!」
 出久が頭を下げた瞬間、轟はその頭上すれすれに炎の絨毯を敷いた。
 全ての針が赤い舌に舐めるように焼き払われた。
 針は消し炭になり、ぼろぼろと崩れる。
 はあ?何してやがんだ。
「バカかお前!全部焼いちまったら、正体がわからなくなるじゃねえか」
 勝己は怒鳴った。こっちはそれで躊躇してたってのに。
「そうか、サンプルが必要だな」
 轟は炎を消し、凍らせて消火する。
 氷柱が出久を囲むように聳え、黒焦げの針が中に閉じ込められた。
「焦げてない針もあるかも知れねえ。だが探すのは後だな」轟は出久に駆け寄ると尋ねた。「何があった、緑谷」
 出久はよろけながら立ち上がる。
「子供が1人でいたから迷子かと思って、声をかけたんだ。でも振り向いた子供の目から、蜘蛛の糸のようなものが抜け出て、 広がって網みたいになって」
 その後、子供は我に返ったように、悲鳴を上げて走り去ったという。
 出久は幾重にも網に囲まれて戦いようがなく、抗ううちに網の目が砕け、細かい針状の破片が降ってきて負傷したらしい。
「破片?さっきのか。網の一部というより、あの針のひとつひとつが、意思持って動いたようだったぞ」轟は首を捻る。
「針が本来の形かも知れない。ヴィラン本人ではなく、客に寄生して、しかも子供を送り込んて来るなんて」
「子供だからって油断しやがったんだろ。クソが」
 悔しそうに拳を握る出久に、勝己は言った。
「う、うん、そうだね。誤算だったよ」
 出久の声が掠れてきた。顔色が悪い。傷口すらわからないような細かい傷から、血が流れ続けている。ポタポタ落ちて、床の血だまりが広がってゆく。
 細かい擦り傷ばかりで大きな傷はないのに、何故出血が酷いんだろう。
「とりあえず保健室に行こう。肩を貸すぞ、緑谷」
「は!まどろっこしいわ」
「え?あ?かっちゃん」
 勝己は轟を押しのけて、出久を肩に担いだ。他の奴に触らせるかよ。
 保健室に到着する頃には出久の意識はなくなっていた。ベッドに寝かせたが、シーツがみるみる赤く染まる。
「やべえな。緑谷の血が止まらねえ。傷を塞がなきゃなんねえし、輸血も必要だ」
「クソが!リカバリーガールは外の保健室出張所にいんぞ。連れてくるか」
 勝己が保健室を出ようとしたところで、飯田が駆けつけた。
「子供は確保したぞ。先生に理由を話して預けてきた。緑谷くんの様子はどうだ?」
 容体を話すと、青くなった飯田は自分がリカバリーガールを呼んでくる、と逆走していった。
「飯田が呼びに行ったぞ」
 勝己は振り向いた。
 目の前の光景に凍りつく。
 出久が起き上がり、轟の首に腕を巻きつけていた。
 キスをねだるように。誘うように誘われるように。
 夢でも見てんのか。くらりと惑う。
 次に頭が沸騰した。なわけねえ、夢じゃねえわ。
「何やってんだ、てめえ!」
 両掌を暴発させて勝己は怒鳴った。
「おい?爆豪、保健室だぞ」轟が顔を向ける。
「あ、れ?僕、何して」
 出久は勝己に気づき、びくりと震えた。腕をほどくと慌てて頭から布団を被る。
「おい、デクてめえ、逃げんのか」
 布団を引き剥がそうとしたが、轟に「落ち着けよ、爆豪」と止められる。
「んだと、てめえもだ、轟!」
「何があったか、説明する。まずは落ち着け」
「クソが!」勝己は何とか気を鎮める。「言えよ、轟、何があった」
「大したことねえよ。お前が外に出てる間に緑谷が目を覚まして、俺に捕まって身体を起こしたんだ」
「出久からやったのかよ」
「ああ、ぼんやりして夢遊病みてえな感じだったけど」
「それだけか」
「他に何があるんだ」
 何でもねえのか。ほんとにねえのかよ。

 輸血を終えたと言って、教室に出久は戻ってきた。
 傷跡は綺麗になくなっている。元々傷自体は多いとはいえ針で突かれたものだ、浅い傷ばかりだったのだろう。
 教室には轟と自分の他は誰もいない。皆文化祭を楽しんでいるのだろう。
 轟が問うた。「身体はもう大丈夫なのか?」
「うん、この通りだよ。心配かけてごめん。あの、かっちゃんも」
 何もなかったように出久はヘラっと笑う。さっきの苛立ちが蘇ってくる。
「うぜえわ、クソナード」
「先生に連絡しなきゃな。下に救護室があるだろ」轟がこちらを向く。
「あ?指図してんのか、クソが!」
「いや、そのつもりはないんだが」
 窓際にいた勝己はふと下に目をやった。丁度相澤先生が校庭を歩いてる。
「おい、相澤先生」窓から首を出して呼んだ。呼ばれたことに気づいてるようだが、相澤先生はなかなか上を見上げない。
「上だ!上!ああ、クソ!」と窓から乗り出して大声を上げる。
「緑谷、気配が違うな。匂いというのだろうか」轟は近寄り、出久の首元を嗅ぐ。「うん、匂い、じゃないな、でもなにか」
 出久の手が轟の肩に手をかけられた。
「さっきから何言ってんだ、半分やろ…」
 勝己が振り向くと目に入ったのは。
 さっきも見た光景だ。
 轟の首に縋り付くように腕を巻きつけ、抱きついている。
「クソデク!てめえ」
 爆破音を轟かせながら「てめえ、何してやがる」と勝己は2人の間に飛び込み、引き離した。
「危ねえな、爆豪」
「え?かっちゃん、僕、…ごめん、轟くん」
 勝己の形相を見て、青くなった出久は、慌てて逃げ出した。
「待ちやがれ!クソデク!」
 勝己はその背中を追う。轟の声が背後から聞こえるが、知ったこっちゃねえ。
 追いかけて、階段の手前で出久を捕まえた。壁に叩きつけ、怒りのままに声を荒げる。
「2度目だ!てめえ、あいつにモーションかけてやがったろ」
「かけるわけないだろ!変なこと言うなよ」
「轟ならいいってのか!クソデク」
「そんなわけない!違うよ。僕は…」
 出久の言葉が途中で途切れた。
 様子がおかしい。
 顎を掴んで顔を上げさせる。目の焦点が合ってない。
「おい、どうした?」
 匂いが、違う?さっき轟が言っていたように。勝己の肩に出久が手を乗せた。
「デク?」
 名を呼ぶとはっと出久の目に光が戻り、「わ、かっちゃん」と慌てて勝己を突き放した。
 勝己は一瞬呆けたが、我に返って怒鳴る。
「何しやがる!てめえ」
 後ずさった出久は頭に両手をやり、泣きそうな面で髪をくしゃくしゃとかき乱した。
「ごめん、ごめん、かっちゃん。まただ。僕おかしいんだ。知らないうちに変な事してるんだよ」


第4章


「戻って来なきゃいいと思ってたがな」
 相澤先生は自分達の顔を見るなり渋面を作った。そんな風に言うということは、戻ってくることを予期していたってことか。追いついてきた轟も一緒に保健室についてきやがった。リカバリーガールは出張所に戻ったらしい。
 勝己の説明を聞いて相澤先生は嘆息した。
「緑谷、残念だが、やはり寄生されていたようだな。寄生生物はあの子供からお前に侵入したんだ」
「あの子は、どうなりました?」開口一番、出久は問うた。
「迎えに来た両親も心配していたし、帰らせたよ」
「よかった」
 てめえの状態も忘れて、出久は安堵したらしい。
「バカかてめえは。良かねえよ。先生、ガキ見つかったのに、帰らせちゃ何もわかんねえだろうが」苛ついて勝己は言った。
「あの子供の個性じゃないとわかったからな。ただ、寄生生物の媒介として使われただけだ。奴が抜けたから普通の子供に戻っていたよ。誰に会ったかも、ここに来たことも何も覚えてないらしい」
「より強い個体、デクに移ったってわけかよ」
「寄生生物は体内にいるはずだ。さっきは緑谷の身体をスキャンしても、何処にも見当たらなかったがな。巧妙に隠れているのか、擬態しているのか、どんな性質の寄生生物なのか、調べなければ分からん」相澤先生は溜息をつく。「なにせ情報が足りない。この個性を持っている敵を捕まえられればいいんだがな。寄生生物はそいつが作ったやつなのか、口田みたいに操っているのか。せめて寄生生物の一部でも、手に入れられれば良かったんだが」
「すまねえ、俺が全部燃やしちまったばかりに」沈んだ調子で轟が言った。
「まったくよお!残らず消し炭にしやがって」
 出久が戻る前に確認しに行ったが、氷漬けにした針も全部炭化していた。下手すりゃ出久も黒焦げだったわ。もっとも、自分が一瞬躊躇している間に轟が片付けてしまったことが一番気に入らない。
「そんな、轟君のせいじゃないよ。僕はほら、全然大丈夫だし」
「ああ?んな訳ねえだろーが!クソデクが」
 どこが大丈夫なんだと勝己は憤る。てめえさっき何しやがったのか忘れたのかよ。
「もしかしたら現場に何が残ってるかも知れねえ。探してみる」と轟は言った。
「頼んだぞ。こっちはとりあえず、もう一度緑谷を調べてみよう。症状に出たからには、奴が見つかるかもしれん」
 出久を残して、轟と勝己は保健室を辞した。「おい」と轟に呼び止められる。おいじゃねえと苛つく。てめえと話すことなんかねえわ。
「んだよ、てめえは焼け跡に行くんだろーが!俺は行かねえぞ」
「ああ、俺だけで行くつもりだ。というか、お前はこの件に関わらない方がいいんじゃねえのか?」
「はあ?てめえ、何言ってやがる」
「緑谷が関わることになると、お前の反応は過剰になる。それじゃ冷静に判断できねえだろ。それに」と轟は続ける「緑谷も望まねえだろう」
「俺は冷静だ。関わろうが何だろうが、てめえに関係ねえわ!」
「緑谷はお前との関係を、もう間違えたくねえと言っていた。昔と同じことは繰り返したくねえんだろ」
「ああ?てめえに俺らの何がわかんだよ」
「高校以前のお前らに何があったのかは知らねえよ。けど、あいつには辛かったんだろうってことはわかるぜ。チャラにして、新しくお前と友人関係を築き直したいっていう、あいつの気持ちを俺は尊重するぜ。俺も親父との関係築き直してえからな」
「てめえの家庭の事情と一緒にすんじゃねえ」
 轟の口から出久の名前が出ると、心底腹が立つ。奴が出久に戦線布告しやがった時からだ。俺以外誰も見てなかった出久を、奴も特別視しやがったからだ。煽られて戦って出久に救われたくせに、落ち着いてやがるからだ。
 一番こいつが気に食わねえのは、出久が求める理想の友人関係って奴を、俺に見せつけてきやがるからだ。
 何も知らねえくせに。友人関係だと?俺と出久が友達なんぞになれるわけねえんだ。くそくらえ。

 何度も試みたんだ
 ただの石ころだと、何度も思い込もうとしたんだ
 川に落ちた時、救われたと思っちまった
 他の奴だったなら何とも思わなかったろう
 否定したかった
 手を差し伸べた出久の姿に、オールマイトがだぶって見えたなんて
 俺の心細さを弱さを見透かすように
 大丈夫、一人じゃない、僕がいる
 うねり光る水面、逆光の中の人影、白い小さな手、木々を伝い響く蝉の声
 いつまでも忘れることのできない光景
 出久がどういうつもりだったのかは関係ない
 俺がそう思った、そう見えちまった
 あの瞬間、あいつは俺の中で特別になっちまったんだ
 出久より上にならなければ、俺は俺を許せない
 上でいればあいつをどうでもいいと思えるはずだ
 この俺があいつを意識するなんておかしいんだ
 だがどんなに石ころだと思おうとしても、あいつは俺の中で存在感を増すのだ
 どこにいても目の端に出久の姿を探す、声を探す
 いつも気になって苛ついて、顔を見れば、気に触る癪に障る
 一人じゃない、僕がいる
 俺に手を差し伸べた瞬間から、あいつは俺の中に棲みついちまったんだ


「おい、デク」と背後から呼んだ。
 保健室の前でウロウロしていた出久は、びくりと反応して振り返る。
「てめえ、なんで教室に戻らねえんだ。検査終わったんだろうが」
「うん、済んだよ。やっぱり何も見つからなかったって」
「しょうがねえ。じゃ、教室戻んぞ」
「戻れないよ。もし女子に抱きついたりしたら、もう僕、恥ずかしくてその子の顔が見れなくなるよ」
「はあ?理由を言えばいいだろうが」
「だって、無理だよ。自分が無理」と出久は首を振る。
 こいつはまだ女子を神聖視してやがんのかよ。馬鹿か。女子っつってもヒーロー目指すような奴らだぞ。
 轟ならいいのかよ、と聞きそうになり、なんとか堪えて勝己は言った。
「おいデク、来い。ここにいたら邪魔になんだろーが」
 図書室に文化祭の展示はないが、閉鎖されてるわけではない。ポツポツと行き場に迷った生徒達が、一休みしている。壁際に並んだ端末の前に出久を座らせ、勝己は隣の席から椅子を持ってきて隣に寄せて腰掛けた。
「なんで図書室に来たの?」
「手がかりがねえなら、寄生生物の性質について調べるしかねえだろ。」
「なるほど、そうだね。何もしないよりいいね」と言ってから、出久は首を傾げる。「でも部屋のパソコンでも調べられるのに」
「図書室ならいくつも監視カメラがあるし、何かあれば誰かが駆けつける。俺も対処できるしな」と言ってから付け加える。「部屋で俺と2人きりでもいいぜ」
「わ、わかったよ。調べよ」
「警戒してんのかよ」
「そういうわけじゃないよ」
 図書室に所蔵してる図書は電子書籍になっているので、端末から全文見ることができる。期限付きの電子データで貸し出しも出来る。紙の書籍もあるが、大多数はデータを選ぶようだ。
 寄生生物で検索すると相当な数の書籍が出てきた。適当に選んでクリックする。

・寄生生物は宿主を己の奴隷にする
 ハリガネムシに寄生されたコオロギは、成長したハリガネムシを放流するために、水に飛び込む。
 クモヒメバチは蜘蛛に寄生して、自分のために網を作らせる
 エメラルドゴキブリバチはワモンゴキブリに卵を産み、生かしたまま食料とし自分のための部屋を作らせる
 フクロムシカニを去勢し自分の卵を育てさせる
 冬虫夏草はオオアリに寄生して、草に登らせて噛み付かせ、周囲に胞子を散布する

 冬虫夏草。ガキの頃に出久が見つけたやつだ。背筋がぞわりとする。こんなのにとりつかれたのだとしたら。
 暫くして出久は「全然頭に入らないよ」と呟いた。「てめえ、真面目にやれや」と勝己は出久の足に蹴りを入れる。
「いた!違うんだ。寄生生物関連書籍の文字列が認識できないんだ。普通の文字は読めるのに」出久は弱音を吐いた。
「ああ?寄生生物はてめえの脳にいるんじゃねえのか」
 言ってからはっと気づく。そうなのか。夢遊病みたいだったと轟が言っていた。自分に抱きついた時も何かおかしかった。出久は頭の中の何かに操られているのか。
「そうかも知れない。嫌だな。今だって気を抜けば、意識をふっと持ってかれそうになる。実を言うと、僕、理性を保つのに必死なんだよ」
「意識を持ってかれたら、てめえはどうなる?」
「わかんない。理性を失えば何をするか。でも多分、さっき轟くんに抱きついたみたいにしちゃうんじゃないかな」
「轟にモーションかけてるみてえだったよな」
「やめてよ、かっちゃん」
「しなだれかかって、腕を首に巻きつけてよ」
「やめてってば。僕の意思じゃないよ」
 あの光景を見て、どれだけ腹わたが煮えくりかえったか。
「構わねえ。俺にやってみろや」
「嫌だよ。絶対に嫌だ」
「散々俺に抱かれてたろうが。轟に出来て俺に出来ねえのかよ!」
「君と轟くんは違うだろ」
 声が大きくなってしまい、静かにと司書に窘められた。舌打ちし、気をとりなおして、端末の画面に向かう。
 寄生生物の奴は出久の中で何をしてえと思ってんだ。目的はなんだ。対処のために寄生生物の習性を知らなくちゃいけねえ。
 てめえを寄生生物の餌にするわけにはいかねえんだ。

・寄生生物は被捕食者を次の宿主である捕食者に狙われやすくする。
 吸虫に寄生されたメダカは、水面で派手に動き鳥に捕食される
 ロイコクロリディウムに寄生されたカタツムリは、改造され動きが素早くなり、物陰から出て鳥に捕食される

・寄生されることで活動的になる例もある。
 マラリアに寄生された蚊は一層獲物を噛むようになる。
 狂犬病の犬が噛みつきたがるのは唾液に菌を持つからである

・幼生と成体で異なる宿主を持つ寄生生物について
 幼生の宿主を中間宿主、成体の宿主を終宿主という。中間宿主では幼生期の発育を、終宿主では繁殖を行う。中間宿主を介さず終宿主に侵入しても成長することはない。
 ロイコクロリディウムはカタツムリが中間宿主で、鳥が終宿主である。
 トキソプラズマは中間宿主が人や豚であり、終宿主は猫である
 寄生生物は中間宿主の中で成長した後に、体外に出て行くか、体内で終宿主に捕食されるのを待つ。
 中間宿主と終宿主の橋渡しの役割のみを果たす宿主を待機宿主という

 ワンフォーオールにとって、デクもオールマイトも中間宿主みてえなもんか。
 正義の名のもとに心を支配して、パワーを与えて命を捧げさせるんだ。そうして、次の宿主に移るんだろう。
 出久、てめえも自分のすべてをOFAに捧げんだろ。オールマイトがしたように。まるで寄生生物が己の目的のため宿主の心をコントロールするみてえじゃねえか。
 継承者はワンフォーオールの奴隷なのだろうか。
 捕食者と被捕食者の関係とは何だろう
 寄生生物を体内に宿す被捕食者が捕食者を求める。
 被捕食者の中の寄生生物が食わせるために捕食者を誘う。
 飢える捕食者のために寄生生物を持つ被捕食者が現れ捕食者は腹を満たす。
 果たして捕食者にとって寄生生物は害と言い切れるのか。

 ポケットの中の携帯がぶるんと震えた。


第5章


「これを見てほしいんだが」と轟が掌に乗せた氷を示した。「氷を融かした後に、まだ廊下の隅に氷塊が残っていたんだ」
 中に針状の物体が閉じ込められている。
 携帯で呼ばれ、勝己と出久は急いで保健室に駆けつけた。轟が手掛かりを見つけたらしいという。急かすふたりに、見てみろと相澤先生は手招きした。
 轟の手の中の禍々しいもの。
「無傷みたいだな。生きてるかもしれない」
 相澤先生は氷塊を受け取ってシャーレに乗せ、慎重に周囲の氷を融かして、出久に見るように促した。
「これか、緑谷」
「はい、あ」くらりと出久はよろけたが、何とか踏ん張り「それです」と答える。
 針がうねうねとくねり出した。
「危ねえ!」と轟が手をかざす。
 相澤先生が個性を発動し、凝視すると針は動かなくなった。ほうっと出久は息を吐く。
 針を透明なケースに仕舞うと、相澤先生は言った。
「校舎の外をうろついていたヴィランのことだが、寄生生物を人に取り付かせる個性を持つ奴だ。指名手配されてるが、今までなかなか尻尾を掴ませなかった。ヴィランのDNAが手に入ったのは収穫だな」
「自分は動かねえで、他の奴を操るわけかよ。けったくそわりい」
 罪のない宿主を盾にするようなやり方だ。卑怯な野郎だと勝己は憤慨する。
「これを見ると、生物というより亜生物というべきか。実在する生き物をモデルに個性で作ったものだな。八百万の個性に似てるが、逆だ。八百万の個性は元素単位から構成して、生物以外の本物を創造する。これは本人の細胞を培養して、亜生物を作る個性だろう」
「生物を創造するんですか。すごい」
 状況を忘れたのか、出久は感心しているようだ。勝己は苛ついて出久の背中を思いっきり叩く。
「てめえ、クソが!感心してんじゃねえよ。わかってんのか。てめえがその個性を食らってんだろうが」
「いたあ!わ、わかってるよ。かっちゃん。でも命を作るなんてすごいと思わない?」
「命じゃないぞ。亜生物だ」相澤先生が言う。「どんなに模倣しても本物の生物じゃなく、本人の細胞に過ぎない。いわば爪や髪の毛みたいなもんだ。元がその個性をもつ人間の細胞だからこそ、本体さえ目視できれば、俺の個性で止めることができるわけだな」
「つまり、緑谷の身体から追い出しさえすれば、捕獲できるんだな」轟が言う。
「ああそうだ。だが、体内の何処にいるかわからない以上、手の出しようがない。せめて体内の潜伏場所の特定が出来れば、いざとなれば手術するなりして対処できるんだが。」
 出久の身体をスキャンしても、何処にいるのかわからなかったのだ。出久の身体の何処かで眠っているのだろうか。そこが脳なのか脊髄なのか心臓なのか。
 活動する様子はない。ならば出久の奇行の意味は。ひとつだろう。
 勝己は言った。「こいつのモデルになった寄生生物は、幼生と成体で異なる宿主を持つやつなんじゃねえか」
「なるほどな。宿主の移動をしようとしているのか。モデルになった寄生生物の性質も模倣してるかも知れんな。調べよう」
 相澤先生はパソコンに向かい、暫くして検索した結果を見せた。
「これだろうな。動物とか4歳以前の子供とか、個性のない個体に食らいつき、成長してから、個性持ちの宿主に移って繁殖するタイプだ。本物は現在はほぼ駆除されている」
「じゃあ、そいつと同じ性質なのかよ。やべえだろ。緑谷ん中で繁殖すんじゃねえのか」轟が心配そうに言う。
「そこが不思議なんだがな。緑谷の中じゃ繁殖していないようなんだ。幼生の宿主を中間宿主、成体の宿主を終宿主というが、緑谷は何故か中間宿主もしくは待機宿主に当たるらしい。寄生生物は繁殖はせず、次の宿主を探している状態だな」
「おかしいだろ。個性に反応するなら、何故緑谷の中では繁殖しないでスルーするんだ?」
「出久がガキなんだろ」と勝己は素知らぬ素振りで嘯く。
 轟は知らないのだ。出久の力は借り物だということを。勝己と出久とオールマイトの3人だけの秘密なのだから。
 そうか、出久は元々無個性だ。OFAを得ても個性因子自体はないのだろう。だから、終宿主にならなかったんだ。寄生生物は子供の中でもう成体に成長したのだ。出久は望まれざる宿主なのだ。なら、個性のある奴に侵入しなかったのは、不幸中の幸いだったと考えるべきなのか。
「僕でよかった」とポツリと出久が呟いた。
 いや、幸いなわけねえわ。ざけんじゃねえ。何がよかった、だ。てめえの呑気さには頭にくるわ。
 出久が寄生生物に侵入されてから、勝己は今まで以上に、出久に引き寄せられる。おそらく轟もなのだろう。出久に抱きつかれていた時の奴の様子は、平常ではないように見えた。
 より強い個体に引き寄せられるのだろうか。それとも宿主になる奴なら誰でもいいのか。どちらにしろ個性持ちに渡ったなら、そいつが終宿主になるんだろう。
 それが奴の狙いならば、と勝己は相澤先生に提案した。
「どこにいるかわからない寄生生物なら、次の個体に移動する瞬間がチャンスだ。寄生生物をおびき寄せ、移動するときに捕まえるしかねえだろ。そいつがデクから移動する瞬間を狙えばいい」
「なるほどな。なら俺が囮になろう」
 勝己の案に乗って轟が言いだした。何だこいつ。おれが先に言ったんだろうが。
「ざけんなてめえ!」
「ダメだよ。もし捕獲できなくて君に移ったら繁殖するかもしれないんだろ。そんなのダメだ」
 出久は首を振る。相澤先生も有無を言わさない口調で言う。
「緑谷の言うとおりだ、轟。これ以上生徒を危険な目に合わせるわけにはいかない。どんなタイミングで移動しようとするかも不明なんたからな。とりあえずお前らは教室に戻るんだ」
「ああ、わかった」轟は渋々といった様子で戸を開け、勝己の方を振り向いた。「爆豪、行かないのか?」
 勝己は轟を睨み、出久に視線を移した。出久は所在無さげに戸惑っている。轟は答えない勝己を暫く見つめて、先に行ってると静かに言った。
 轟が保健室を出て行くと、勝己は口を開いた。
「俺が囮になる。あんたはそれを阻止するんだ、先生」
「お前な。駄目だ危険すぎる。許可できん」
 相澤先生は眉を顰め、厳しい表情になった。勝己は拳を握ると相澤をまっすぐ見据える。
「デクん中にヴィランがいるなんて、気色悪くて我慢できねえんだ」
「ちょっと待ってよ」と出久が慌てた。「僕がおかしくなったの、見てるだろ。君や轟くんに抱きついたんだよ。あんなの、先生達の見てる前でなんて、嘘だろ」
「ああ?てめえ、仕方ねえだろうが。おい、先生!」
「駄目だ、駄目だよ」と必死で出久は首をぶんぶんと振る。「危険過ぎるよ」
「さっきも言ったがそれはないな」と相澤は嘆息する。「これ以上、生徒を危険に晒すことはできない。戻っていいぞ、二人とも。手段はなんとか考えよう」
 ふたりは保健室を辞した。歩き始めた勝己の後ろを出久は付いてくる。
「早く来い」と勝己が言うと、
「うん」と答える。
 いつかのように。
 遠く、文化祭の賑やかな声が聞こえる。
 職員室のあるこの階の廊下には、自分たちの他には誰もいない。
 出久の上履きが後ろでペタペタと音を立てる。
 出久とふたりきりになったな、と思う。
「おいデク」
 返事がない。
 足音が止んだ。出久が立ち止まったのだ。
 ゆっくりと振り返る。
 出久の虚ろな視線が彷徨う。
 やっぱり来やがったな。
 こいつはターゲットが一人になったと認識したら出てくるんだ。他の奴がいると出てこねえ。保健室では俺が出て行って轟とふたりになった時、教室では俺が窓の外の先生を呼んでいる隙に出やがったからな。
 勝己は踵を返して歩み寄り、出久の身体に手を伸ばした。ふわりと匂いが漂ってくる。捕食者を誘うフェロモンのようなものなのだろう。
 出久の腰を抱きしめ、引き寄せて両腕を背中に回す。すっぽりと腕に収まる出久の温もり。シャツの下の筋肉の感触。足を出久の足の間に入れて太腿で股をじりっと押す。
 出久の腕が勝己の肩に縋り付き、そろりと首に回された。
 止めなければいい。出久が俺を求めてるんだ。
 寄生生物を宿した被捕食者として捕食者の俺を。
 理性など吹っ飛ぶほどの抗いがたい本能。
 宿主は捕食者の心をコントロールする。寄生生物があいつをより美味そうに見せるのだ。鳥の前に腹を見せて翻る魚のように。こいつを喰らえと吠えるんだ。
 出久、俺はてめえの捕食者なんだ。
「限界なんだクソが」小声で囁く。「大人しく犯されろよ、デク」
 出久の瞳が揺れる。僅かに意識は残っているのかもしれないが、それとは裏腹に抵抗できないようだ。
 ボタンを外し、シャツを肌ける。素肌に手を這わせても、為すがままな出久に興奮する。
 頬ずりして、唇に触れる。少し開いた唇に吸い付き、舌を口内に押し入れて、貪るようにキスをする。吐息が熱い。目眩がしそうだ。
 出久の瞳が反転したように見えた。
 いや、白目が黒く何かに覆われたのだ。
 勝己は出久を壁に押さえつけた。これが寄生生物の移動する瞬間だ。
「かかったな!寄生野郎が!俺の他には誰もいねえ。安心して出てきやがれ」
 出久の眼球から蜘蛛の糸のように細い糸が飛び出てきた。
 糸を放出しながら、出久は壁を背にして崩折れる。
「おい、デク。てめえ!寝てんじゃねえぞ!」
 出久の足元の空間に糸が積まれてゆく。霧のような細密な糸。暫くして糸が出なくなった。全て出尽くしだのだろうか。出久の閉じた目から血が流れている。無事か。
 糸がむくりと動き出した。ひと塊になり勝己の方に向かってくる。
 咄嗟に飛び退くと、うねる糸の塊を爆破する。
 だがパラリと崩れても糸はまた寄り集まる。
 細密な蜘蛛の糸のように空中に広がり、編まれ広がってゆく。
「起きろデク!クソカス!」
 勝己は出久を抱き起こし、ガクガクと揺さぶる。
「…ん、起きてるよ。動けないんだ。かっちゃん、僕のことはいいから逃げてよ」
「ああ?何言ってやがんだ。カス!」
 出久は目を開けた。白目は元に戻っているが、酷く充血している。
「頭の中からそいつがなくなったからやっと言えるよ。衝撃タイプの攻撃がきかないんだよ。バラバラに解けるだけなんだ。かっちゃん、逃げ、いや、相澤先生を呼んできて」
「てめえ、喋んな、黙れ!」
 クソが。逃げられるかよ。逃げたらまたこいつがてめえん中に戻るだけだろうが。
 網は2人を包みこもうと狭まってくる。
 勝己は出久を糸の包囲網の外に突き飛ばした。
 よく見ると糸じゃなく、針状の寄生生物が寄り集まって、網状の形を成しているのだ。
 網は勝己の腕に触れてバリバリと皮膚を裂いた。プツプツと血が吹き出す。
「傷を負っちゃ駄目だ。本体が傷口を狙ってくる」
「ってーな!これは本体じゃねえのか」
「多分、武器だ。寄生先への侵入ルートを作るための」
「きめえ。本体はどこだ、デク」
「網の何処かに包み込まれてる」
 どこから入ろうとするんだ?目からか口からか。皮膚を破って入るなら手や足からか?
 ピリッと皮膚が割かれる痛み。無数の針が服の腕からでも皮膚を刺す。
 さして痛くもないのに、シャツがみるみる赤く染まる。
 血が止まりにくくする何かを出しているのだ。出久の時と同じように。
「クソが!」
「かっちゃん!逃げてよ、かっちゃん」
 出久は這いつくばりながら、勝己の方にじり寄ろうと足掻いている。
 網の中心に針と同じ大きさだが、形の歪な白い塊が見える。
 あれが本体って奴か。クソが!
 続けざまに爆破してみるが、びくともしない。
 畜生が!目視出来てるのに爆破出来ねえのかよ。
 一気に消し炭にするとか、まとめて凍らせるならいけるんだろうか。轟の個性のように。クソ!轟なんかに任せられるかよ。
 網がバラバラと崩れた。爆破、効いたのか?
 だが違った。
 夥しい針の群れは空中に放射状に広がり、勝己を幾重にも取り囲んだ。
「かっちゃん!」
「クソが!」
 針が一斉に勝己に襲いかかる。
 無数の針が皮膚を裂いた。
「爆豪!」
 廊下に響く怒鳴り声。
 途端に針の動きが止まった。バラバラと床に落下して山を築く。
 相澤先生が駆けつけたのだ。
「相澤先生、よかった」出久は身体を起こす。
「いってーな!クソが!」
 安堵したのが悔しく、勝己は足で蹴って針の山を崩す。
 寄生生物は捕獲された。
「よくやった爆豪」ほっとした声で相澤が言った。
「遅えよ!」
「相澤先生、かっちゃんと組んでたの?僕を騙してたの?先生まで?危険じゃないか」
 出久は目を擦りながら、非難めいた声音で問う。
「いや、組んではいないぞ。爆豪は止めても聞かないだろうからな。様子を伺っていたんだ。あれでな」先生は監視カメラを指差す。
「そうなんですか。かっちゃんは、それを見越してたのか、でも…」
「てめえの脳が寄生されてんだとしたら、てめえの中の寄生生物とやらを、本気で期待させねえと駄目だろうが」
 さっきまでの心をもぎ取られるような衝動は止んだ。あの場で本気で出久を抱こうとしていた。寄生生物を持つ被捕食者は捕食者を誘うのだ。抗いがたい力で。
「褒めていいものか迷うところだが。爆豪は自分を囮にしたんだ。なかなかできることじゃないぞ」
「ああ、はい、そうですけど、でも」出久はもじもじと続ける。「ありがとう、かっちゃん」
「へっ!」
 出久の中に他の奴が居るのが、我慢ならなかったのだ。人だろうが、人じゃなかろうが。結局は俺はてめえを求めているのだ。誰にも渡したくねえんだ。
「まあ、いつ出ていっていいものかどうか、迷ったがな」
「なんのことですか?」
 相澤先生の言葉に、出久は首を傾げている。先生が見張ってると知りながらキスしたことか。あん時はもう出久は意識を乗っ取られていただろうから、覚えてねえんだろう。
 ガチでやるわけねえだろうが。けど、やっちまってもいいと思った。途中で止められたから不完全燃焼だ。足りねえ。
 くらりと頭が揺れる。ぽたぽたと血が滴れる。シャツから血が染み出してくる。血も足りねえってか。
「クソが。貧血か。血が出過ぎたみたいだ」
 てか、止まらねえ。そうか、そういう手口か。出血させて、体力を奪い動きを鈍らせ、宿主の抵抗力をなくしてから、本体が取り付く。
 出久だけなら奴を避けて逃げることも出来たはずだ。きっと出久は子供を抱き上げて、両手を使えない状態で襲われたのだろう。子供を逃がした時には遅かったんだ。
「かっちゃん!」と呼ぶ出久の声が遠くなる。
 倒れんな、俺の身体。あいつの前で倒れんな。あいつは強い俺しか見てないんだ。もし俺が弱くなれば。俺を見やしないんだ。

 保健室の天井がぼんやりと見えた。
 大量出血のせいか、目眩がして頭を起こせない。血が不足してるのだ。
 切羽詰まった出久の声が聞こえる。
「輸血なら僕の血を上げて!」
「爆豪は何型だ」
「A型だよ。ぼくはO型だから、僕の血をあげられる。相澤先生!」
 出久は錯乱しているようだ。
「落ち着け、緑谷。型の違うお前のより保管してるA型血液の方がいい。今リカバリーガールが輸血の用意をしている」
「かっちゃんは強いんだ。負けないんだ」
 出久は血相変えてまるで子供のようにただをこねる。相澤先生は珍しく慌てているようだ。きっと先生には、今の出久があいつらしくなくて理不尽に見えるんだろう。
 俺を強くてタフだと信じている。勝つことを諦めないのが君じゃないかと押し付ける。我儘で頑固で融通がきかない。それがあいつだ。出久は信じてるんだ。俺を。
 勝己は怒鳴った。「リカバリーガール、いねえのかよ!」
「ここにいるよ、なんだい」
 奥から点滴の道具を持って、リカバリーガールが顔を出した。
「かっちゃん、起きたんだ」出久は泣きそうな顔だ。
「今すぐ怪我を全部治せや」
 無数の針で刺されたような傷。見えない傷口から血の玉が転がり落ちる。血はまだ止まっていない。
「ひとつひとつは塞ぐのは簡単だろ。塞いじまえば傷なんか」
「いや、緑谷の時より傷が多くて深いんだ。刺さった針の数が尋常じゃない。一度に治せば、お前の体力が持たないかもしれないぞ」相澤先生は言う。
「輸血しながら、ゆっくり直したほうがいいよ」
 リカバリーガールが子供を宥めるように言う。
「舐めんなできるわ」
 あいつが俺を見てるんだ。あいつが俺を信じてるんだ。俺がへこたれるわけにはいかねえんだ。強くなければあいつは俺を見ない。
 俺はどうだ。俺は出久が弱くなったなら。
 ひょっとしたら、歓喜するのかもしれない。
 弱くなれば他の奴らは出久から離れていくかも知れない。でも俺にとってどんな出久でも出久は出久だ。俺は絶対に離れねえ。
 そうなれば出久も俺から離れることなんできねえだろ。中学生の頃みたいに、俺だけのものになんだ。
 ああくそ!思考がぐちゃぐちゃだ。
 雄英の奴らはそんな奴らじゃねえってわかってる。
 たとえあいつが弱くなっても、今更もう手に入るわけねえわ。
 俺は捕食者だったのだ。自覚する前からあいつは俺の獲物だったのだ。いつかは皮膚を囓り肉を噛み裂くのだ。だからあいつは無意識に警戒していたのかもしれない。
 捕食者は獲物よりも運動性能が優れてなければ食いっぱぐれる。だから俺はあいつより強くなければならないのだ。
 一人の人間にとって自分が特別でありたいと渇望するのは、自分にとって相手が特別であるからだ。どんなに相手をつまらない者だと、取るに足らないと貶めようとしても、心の奥底が求めて止まないんだ。
 自分だけが相手の唯一の存在でありたいと。


第6章


 傷は全て治療されたものの、体力を消耗した勝己は半日寝込んだ。目を覚ました時には既に日は傾き、黄昏の橙色に部屋が染まっていた。
「やっと起きたんだね」
 出久が枕元に座っていた。目元が赤いようだ。顔を染める夕焼けのせいか、泣いていたのか。
 保健室の窓の外から音楽が聞こえる。外で何をしているのか、時々歓声が上がった。
「今、後夜祭をしてるんだよ」勝己が問う前に出久は答える。
「てめえは行かねえのか」
「うん」出久は済まなそうに目を伏せる。「打ち上げは行ったよ。皆も君を心配してた。君が回復したら寮でまた打ち上げしようって」
「いらねえよ」
「後夜祭の後には戻ってきて、後片付けするそうだよ。僕も行くけど。あ、そうだ」
 出久は手に持ってた袋を開けて、中を見せた。
「ちょっと食べ物を持ってきたんだ。かっちゃんが起きたらお腹空いてるかなと思って。打ち上げの時の残りだけど」
 そういや腹が減ったな。「寄越せ」と勝己は出久が袋から出したパンや菓子をがっつく。「かっちゃん、お茶もあるよ」と差し出されたペットボトルをひったくるように受け取る。喉を鳴らして嚥下する。冷たさが胃にしみる。
「ごめんよ、かっちゃん」
「ああ?」
「元はと言えば全部僕が迂闊だったせいだ。僕が気をつけてれば、こんなことにならなかった」
「あ?ざけんじゃねえぞ。デク!」勝己は眉根を寄せて睨みつける。「てめえのはてめえのミスだ。俺のは俺の判断だ!謝んじゃねえよクソが。起き抜けに苛つかせんじゃねえ」
 怒鳴ってから、確認していなかったことに気づく。奴は本当に出久の中から抜けたのか。
「てめえん中には、もういねえんだな」
「うん、僕は大丈夫。先生呼んでくるね」
 勝己の身体は完全とは言えないが回復したらしい。「無茶をしたけれども、大したタフネスだね」とリカバリーガールは驚き半分呆れ半分。もう帰っていいと保健室から送り出された。
「かっちゃん、後夜祭行く?寮に戻る?」
「教室に行くわ。来い、デク。てめえに話がある」
 勝己はそう告げて「あ、うん、あの」ともぞもぞと言い淀む出久の腕を掴む。
 夕暮れの教室には柔らかな黄色い光が差し込んでいる。教室には誰もいない。まだ後夜祭は終わらないようだ。
「デク」と名を呼ぶ。怒りを帯びてない声で名を呼ぶのは、随分と久しぶりな気がする。
「何、かっちゃん」戸惑い気味に出久は答える。
「てめえを抱いたのは、マスターベーションなんかじゃねえよ」
「い、いきなり何、その話はもう。かっちゃん」
 狼狽える出久に構わず勝己は続ける。
「てめえがどうだろうとな。俺のやりてえことは変わんねえ。てめえが俺への認識を改めてえってんなら、それまで待ってやる。てめえは俺のもんになるしかねえんだ。逃さねえからな」
「かっちゃん、僕は応えられないよ」
「先はわからねえって言ったのは、てめえだろうが。俺は諦めるつもりはねえ」
 触れてしまったのだ。そう簡単に手放せやしねえんだ。出久は唇を噛んで俯いた。外から生バンドの演奏する音楽と歓声が聞こえる。黙ってんじゃわかんねえよ。勝己は焦れた。
「何だよ、言いたいことあんなら言えや」
「無理なんだ」出久は漸く口を開いた。「君と新しい関係を構築するなんて、無理なんだよ。僕は結局、君を皆と同じようには思えないんだ。認識は変えられない。だから待っても無理なんだ」
「なんだとてめえ!」
「君に情が移った事を、過去の話として轟君に話してたのに。よりによって君に聞かれてしまった。」
「俺のことだろうが。俺が聞いたからってなんだ」
 出久は俯いて言葉を紡ぐ。
「知られても、それだけだと思った。でも君がまたやろうって言うなんて。僕は怖くなった。付き合ったって、また昔の繰り返しになるだけじゃないか」
「ああ?なら待てっつったのはなんだ。俺をその気にさせて、てめえ、この俺を騙しやがったのか」
「できると思ったんだ。本当だよ。でもやっぱり無理だ。僕にとってやっぱり君は君なんだ。僕は憧れるだけで良かったんだ。手の届かない君に。 君が応える可能性なんて有り得なかった。なのに中学の頃、あんな形で僕は君と関係してしまった。心も身体も踏みにじられて、君の形を刻み付けられて、自分の弱さが辛かった。君を怒らせるのが怖かった。君が憎かったよ」
 出久はシャツの合わせ目を掴む。ぎゅうっと掴んで指が白くなるほどに。
「それなのに君に情が移ってしまうなんて。そしたら今度は見捨てられるのが怖くなった。酷い形でも、僕に関わってくるのは君だけだったから。セックスしてる一瞬だけは、君のことが怖くなかったから。でもそんなのおかしいだろ。憧れて憎くて怖くて、僕はどうしたいんだろうって、混乱して自分が壊れてしまいそうだった」
 出久は顔を上げて薄く微笑んだ。
「君との関係が終わった時、ほっとしたんだ。もう僕は抱えきれない混乱から解放されたんだって。だから、もう二度と君に応える気はない。応えちゃいけないんだ」
「てめえ。またかよ。またてめえは嘘をつきやがった!」
 繰り返し繰り返し、俺を偽り続けるんだ。勝己は掴みかかり、出久の首元を締め上げる。なんで俺は嘘ばかりつくこいつが欲しいんだ。出久は抵抗もせずに勝己を見上げる。
「君が眩しいんだ。今も昔も。君は僕を捩じ伏せるために抱いたんだろう。君には一時の気の迷いや好奇心に過ぎなくても、僕は潰れてしまう。また囚われるんだ。僕を否定した君に。呪縛なんだ。そう思うのは錯覚なんだってわかってるのに」
「 はっ!てめえは全部錯覚だった言うのかよ」
「君も錯覚だろ。ちょっと血迷っただけだ。情欲とは言うけど情と欲は別物だよ。欲で動いて情で惑う。また間違った形の繰り返しになるだけなんだ」
 またか、てめえは俺を何だと思ってやがるんだ。俺がてめえを失うことをどれだけ恐れているのか、考えた事もねえんだろ。
「ああ、確かに俺はてめえを捩じ伏せたかった。反抗的で何考えてるかわかんねえてめえを支配したかった。その発露がセックスだ。否定はしねえよ。だがな、なんとも思ってねえ奴を何度も抱くほど暇じゃねえわ」
「君は変わらないな。でも僕は変わらない君がいいと思ってる。君は特別だよ。僕にとっていつまでも」
「てめえ、俺の言ったこと聞いてんのかよ」
 てめえには何一つ伝わらねえ。どう言やあわかるんだ。
「僕は君が大事なんだ。君との関係がなにより大切なんだ。君が思う以上に。今度は間違うわけにはいかない。やっと対等になれたんだ。今みたいな幸せなんて、昔は考えられなかった。君を憎まず純粋に憧れていられる。僕は今幸せなんだよ。君には近づき過ぎちゃいけないんだ」
 てめえが俺に嘘をついて、そんなことを心に決めた、その矢先に寄生生物騒ぎが起こったってわけか。
「てめえ、俺に抱きついて誘ったよな。本当に寄生されたからって理由だけかよ。ああ?デク」
 轟まで誘ったことは忘れる。
「そうだよ。それ以外にあるわけない。君が僕に惹きつけられるのも、僕が君に惹きつけられるのも寄生生物のせいだった。被捕食者と捕食者の関係だ。また心が間違った方向に狂わされたんだ。今は余波が残ってるけど、この気持ちも静まるはずだ。あんな心が壊れてゆくような混乱は、もうゴメンなんだ」
 最初に間違ってしまったから、もう手遅れなのかよ。クソが。
 迷いも全部寄生生物のせいにしやがるのかよ。
 余波だと。
 余波と言ったか。そうか。
 出久の混乱は昔じゃねえ。今の話なんだ。
「はは!そうか。そうかよ、てめえ!ほんとに迂闊だよなあ、デク」
 勝己は高笑いをする。
「かっちゃん?」
 出久は訝しげだ。自分で言ったことに気づいてねえ。
「つまり、今てめえは俺が欲しいんだな」
「ちが、違うよ、なんでそうなるの?かっちゃん」
「余波があんだろ。でももう寄生生物はてめえの中にいねえよなあ。そう言ったよなあデク。ごちゃごちゃ言いやがって、結局誤魔化してんじゃねえか!なあ、そうだろ」
「違うよ!」
「こっちに来やがれ。確かめてやるわ」
 余波が残ってるってんなら好都合じゃねえか。てめえには言葉じゃ通じねえんだ。身体でわからせるしかねえんだ。
 拳で殴り合って、身体をぶつけ合って。毟りあって、無茶苦茶になって。
 そうするしかねえだろ。
 俺らはずっとそうしてきたんだからよ。

 てめえは虫けらなのだと言い聞かせた
 取るに足らない存在だと思おうとした
 どうしてもそう思えないからこそ足掻いた
 てめえに俺を認めさせれば、何もかも上手くいくと根拠もなく信じていた
 それが不可能なのだとわかったとき
 俺の中に棲みついたてめえがどんどん大きくなり
 もうてめえの呪縛から逃れることはできないと知ったとき
 もうてめえを逃さないと決めたのだ
 だからてめえも逃げんな


 勝己は空き教室に出久を連れ込んだ。
 舞台の道具置き場にしていた場所だ。ベニヤ板が隅に積まれ、余った大量のサテンの生地が無造作に散乱している。
 勝己は出久を床の上に倒し、両手首を片手で纏めて押さえつけた。「かっちゃん」と開けられた口に被せるようにキスをする。出久の舌を絡めとり、擦り合わせる深いキス。頭が痺れるようだ。角度を変えては深く口づける。
 てめえの皮膚の下の熱さを誰も知らない。俺の他に誰も知ることはねえんだ。
 身体の奥に俺を刻みこむんだ。てめえの全ては俺のものだと。

 出久の胸に頭を押し付けて、荒くなった呼吸を整える。
 肌の温もり。トクトクと耳に届く出久の心音。汗だくの体躯を強く抱きしめる。
「デク、デク」と掠れた声で呼ぶ。
「かっちゃん」と喘ぎ疲れた声で出久が呼ぶ。
 顔を起こしてそっと髪に触れる。髪で隠れていた翡翠のような瞳が勝己を捉える。確かな視線で見つめる。
 勝己の肩に触れる出久の手。抱きつくでもなく引き離そうとするでもなく。揺蕩う手を掴んで一本一本、指に口付ける。
「かっちゃん」出久は口を開く。「僕は君としたからじゃなく、きっと昔から君に惹かれてた。そう思いたい。でももう別のものがいっぱい混じってしまって、わからないんだ」
「同じことじゃねえか。どう違うってんだ」
「惹かれてる気持ちだけを、育てていけたんだ。関係を結ばなければ、できたんだ」
「そんなもんはいらねえ。てめえに良くても、俺には良くねえわ」
 どんなに近づいても、こいつと俺はわかり合うことはないかもしれない。だが触れ合うことで、一瞬でも境界を穿つことはできる。ひとつに溶け合うことができる。
 気休めなのかも知れねえとしても。だからなんだ。正しくねえからなんだってんだ。間違っているからなんだってんだ。
 嘘つきなてめえでも、身体を重ねてる時だけは嘘をつけねえ。何度だって隔たりを溶かしてしまえばいいんだ。
 俺たちはずっと昔から共生関係なんだ。OFAがてめえを見つけるずっと前から。
 俺はてめえが欲しくて、てめえは俺に縛られてる。
 OFAが次の宿主に移ったなら、まっさらになったてめえの全ては今度こそ俺だけのもんだ。
 一方的な関係なんてな、両方が想っていたら不可能なんだよ。
 
「戻ろうよ、皆後片付けしてる。手伝わなきゃ」
「ここのもん片付けりゃあいいだろが。生地汚しちまったしよ」
「そ、そそ、そうだね。見られたら困るよね」
「使い道があったな。役にたったわ」
 勝己はにやりと笑う。出久の顔が真っ赤になった。慌ててサテンの海に埋もれた服を探し始める。
「何焦ってんだ、クソデク」
 出久の腰を引き寄せ、胡座をかいた膝に乗せ、後ろから抱えるように抱きしめる。まだ裸の素肌に触れていたい。肩口に顔を埋める。出久の匂いだ。捕食者を誘うフェロモンみたいな偽物じゃない。本当の出久の匂い。
「あの、かっちゃん?放してくれる?」
「ケツ動かしてんじゃねえよ、また勃っちまうわ」と腰を突き上げる。
「わ、そ、それは、かっちゃん、誰か来るかも、ねえ」
「こっちまですぐには来ねえだろ」
 身体を捩っていた出久も、放そうとしない勝己に観念したらしい。大人しく身を持たせかける。
 同じことをしたとしても、同じ結果になんてならない。
 毎夜違う夢を見るように。毎日違う朝が来るように。
 今ならきっと違う道をいける。違う結果を見出せるはずなんだ。
 ふと、舞台で出久の言った台詞を思い出した。
「おいデク、てめえは劇のクライマックスでの掛け合いの台詞を覚えているか」
 抱きしめる腕に力を込めて勝己は問うた。
「気持ちがわからないと、てめえが拘っていた台詞だ」
 密かにそうありたいと思った言葉だ。その意味をてめえは今もわからないのか。
「あの言葉」と呟いて、出久は答える。「少しは、わかる。わかるよ」


終章


(全員が客席からステージ上に上がる)
(緑谷、爆豪は背中あわせになる)
緑谷  「今のうちに君に話したいんだ」
爆豪  「あんだ?」
緑谷  「僕は君のことは覚えてるよ。でも君とどんな時を過ごしたか、あまり覚えてないんだ。日々の鍛錬や冒険の中で、自分のことで手いっぱいだったし。子供の頃のことはどんどん薄れていってしまった」
爆豪  「んだと、てめえ」
緑谷  「でも覚えてるよ。楽しかったこともあったけど、悪いことも、沢山あったよね」
爆豪  「ああ?こんな時にまだ怒らせてえのか。てめえは!」
緑谷  「でも、きっと。僕は君にもう一度出会うために、旅に出たんだ」


END

パラサイト・フェスタ(R18版)

f:id:hiten_alice:20180829115838j:plain

序章


「かっちゃん、あれ何だろ」
 幼い頃、ふたりで林の中に遊びに行った時だ。後ろを歩いていた出久が言った。
 ふらふら余所見をしているから、ついてくるのが遅れて、待ってよかっちゃん、と追いかけてくるのが常だった。この日は2人だけだから、歩くペースを合わせてやってる。
「あんだ。どうした?デク」
「この虫、どうしてこんなとこで動かなくなってるのかな」
 出久の指差す方向にいたのは、草の先に噛み付いたまま死んでる蟻だった。
「ああ、その蟻は冬虫夏草に寄生されてんだ」
「この蟻の中に寄生虫がいるの?」
「いや、寄生虫じゃなくキノコの一種だな。そいつに寄生されると蟻が自分の意思を支配されて、草に登って落ちないように噛み付いて死ぬ。そしたら蟻の中の冬虫夏草が身体から伸びてきて、胞子を周りに撒き散らし、次の寄生先の蟻を待つってわけだ」
 自分も本物見るのは初めてだ。かっちゃんはなんでも知ってるね、と出久は微笑む。そうじゃねえよ。てめえがなんでも聞くから勉強してんだろーが。
「蟻にも心があるのかな」
「人間みてえな感情はねえだろ。あるのは本能だけじゃねえか」
「本能。頭の中に聞こえる声じゃあ、自分のものか誰かの声なのかわからないよね」
 頭の中で死へと誘う声。判断を狂わせるほどに抗いがたいのものなのだろうか。気味が悪いなと思う。
 勝己の袖をそっと掴んで、出久は囁いた。
「怖いね、かっちゃん」


「ほら、早く言わねえともっと奥まで入れちまうぜ。言えよ。欲しいっていえよ。俺のをよお。なあ、デク」
 シャツをめくり乳首をコリコリと撫でる。潰しながら捏ねると芯ができてプクリと勃ってくる。
「うあ、や、は、」と出久は苦しげに喘ぐ。
 乳首をペロリと舐めて勝己は嫣然と微笑む。密着した下半身が汗ばんでくる。腰をゆるりと進めた。猛るものがさらに食い込む。開脚させて押さえつけた身体がビクリと震える。
 カーテンを閉めた勝己の部屋。薄い布は夕方の日差しを遮り切れず、薄明るく出久の肌を浮かび上がらせる。床には脱ぎ散らかした二人分の制服。勝己は出久の足首に引っかかっていた下着を剥ぎ取って、ぞんざいに服の上に放る。
「ほら、てめえのここ、美味そうに俺のものを呑み込んでるぜ」
 後孔を限界まで広げて挿入した怒張。さらに埋めると窄まりがきゅっと締まった。奥も収縮し、雁を締め付けられて気持ちがいい。
 熱に浮かされたように「あ、あっ」と出久は小さく喘ぎ声を漏らす。
「言えよ、デク。ゴムつけてないんだからよ、奥でイクと俺の精液がてめえの腹の中に残っちまうなあ。良いのかよ、なあ」
 出久と身体を繋げるようになってから、コンドームを常備するようにしている。でも今は装着していない。直に中の感触を味わいたかったからだ。絡みつく襞の感触も熱く湿った温もりも、薄膜越しとは比べ物にならない。
 まだ出久の体内の奥深くに射精したことはない。もっとも、亀頭だけを突っ込んで後孔の入り口で擦り、中で達したことはある。出し入れするたびに何度も雁で窄まりを広げられて、出久は苦しげに喘いでいたけれども。 後で洗い易いように配慮してやったつもりだ。
 コンドームをせず生でペニス全体を締め付けられ射精する。それはどんなに気持ちいいだろう。
「俺を身体の内側に埋められて。どう感じてンんだ。なあデク」
 出久はうっすらと目を開き、掠れた声で呟く。
「嫌だ、別の生き物が中にいるみたいだ。うねって這いまわる生き物だ。嫌だ」
「ああ?てめえ、生き物だと?ふざけんなよなあ!てめえん中にあんのは俺んだ。俺のなんだよ」
 苛立ちのままに腰を強く打ちつけて、ぐっぐっと出久の中に深く沈める。首を振って出久は脚をバタつかせる。
「暴れんな、クソが!抜けちまうだろうが」
 腰を強く振って一気に捩じ込んだ。屹立の付け根まで全て埋まり、出久と身体が隙間なく繋がる。
「っや、ああ!」と出久は叫ぶ。
「はっは、全部入れちまったぜ。遅えんだよ、ばあか」
 熱くてうねる出久の体内。腰を掴んで固定して、引き抜いては突き上げる。初めはゆっくりと次第に激しく熱を叩きつけて律動し、身体を揺さぶる。ローションのお陰で抜き挿しがスムーズだ。
「ぬるっと入っから、性器に突っ込んでるみてえだな」誂うように、勝己は笑う。
「僕にそんな器官、ない」
 喘ぎつつも出久は生意気に言い返す。もうここはてめえの性器だろ。開発してやったんだからよ。ずり上がる出久の身体に、逃がさないとばかりに覆い被さり、肌を打ち付ける。腹の下に萎えた出久の性器が挟まれた。ぐりぐりと刺激すると、出久は首を振って悶える。
 は、は、と互いの息遣いだけが部屋に響く。ねっとりと空気が淀む。内側からてめえを喰らい尽くしてやる。喘いでいる出久の唇に軽くキスをする。唇を食み、深く合わせて舌を滑りこませ、舌を絡める。その間も休みなく肉襞を擦る。長いストロークで抽送しては奥まで貫く。
 いきそうだ。スピードを上げて激しく揺さぶる。腰をぐっと突き上げる。熱が竿をせり上がってくる。頭の中がスパークし、先端が弾けた。最奥で達する。
「う、はあ」と勝己は唸る。
 腰が痺れ、快感が身体を駆け巡る。 どくどくと断続的に精液が溢れ出ている。出久の中を満たしていくようだ。
「デク、わかるか、いったぜ。俺のだ。てめえん中で出してやったわ」
 熱いよ、と出久が譫言のように呟く。粘膜はどのくらい感覚を感知するものだろうか。
 引き抜き、小刻みに揺らして飛沫を出し切って拭き取る。出久の中に押し入り、俺の存在を植え付けてやった。勝己はほくそ笑む。
 何一つ自分に本音を言わなくなった出久。下手くそな作り笑いで苛つかせる嘘つきな出久。でも肌を合わせることで、少しだけこいつが隠している内側に触れられる気がした。
 触れれば触れるほど、出久の肌に熱に飢える。抗いがたい衝動だ。
 けれども時折、身体を重ねた後の、虚ろな出久の瞳を見るたびに、胸を硝子の破片のような棘が刺す。
 出久はどう思ってるんだ。
「おい、デク」
 身体を繋げている時は、気づかないでいられる心の虚。身体を起こし、乱れた出久の髪をかき上げて瞳を覗く。抱かれながらも反抗的な光を宿していた瞳。快楽に濡れて情動を揺さぶった翡翠のような瞳。今は何を映しているのかわからない硝子玉のようだ。
 出久だって肌を合わせることに慣れてきているんだ。身体を重ねることで情が移ったりしねえのか。
 俺のことを。
 いや、どうだっていいじゃねえか。出久の気持ちなんか置き去りで構わない。抱いて溺れさせてしまえばいいんだ。
 中学生の頃の放課後の熟れた時間。高校生になって、たとえ別々の学校になったとしても続くはずだった関係。だがそれはヘドロヴィラン事件と、雄英入学と共に出久が個性を得たことで、あっさり終わりを告げた。
 あれから出久に触れていない。


第1章


 文化祭に劇をすると決めたのは誰だっただろうか。しかも手間のかかるファンタジーだと?
「アホかよ。稽古する暇なんざねえわ」
 勝己は文句を言ったが、面白そう、台詞覚えるの大変そうだけどやってみたい、とクラスの連中からは賛成の声が大きく、多数決で決まってしまった。ちらっと背後を伺うと出久も挙手してやがる。クソナードが。
「めんどくせえわ、クソが。てめえらでやってろよ」
 勝己は毒づいた。つかつかと飯田が近寄ってくる。おい、HR中だろうが。相澤先生はいねえけど。
「爆豪くん、やる前から面倒だと決めるのは良くないぞ」
「まあまあ、飯田、爆豪は口ではこう言っても、結構真面目にやるんだぜ。前のバンドの時だって、率先して練習仕切ってたしよ」
 上鳴の野郎、余計なことを言いやがる。勝己は睨みつけて顔を顰めた。
「そうだったのか、やる気があるんだな。君を誤解していたようだ。すまない爆豪君」
 飯田は机に頭突きしそうな勢いで、腰を直角に曲げた。
「うっぜえええ!勝手にしろよ」
 勝己は怒鳴って机を叩き、さりげなく振り向いた。目が合うと、出久は困ったように眉を下げて笑みを作る。胸がざわっと騒いだ。
 実を言うと、全員で一つのことをするのに異論はない。一年生の時はバンド班とダンス班に分かれたから、ダンス班の出久が何やってたのか、わからなかったからだ。いまだに引っかかっていることがある。
 文化祭当日、買い出しに行ったはずの出久の帰りが遅く、戻って来た時は明らかに消耗してやがった。明らかに何かやらかしたんだ。でも出久の班の奴らは何もあいつに聞かなかった。忙しかったとはいえ、気にならねえのかよ。
 文化祭が終わってから呼び出して出久に問いただしたが、口止めされてるのか、答えられないという返事だった。腹が立ったがしょうがねえ。
 今回は出し物はひとつだから、てめえに異変があれば丸わかりだ。俺に隠し事はさせねえ。
 脚本はオリジナルでいくことになった。クラスコンペで選ばれた粗筋をベースにして、脚本担当の奴らがさらに推敲を重ねたらしい。全員が出演する内容になり、元とはまるで違う物に仕上がった。
 期日が間近に迫ったここ数日は、準備でてんてこ舞いだ。衣装や小道具は八百万が個性で用意した。セレブな知識が生かされて、学生の舞台とは思えないゴージャスさだ。おかげで本格的な舞台になりそうだ。八百万に食わせるお菓子を作る係に砂糖が振り分けられたので、ある意味砂糖のおかげでもある。
 だが舞台で使うサテン生地やベニヤ板などを作りすぎたようだ。教室がやけに狭くなった。
「食わせすぎじゃねえのか、太らせちまうぞ」と上鳴が余計なことを言って八百万が凹み、「デリカシー!上鳴、お前、謝れ!」と耳郎に怒鳴られている。
 創造したものは元素から構成した本物らしいから、一度作ると消えない。使わねえもんは爆破するかと提案したが、もったいないし、まだ使い道があるかも知れないと、余った布や板は上の空き教室にぶち込まれた。
 ベニヤ板を使ったセット作りは力仕事なので主に男子の仕事だ。衣装のデコレーションは主に女子が受け持った。
 そのはずだったのだが。
「おい、爆豪、俺の衣装の胸に、このエンブレムつけてくれよ」「俺も肩あて縫い付けてくれよ。勇者っぽくよ」と何人かから何故か裁縫を頼まれた。
「ふざけんな、てめえら!自分でやれや」
「出来ねえから頼んでんだよ。女子には別に必要ないだろって断られちまったし」
「もう爆豪は衣装担当でいいんじゃね?女子よりうめえじゃん」
「はあ?てめえらなんでできねえんだ」
「うわ、出たよ、才能マン、世の中にはなあ、頑張ってもできねえことがあるんだよ」
「クソが!全部持って来い。ちゃっちゃと終わらせてやる」
 衣装を受け取って出久の姿を探した。出久は窓の側でベニヤ板に覚束ない手付きで釘を打っている。危なっかしくてしょうがない。勝己は出久の側に椅子を寄せて座った。
 出久は顔を上げる。「かっちゃん、手伝ってくれるの?」
「は?てめえの仕事だろうが。てめえでやれや。俺は衣装直しすんだよ」
「え、ここで?」
「うっせえ、どこでやろうが構わねえだろうが」
「見られてると、なんか緊張するなあ」と出久は屈託なさげに笑う。
 擽ったいような、軽口を叩くような関係に、いつになったら慣れるだろう。クラスの奴らはもう、自分が出久の側にいても誰も不思議がらないが。
「でも、僕は嬉しいよ、かっちゃん」と出久は言う。「一年生の時は担当演目が違ったから、準備もリハーサルも別々だったもんね」
「へっ!近くで見ると、てめえの至らなさがよくわかるわ」
「ひどいなあ。かっちゃんみたいには出来ないよ」
 衣装にエンブレムを縫い付けながら、出久を見下ろす。
 屈んで金槌を打つ白い出久の頸。熱いのか第二ボタンまで外したシャツの襟から覗く肌。さっきまで静かだった胸の内にさざ波が立つ。
 しっとりと手に馴染む、肌理の細かい肌を知っている。襟の合わせ目から手を滑り込ませて温もりを確かめたい。当たり前に抱いていたのが嘘のようだ。今はどう触れればいいのかわからない。
「貸せよ、下手クソが」
 焦れて出久の手から金槌を引ったくる。指が触れるだけで、胸が騒めくのが忌々しい。隣にしゃがんで、出久の打った釘を残らず引っこ抜いて打ち直す。
「え?全部駄目?」と出久が言う。
「真っすぐ釘打つこともできねえのかよ」
「ごめん、ありがとう、かっちゃん」
「仲良いな、爆豪」通りかかった瀬呂に揶揄われ、「うるせえ!」と怒鳴る。
 クラスの奴らは誰も中学生の頃、勝己と出久が身体の関係だったことを知らない。ガキッぽい出久が毎日のようにセックスしていたなんて、想像すら出来ないだろう。
 俺もてめえがいなければ、まだ童貞だったかもな。てめえの他に情欲を掻き立てる奴はいねえんだ。
 台詞の多い役は演技力度外視で、とにかく成績で決められた。台詞を覚えられなきゃ話にならねえってわけだ。地味な設定の主人公ということで、主役になっちまった出久や、飯田や轟や丸顔は出ずっぱりだ。台詞の多い奴らは放課後集まって、練習に余念がない。
 自分も成績上位ではあるが、「出番の多い役はやらねえ」と言ったら当て書きしてきやがった。役柄はドラゴンマスター。ちょっと気に入った。
 
 文化祭前日の今日はリハーサルだ。全員衣装を着て、セットも配置して、本場さながらである。
 背景のセットや垂れ幕は峰田のもいだ玉でくっつけてある。よくくっつくので便利だが、峰田以外が触ると取れなくなるので注意が必要だ。
 勝己は舞台裏で出演者の用意を手伝う。全員出演するため、出番のないシーンではそれぞれ裏方に回る形だ。
 第一幕「旅の始まり」は旅に出た冒険者・緑谷が兵士・飯田と魔法使い・麗日に出会い意気投合し、魔物を退治するために来たという王子・轟に出会い、目的を合わせて行動を共にする。
 第二幕「仲間との出会い」は魔物退治のために仲間を集める展開で、勝己以外のクラス全員が順に登場する。
 勝己の出番は第三章からなので、前半はずっと裏方だ。出久が裏方に回るのは、勝己がアジトで報告を受けるシーンだけだ。丁度入れ替わりになる。
 出番が終わった奴らからステージをはけて、裏方に回ってきた。
 勝己のいるステージの下手に、出久と切島が歩いて来た。切島は笑いを堪えているような表情をしている。カーテンをくぐると、切島は「やったぜ!」と叫んで出久に抱きついた。うんうんと相槌を打って、出久も切島の背に腕を回す。
 頭にかっと血が登った。
 反射的に「おい、じゃれてんじゃねえ!」と怒鳴る。
 切島はにかっと笑うと「いやー、初めて台詞間違えずに言えたから嬉しくてよ」とあっけらかんと言った。
「うん、良かったね」と朗らかに返す出久。
 わかってる、これは八つ当たりだ。俺はクラスの奴らみたいに、出久の身体に何気なく触れられはしない。あんな風に抱きしめたりできはしないのだ。
 第二幕が終わり、カーテンを下ろして勝己はステージに回った。クソ!今は考えるな!次は俺の出番だ。用意しなきゃいけねえ。
 冒険者・緑谷は旅に出て仲間を集め火の山に辿り着いた。第三章は俺が竜のオブジェの上からあいつを見下ろすところからだ。

爆豪  「何か用かよ。ああ?」
轟   「この山に住んでるのはお前か」
爆豪  「それがどうした」
飯田  「麓の村が迷惑をしている。魔物を放つのをやめてくれないか」
爆豪  「なんの話かわからねえな」
轟   「口で言ってもわからないなら、腕付くでということになるが」
爆豪  「おもしれえ、やってみろよ」
緑谷  「待って!ねえ、君はほんとに魔物なの?人間にしかみえないんだけど」
麗日  「騙されたらあかん!魔物は人間に化けるんよ」
飯田  「そうだ。人間に化けて騙すのが奴らの手口だぞ」
緑谷  「でも彼は人間みたいだよ。ねえ、君が本当に麓の村を魔物に襲わせてたの?」
爆豪  「ああ?だから何の話だっつってんだろ。俺あ、ドラゴンマスターだ」
(一拍分黙り、おもむろに口を開く)
爆豪  「てめえは俺を忘れたのか?」
緑谷  「えっ?誰が?」
(緑谷、仲間を見回す)
(爆豪、緑谷を指差す)
爆豪  「てめえだ、クソが。子供の頃にてめえは森で俺と、何度も会ったことがあるはずだ。俺はすぐにわかったぜ」
轟   「お前、奴と友達だったのか」
緑谷  「君が僕の?嘘。覚えてないよ。ドラゴンマスターの友達なんて、いたら忘れないよ」
爆豪  「ああ?てめえ」
緑谷  「子供の頃に森の中に竜がいるって聞いてた。でもドラゴンマスターの竜だから安全だって。森にドラゴンマスターの友達がいたような気がするけど。ほんの小さな頃だけだよ」
(緑谷、ハッとして爆豪に視線を合わせる)
緑谷  「ドラゴンマスターの子供って君だったのか!ええ!全然雰囲気違うよ」
爆豪  「ああ、竜に乗せてやったりしたのに、てめえは段々来なくなった」
緑谷  「勇者の修行を始めたから、森に行かなくなったんだ」
爆豪  「何もかも忘れちまったのか。てめえはそういう奴だよな。クソが」
緑谷  「でもでも、この災厄の原因は君なのか?ええーと、何で悪い魔物みたいなことをするんだよ」
轟   「魔物が本当のことを言うはずがねえぞ。お前の知り合いのふりをしてんじゃねえのか」
爆豪  「ごちゃごちゃ言ってんじゃねえ!こんなとこでてめえと会うとはな!やんのか?やんねえのか?ああ?かかってこいやデク!」
緑谷  「かっちゃん、台詞台詞、デクじゃないよ」
麗日  「デクくん、かっちゃんも違う!」
飯田  「麗日くん、デクくんじゃなく、ああしまった!
「わやくちゃだな。どうする?」
 轟はライティングの八百万の方に視線を向けて声をかける。
「とりあえず映像映すから!通しでやりましょう」
 頭を抱えた八百万が、巨大な魔王のシルエットを、ステージ後方のスクリーンに映し出した。
「魔王だ!」という出久の声を合図に、八百万の作った魔物兵人形が舞台袖からわらわらと登場し、客席側からステージにクラス全員が押し寄せた。


 グラウンドベータから戻る帰り道。
 勝己はオールマイトの後ろを出久と並んでついて行った。
 出久の手足は爆破による火傷で赤く腫れ上がっている。俺がやったんだ。とはいえ、出久も思いっ切り殴りやがったから、おあいこだ。
 口の中で血の味がする。ジャリッと砂の感触がしたので、地面に血混じりの唾を吐いた。
オールマイト、いつから見てたんだ」と勝己は訊いた。
「君が罪悪感を吐露したあたりにはいたよ。本当にすまなかった」
「ほぼ初めからじゃねえか。あんた止めねえのかよ」
「止めるべきなのかもしれなかったけど」オールマイトは振り向いた。「止めたくなかった。君達には必要なことだったんだろう」
 最初の授業の時だって、俺の暴走を止めなかった。オールマイトの基準はズレている。でもそのズレに俺は救われている。
「あんた、先生に向いてねえわ」
「かっちゃん」出久が困ったように言った。
「そうだね。相澤くん怒ってるよ。でも私のせいでもあるんだし、何とかとりなすよ」
「いらねえ、俺が全部悪いんだからよ」
「かっちゃん、でも応じた僕も悪いんだよ」
「全部俺のせいだっつうんだ!クソが!てめえはすっこんでろや」
 てめえを呼び出した時から、退学でも停学でも覚悟の上なんだ。イラッとする。でも腹は立たない。わかっちまったからだろう。
 俺のやることは変らねえと言ったけれど、本当は変わっちまった。出久を捩じ伏せればいいと思っていた。それが目的になっていた。でも縋りついて無理やり相手をさせた対決に達成感はなかった。
 秘密を分けあって知った。出久はOFAの新しい宿主なのだ。もう目的が達成される日は来ないのだ。
 すうっと心に吹き抜ける風。理解とは諦めに似ているのかも知れない。
 脱線していた目的が元に戻っただけだ。てめえのように、真っ直ぐに前を見て行けばいいと。もうそうするしかないのだと。
 代々受け継がれてきたDNA。DNAを取り込むなんて生々しいなと思う。そういう意味ならば、俺は何度も出久の中に俺のDNAを注ぎこんだんだ。髪の毛と精子は全然違うけれど。
 でもてめえの中には何も残せなかったんだろう。
 肩を並べた隣で、大きな目で出久が俺を見つめる。昔みたいに。
 ガキの頃からてめえが俺に向ける視線が心地よかった。どんなに邪険にしてもついてくる。俺は、てめえが俺に好意を持っているからだと無邪気に信じていた。
 瓦礫の下から人々を救う、オールマイトのニュースを一緒に見るまでは。
 あの時、出久は俺を見るのと同じ目でオールマイトを見つめていた。
 胸がざわついた。てめえはファザコンなんだ、と思った。無自覚にか自覚しているのか知らないが。めったに会えない父親のかわりに、指針となる存在を求めているのだ。はじめは俺だった。次はオールマイトなんだ。
 オールマイトに出会ってからてめえは変わった。俺を否定し始めた。もう俺を必要としないのだ。もっと父親的な存在を見つけたから。
 てめえが仰ぎ見る地上最強の男。俺はオールマイトを超えてやる。それ以外にてめえを取り戻す術はないんだ。
 その手段さえ見失ったのは、ヴィランに攫われた時だ。俺のせいでオールマイトが力を失った。そんなことは望んじゃいなかったのに。俺は超えたかった。強くなることを望んだだけなんだ。
 てめえは俺を見なくなった。もう俺を許さないのだろうか。弱い俺を見放すのだろうか。てめえは俺をどう思ってる。オールマイトを壊した俺を。このままもう二度と俺を見なくなるのか。
 出久は俺に近寄らない。俺には近付く資格はない。俺からてめえに近寄れないのなら、側に寄る機会はないんだ。悪態もつけない。睨みつけるだけだ。腹の底に渦巻く苦しみはどこにもいけない。
 この俺が出久を失う。こんな事態はあり得なかった。話すことも視線を交わすこともなく。負い目を持ったまま距離だけが開いてゆくのか。
 限界だった。結局はてめえにぶつけるしかなかったのだ。
 出久は何も気づいてなかった。
「君が責任を感じて悩んでたなんて思わなかったよ」と出久は言った。
「俺を鉄面皮だとでも思ってやがったのか」
「ごめん、思ってたかも。君はタフだから」
「クソが!」
 あっけらかんと言う出久にムカついて、ペシリと出久の頭を叩く。こっちは頭ン中ぐちゃぐちゃになっていたってのに。
「君のせいじゃないよ、爆豪少年」
「わーってるってんだ、オールマイト。デク、てめえが強くなんなら、俺はその上をいく」
「じゃあ、僕はその上をいかなきゃ」
 頭を摩りながら出久が言う。
 今まででは考えられないくらい、まともな会話だ。まるで普通の幼馴染のように。少し、てめえに近づけたのか。近づいていけるのか。

 どのくらい近づいたんだろう。あれから時々距離を確認する。
「おいデク、てめえは」
 俺のことを、と問おうとしては躊躇する。
「何?かっちゃん」
「何でもねえよ」
 俺の逡巡をよそに、やっぱりてめえは俺の聞きたいことに答えねえんだ。てめえが俺をどう見てるかじゃねえんだ。
 てめえは俺のことをどう思ってるんだ。出久。


 直前リハーサルが終わり、クラスの奴らがぞろぞろと講堂を出て行った。
 帰る時間までまだ時間がある。何処で時間を潰そうか。
 出久はまだ舞台の裏にいるようだ。セットの裏でひそひそと声が聞こえる。竜の張りぼての側で、出久が話しているのは轟だ。足を忍ばせて近寄ってみた。
「僕とかっちゃんの幼馴染設定だけど、必要なのかな」
「必要だろう。キーになるキャラと主人公に何らかの因縁があると、ドラマチックになるしな」
「それはスターウォーズでもあるから、理解できるんだけど」
「それに、演技に反映できるように、メイン役者の設定は本人のバックボーンに合わせてるらしいからな。俺は父親である王に反抗して出奔、飯田は騎士である憧れの兄を目指して武者修行、麗日は両親を手助けするため魔女を目指す。浮かす個性生かして、箒に乗って空飛ぶ魔女ができるからってのもあるな。気持ちが分かるほうが演じやすいって、脚本の奴らが考えたんだろう」
「うん、それはわかるんだけど」出久はポツリと言う。「僕とかっちゃんの役はどういう仲なんだろう」
 俺の話かよ。気になってつい聞き耳を立てる。
「一般的な幼馴染と思えばいいんじゃないか」轟が言う。
「それってどんな感じなんだろ。難しいな。僕らは普通じゃなかったから」
「うちも普通の親父とは言い難いけどな。役と切り離して考えてもいいんじゃないか」
「うん。でもちょっとね、考えちゃって。それに魔物に向かって共闘する前にかっちゃんに言う台詞も、どういう気持ちで言えばいいのか、わかんないんだ」
「真面目なのはいいが、考えすぎるなよ」
「僕ね、轟くんちみたいに、いつも家にお父さんがいるのちょっと羨ましいんだ。君とお父さんの関係は難しかったって知ってるけど、僕は子供の頃から、ほとんどお父さんと会えないから」
「隣の芝生って奴だな」
「うん、お父さんよりかっちゃんとの思い出の方が、ずっと多いくらいだよ」
「お前らの関係は俺と親父のよりも、ややこしくみえるけどな」
「うんまあ」出久は苦笑している。「かっちゃんとは色々ありすぎたんだよ。僕の中で彼の存在は大きすぎるんだ。おかしいかな」
「いや、過ごした時間で情が移るものだからな。良くも悪くも」
「うん」と出久は相槌を打ち、ぽつりと続ける。「だから、情が移ってしまったんだよね」
 なんだと、デク。
 出久の言葉に、勝己は声を出しそうになった。情が移っただと。息を吸い込んでこらえる。
「あいつに比べれば会っていくらも経ってねえけど、お前の存在も俺には大きいぜ」轟が言った。
「轟くん、ありがとう。嬉しいよ」
 ぽんぽん、と出久の肩を叩いて、轟はステージを降りて行った。
 出久はまだ戻ろうとせず、皆の衣装を畳んでいるようだ。
 こっそり聞いてしまった轟との会話。二人とも気づいていなかったのだから、知らないふりをすべきなのだろう。
 だがそのつもりはさらさらない。俺には言わない出久の本音だ。直接本心を確かめないではいられない。
 情が移ったのだと、確かに出久は言った。あれは俺達の関係を指してたんじゃないのか。
 流石に中学生の頃に、俺と身体の関係があったことまでは、轟には言ってないだろうし、奴も気づいていないだろう。昔のことを何も知らない奴にだからこそ言えたんだ。
 轟が講堂を出て行ったのを確認し、勝己は出久の側に歩み寄った。足音に気づいて出久は振り向き、目を見開く。
「かっちゃん、いたの?いつから?」
 吃驚させたのだろう。出久の手から衣装が滑り落ちた。
「お前らが話し始めたところからだ」
「ええ!あ、あー、そうなんだ。かっちゃん。じゃあ、僕はもう行くね」とそそくさと立ち上がり、小走りに去ろうとする出久の腕を「待てや、コラ」と掴んで引き止める。
「てめえとは色々あったよな。昔っからよ」
「うん、そうだ、ね」
「てめえ、俺に情が移ってんだって?」直球で問うた。
「いや、その」
 出久は狼狽して視線を彷徨わせる。もっとはっきり言ってやるか。
「あんだけセックスしたもんな。情も移るか。移るよな。俺もそうだったからよ。なあ、デク。どういう意味だ。ちゃんと言えや」
 逃げは許さない。本心を吐くまで離さない。掴んだ腕に力が籠もる。出久はきゅっと唇を引き結んでいたが、溜息をつくと、漸く口を開いた。
「君には絶対に言わないつもりだった。僕は君に好意を持ってたよ」
 でも、だから、と出久は俯いて口籠る。勝己は辛抱強く答えを待つつもりだった。だが邪魔が入った。
「おい、緑谷、行かねえのか」
 講堂の出口の方から、轟の呼ぶ声が聞こえる。
「クソが!」思わず勝己は悪態をつく。
「うん、行くよ」と出久は轟に返事を返す。「じゃ、かっちゃんあの、手、放して」
 まだ、言葉の途中だろ。全部聞いてねえよ。離そうとしない勝己の腕を振りほどこうと、出久は腕を振る。畜生、仕方ねえ。本心は聞いたんだ。解放してやると、出久は転がるように走って行った。
「あいつ、マジかよ」
 出久は好意と言った。俺を好きなのかあいつは。いや、だから俺に抱かれてたのか。だよな。でなきゃ何度もやらせやしねえよな。
 肌を合わせるほどに執着が沸いた。あいつの体温に匂いに溺れた。溺れてたのは俺だけじゃなかったのか。てめえもだったのか。ならまた欲しいと思っていいんだよな。
 だが、出久の言葉の続きが引っかかる。てめえはなんと言おうとしたんだ。


第2章


 文化祭一日目の朝。祭日和の雲ひとつない晴れた空。
 午後のラストのプログラムであるA組の劇は滞りなく進んだ。
 第四章は全員がステージに上がって乱闘するシーンが山場だ。舞台上の出久、勝己、轟、飯田、麗日以外は、見つからないように客席に隠れ、掛け声を上げながらステージに突入した。
 魔王が登場すると勝己は人間の側につき、周囲の魔物と戦う展開だ。自分は魔物じゃなく、魔物と同じ山に移り住んでいただけだとかなんとか、出久と掛け合いしながら立ち回る。魔王に二人でとどめを刺すシーンは大いに盛り上がった。爆音を流してスクリーンに映った映像を消すだけだけなのだが。
 台詞で大きなミスをする奴もいなかった。ちょっと怪しい奴もいたが、勢いで乗り切ったようだ。
 台詞といえば、出久が拘ってた台詞はどれだったんだろう。掛け合いの中に、引っかかるような台詞は特に思い当たらない。
 カーテンコールも済んで幕が降りたところで、勝己はステージから出久を連れ出した。盛り上がってるクラスの奴らは気づいてないようだ。
 出久は「かっちゃん、戻らないと」と狼狽えたが、「昨日の話の続きだ」と人目につかないステージの裏に連れ込んだ。
 通路にはセットや大道具が所狭しと立てかけてある。通り過ぎて隅に連れて行くと、出久の背を壁に押しつけた。
 掴んだ腕が熱い。身体の芯が疼く。暫く忘れていた感覚が蘇ってくる。
「デクてめえ、俺が好きなんだろ。そう認めたよな」直球で問うた。
「かっちゃん、それは」
 言いかけて出久はまた口籠り、目を逸らす。煮え切らない態度に苛つく。てめえ、今更誤魔化すつもりかよ。
「こっち見ろや」と顎を掴んで上を向かせる。
 至近距離。今の出久の瞳に怯えの色はないが、視線はふらふらと迷い戸惑っている。
 揺れる緑の瞳に誘われるように、唇を重ねた。濡れたやわらかな感触。肩を抱き、下肢を押し付ける。何度も身体を重ねて知りつくした体温。下半身が熱くなり、ズボンの中で性器が頭をもたげた。やべえ、このままやっちまいそうだ。静まれクソが。
 唇を離して出久の顔を見つめる。頬がさっきより赤らんで見えるのは、気のせいではないはずだ。勝己は出久の両肩を掴んだ。
「情が移ってんだろデク。俺も同じなんだ。てめえもだってんなら」出久の耳元に囁く。「またつきあえや。俺と」
 ひゅうっと出久から息を呑む音がした。今ならなんら問題ないはずだ。俺はてめえがいいんだ。周り道をしたが、やっとてめえの気持ちが分かった。なら中学生の時と違って、上手くやれんじゃねえか。
 だが出久は腕を突っ張り、勝己の身体を突き離した。
「ないない、かっちゃん、ありえないよ」
「はあ?何故だ!」
 意味が分からねえ。出久は胸に手を当てて、シャツの合わせ目を掴んで俯いた。何かを隠すかのように。
「てめえ、俺が好きなんだろ!」勝己は頭に来て怒鳴った。
「そ、好きとかじゃなくて、好意を持ってたと思ってたんだ」
「ああ?同じことだろーが。今更誤魔化してんじゃねえよ。認めただろうが。俺もそうだっつってんだろ。問題あんのかよ。あんなら理由を言えよ!」
「代償行為だったんだよ、かっちゃん」
「はあ?情が移ったことか、好意とやらか、何の代償だってんだ。違いあんのかよ」
「僕にとってあの頃の君は憧れで。目指す目標だった。普通はそういう対象は父親なんだろうけど、うちはあんまり会えなかったから、他に目標が必要だった。僕は目指すべき理想像が欲しくて、君にそれを見ていたんだ」
 それは、俺がてめえに思っていたことだ。自覚してたのか。俺が出久を分析していたように、出久も自己分析していたのか。だが、それがどうしたというのか。
「俺はてめえの親父じゃねえよ」
「もちろん、本当に父親だなんて思ってないよ。目標だと掲げて、君自身を見てなかったってことなんだ。でもグラウンドベータで君と戦った時、やっと気付いた。君も僕も普通の高校生なんだって。僕の君への気持ちは違ったんだ。君に僕の理想を勝手に押し付けていただけなんだ。酷いことされても憧れる気持ちは変わらなかった。だから好意だと勘違いしてたんだ」出久は顔を上げる。「あれ、スト、なんとか症候群っていうのみたいに。自分の生存権を握る相手を憎みながらも、無意識の内に好きになろうとするっていう」
ストックホルム症候群かよ」
「そうそれ。恐怖と防衛本能が認識を狂わせてしまうんだろうね。僕は君に憧れていたけど、逆らえば暴力を奮う君が怖かった。性的な遊びを僕相手に君が始めた時も、怖かったよ」
 遊び。てめえは遊びだと思ってやがったのか。
「てめえは拒まなかったじゃねえか」
 突っ込まれんのわかってんのに、呼べば来たじゃねえかよ。マゾかよ。俺に怯えてるのは知ってたわ。だがあの頃だって、大人しく言いなりになる奴じゃなかったはずだ。殴られても反抗する奴だったろうが。嫌なら逃げろよ、必死で抗えよ。
「今だけだ、すぐ君は飽きる、と思ってたんだ。他の人に被害はかからない。僕が我慢すれば済むことで、君をむやみに怒らせたくなかった」
 きつく握りしめた出久のシャツの胸元に益々シワが寄る。「でも終わりが見えなかった」
「終わりなんざねえはずだったわ」
 終わらせる理由なんてなかった。てめえが応じるから、抱きたくてたまらなかったから。てめえを知りたかったから。
 でもいくら抱いてもてめえがわからなかった。
「だから、自分の心を守ろうとしたんだと思う。自衛のための間違った心理状態なんだ。本物じゃなくて紛い物だ。恋じゃない。恋なわけがないよ。好きでなくたって勃つんだ男は。セックスできるんだから。君もそうなんだよ。ただ肌を合わせたから情が移ったんだよ。そんなの駄目に決まってる」
「何が悪いんだ。身体とか心とか、ざっくり分けられるわけねえわ」
「情なんかじゃなく、僕は君が本当に大事なんだよ」出久は言い聞かせるように言う。「僕にとって幼い頃の君は、とても大事な位置を占めてたんだ。壊さないでよ。大事なんだ。壊したくない。他ならない君に、もう壊して欲しくない。もう二度と間違えたくない」
 出久は否定する。出久自身だけではなく、俺の気持ちまでも否定する。腸がふつふつと煮えくり返る。
「てめえ、クソが!オレが間違えてるって言いてえのかよ。馬鹿にすんじゃねえよ。てめえに俺の何がわかんだ」
「だってそうだろ。君は僕の身体を使ってマスターベーションしてただけじゃないのか」
 かっと頭に血がのぼった。「デクてめえ!死ねやあ!」と叫んで飛びかかって、その後のことはよく覚えていない。
 気付いたら出久に馬乗りになって殴りかかっていた。騒ぎに駆けつけたクラスメイト達に止められても、勝己は怒鳴り続けた。


「クソが!」
 部屋に戻るなり、勝己は吠えた。
 部屋は防音設備が完備されている。相当の音でなければ外に漏れはしない。
 だからあらん限りの声で怒鳴った。
「クソが!クソが!勝手なこと言いやがって!出久の野郎!」
 ようは今の俺は認めねえってことじゃねえか。
 なんであんなこと言っちまったんだ。おまけにキスなんかしちまった。言い訳しようがねえ。あいつの瞳に誘われるようにやっちまった。
 いや、言っちまったもんはしょうがねえわ。今更誤魔化すつもりはねえ。
 関係が拗れなくても、俺はあいつにいつかは手を伸ばしただろう。何をしても俺についてきたから、俺と同じようにあいつも俺を想っていると信じていたから。多分、それだけは信じていたんだ。
 なのに今更違ったのだというのか。あの頃のあいつが俺に向ける感情は初めっから違うもので、ずっと誤解していたと言うのかよ。
 今更、今更だ。てめえは違ったとしても。もう俺は溢れてしまったてめえへの気持ちを、元に戻すことなんてできない。ずっと押さえて来たんだ。
 たとえ無自覚であったとしても、てめえは俺を騙してたんだ。
 ベッドに横になると、スボンのチャックを下ろして下着に手を突っ込み、性器を握った。上下に擦り、屹立させる。雁首を捻るように撫でて扱く。
 さっき抱きしめた出久の体躯を思い浮かべると、ぐんと手の中の肉棒が太くなった。キスを、柔らかな唇の感触を思い出す。太腿で押し上げた股の感触も。熱が集まり、硬くなる。自分の下に組み敷いた身体。押さえつけられた出久が、熱を帯びた目で見上げる。怯えた表情に反抗的な瞳。捻じ伏せて意のままにする。何にも変えがたい快楽。身体を貫いて心を貫いて、一瞬だけ所有欲を満たす。
 勝己は唸り、先端を掌に包み込んで射精した。掌を濡らす温かい白濁。荒くなった息を整える。手の中で、膨張が解け柔らかく戻ってゆく性器。
 マスターベーションしてただけだろ、という出久の言葉が脳裏を過ぎる。
「クソが!」
 頭にくる。精液を拭き取り、ティッシュをゴミ箱に投げ捨てる。
 勝己は電灯の光に手を掲げた。燃えるように赤く透ける皮膚。この掌から生まれる爆破の個性であいつを苛んだ。この指で肌に触れて濡れた最奥の体温を弄った。
 どんな形であれ、いつもあいつに触れていた手だ。
 畜生が。気づかせやがって。忘れようとしたのに。俺は出久をまだ手に入れたいんだ。俺のものにしたいんだ。
 だが何故なんだ。何故あいつだけをこんなにも欲しいんだ。

 あいつは気づいたんだ。そうだろうよ
 俺を嫌いこそすれ、好きになるわけがねえんだ
 憧れってやつがあいつの目を眩ませていたんだ
 年月が経って冷静になって気づいちまっただけだ
 あまりにも早くに出会ってしまったんだ
 恋というものを知る前にどうして恋を認められるんだ
 気になってしょうがなくて、苛々させる存在をどう捉えられるってんだ
 幼い心を奪われれて絡め取られて、どうしていいのかわからなくなったんだ
 てめえだけが俺を仰いでるだけなら、俺が時折てめえに惑うくらいならよかった
 てめえが離れていくことで動揺する俺に気づきたくなかった
 俺の方があいつより上だと根拠もなく信じていた
 俺のものだと思い込んでいた
 ああ!クソがクソが!
 姿を求め声を求め、面影を夢に見る
 俺がてめえを抱いて夢中になっていたときに
 てめえは何を感じていたんだ
 てめえの身体を使って自慰をしてるだけだと、思ってやがったのか
 ふざけたことを言いやがる
 てめえじゃなくていいならとっくにそうしてるってんだ
 他の奴じゃダメなんだ。
 てめえに触れてる時だけ、俺は俺でいられたんだ
 また俺から逃げんのか、デク


第3章


「昨日の劇はよくやった。正直、思った以上の出来栄えだったぞ」
 相澤先生に褒められて、教室内の空気が和む。
 文化祭二日目の朝のショートホームルーム。昨日の緊張した顔から一転、今日のクラスの奴らの表情は弛緩している。
「いやあ、俺らもやればできるんで」と誰かが調子に乗ったところで「しかし演技力は全然だったな。セットや衣装で、八百万の個性に頼ったところが大きいのは否めない。次やるのなら、個性に頼りすぎないようにな」とぴしゃりと戒められる。
 褒めて落とすか、流石教育者だ。しかし、劇の出来はともかく昨日は散々な一日だったぜ。勝己は舌打ちする。出久とは寮での朝食の時に顔を合わせたが、腹が立ってずっと口をきいてない。
「さて、本題だ。劇も終わったし、今日はお前ら全員暇だろう」
 相澤先生は教室を見回した。普通科ならクラスの活動が終わっても部活のシフトがあったりするが、A組で部活に入ってる奴はいない。
「他のクラスの出し物を見に行こうと思ってました。なんでしょうか」挙手して飯田が訊いた。
「実はお前らに手伝ってもらいたい仕事があってな。昨日、早朝から夕方まで怪しい人影が学校の周りをうろついていたらしい」
 ざわっとクラスが騒つく。飯田が勢いよく立ち上がった。
ヴィランですか?」
 片手を上げて飯田を制すると、相澤先生は続けた。
「わからん。勘だがヴィランの可能性は高いな。今日はそいつはいないんだ。諦めたのならいいんだが、ひょっとしたら、客に紛れて既に侵入したのかも知れん。」相澤先生は声を低める。「もしくは客を使って侵入したか」
「セキュリティは万全ですよね。以前も」と出久は言いかけて「あ、その」と慌てて口を噤んだ。
 相澤先生は出久に構わずに続ける。「ああ、だが万が一のこともある。ヴィランは総じて執念深いし、外部の客が入るイベント事は狙われやすい。用心に越したことはないからな。悪いがお前らに、ふたりずつ交替でパトロールをして欲しい」
 ふたりずつと聞いて嫌な予感はしたが、案の定、勝己は出久とペアにされた。ふたりを職員室に呼ぶと、相澤先生は監視カメラの映像を見せながら説明を始める。
「まずは爆豪と緑谷、お前らは校内を回ってくれ。コイツをもし見かけたら、絶対に戦ったりするなよ。すぐに知らせろ。外は俺達教師でパトロールする」
「なんでデクとなんだ」
 勝己は苦々しい思いで抗議し、背後に視線を送る。出久は慌てて目を伏せた。
「お前らもう仲悪くないだろうが」
「はあ?どこ見て言ってんだ。良くもねえよ」
「仕事で仲良しと組ませる理由はないぞ。それから緑谷、さっきもだが、お前は迂闊なとこがある。気を抜くな」
「はい、先生」出久はちらっと勝己を伺う。「すいません、頑張ります」
「確信がないから言わなかったんだが、カメラに映っているこのヴィランに、見覚えがある気がするんだ。個性は不明だが、気をつけろよ」
 ふたりは職員室を出ると、早速パトロールを始めた。出久はぽてぽてと後ろを付いてくる。落ち着かない。苛つくよりも胸がざわつく。
 早足で歩いて引き離そうか。いや、聞きたいことがあるな。勝己は歩を止めて、出久と足並みを合わせた。隣に来た勝己に出久は戸惑っている。
「おいデク、以前の文化祭でもヴィランが出たんだな」
 勝己の言葉に出久は目を見開いた。やっぱり図星か。
「てめえが水際で防いだってとこか。おい」
 返事を促すように、肩をぶつける。
「知ってどうするの?」
「どうもしねえ。答え合わせしてえだけだ」
 出久は苦笑した。俺の嫌いな出久の表情。隠し事をしてる時の顔だ。
「かっちゃんはやっぱりすごいな」
 出久は顔を上げて、窓の外を仰ぐ。見えるのは雲一つない、秋の始まりの高い空。遠くにある何かを探すように、出久の視線は彷徨う。
「本番のかっちゃん、カッコ良かったよ。ドラゴンの上のかっちゃんも、立ち回りもすごかった」
「うぜえわ。世辞はいらねえ。黙れ」
「あの、かっちゃん。昨日はごめん、言い過ぎたよ」
 勝己は立ち止まった。出久も歩みを止める。
「へっ。何を謝ったりしてんだ。マスターベションつったことか?てめえの本心なんだろうが」
「かっちゃん、だから言い過ぎたって…」
「てめえが本気で嫌がってたんならなあ、俺だって何度もしてねえよ。呼べば毎回のこのこついてきやがって。てめえもやりたかったんじゃねえのかよ!」
「それが、おかしくなってたってことなんだ。そう言ったよね」
「俺のことが好きでなくて、勘違いだったってんなら、性欲で動いてたんだろ。てめえの本能も否定しやがるのか!」
「せ、性欲って、声が大きいよ。かっちゃん」
「誰もいねえわ」
「す、好意がなかったわけじゃないよ。だから、君とのまともになった関係をなくしたくないんだ」
 受け入れなければ今の関係すら無くすぜ、と言ったらこいつはどうする?いや出久は頑固だ。納得せずに受け入れるくらいなら、無くす方を選ぶんだろう。そういう奴だ。また耐えられないのは俺の方なんだ。返事をしない勝己に、出久は続ける。
「君との関係を構築しなおしたいんだ。かっちゃん。同級生として、君と向き合いたいんだよ」
「ああ?何をどうしなおすってんだ。その先に何があるんだ」
「今はそうしたいとしか言えないよ」
「その先に、てめえが俺のもんになる選択肢はあんのか?」
「わ、わからないよ。その時にならないと」
 どこまでがこいつの本心なんだ。
「長くは待てねえぞ。俺は気が短けえんだ」
「うん、でも、少なくとも、中学の時の延長線上では付き合えないよ。あんなのは紛い物の関係だ。あの関係の先には何もない。普通好きな人に、あんな風にはしないだろ。いくら君だって」
「普通なんて知らねえよ!てめえしかいなかったのによ」
 気まずい沈黙が流れる。ふたりは黙ったまま並んでパトロールを続けた。
 各教室もお化け屋敷やコスプレ喫茶店や脱出ゲームや、工夫を凝らした企画をしている。人気のある教室は、廊下も教室の中も人混みで溢れていたが、怪しい客は混じってはいないようだ。A組の奴らも客になって並んでいて、「おお、お前ら二人で回ってんのかよ」と言われ、「仕事中だ、クソが」と顔を顰めて言い返した。
 勝己の心は千々に乱れる。求めて止まない存在を隣にして身体が渇く。あの頃は憤懣を出久本人にぶつけた。出久の心を踏みにじり身体を貪った。
 一方的な行為だっただろう。でもてめえも俺も同じように、求めているんじゃないのか。なのにそれを嘘だと否定するのか。
 自覚させられた思いは、どこへ向ければ良いのだろう。情が移ったってんなら、それでもいいんじゃねえのかよ。てめえはどうなんだ。てめえのせいで俺はまた惑うんだ。
 廊下の突き当たりまで来ると、人込みが途絶えた。交替まで時間が迫っている。
「二手に分かれようか」と出久は言った。
「指図すんじゃねえよ!クソナードが」勝己は舌打ちして答える。「俺は上に行くわ」
「う、うん。じゃあ、僕は下に行くね」
 出久は階段を降りていった。階下から「迷子になったの?」と出久の声がする。手摺から覗くと3、4歳の子供が1人だけでいるようだ。出久は呼びかけて近寄っていった。
 迷子くらいあいつ1人で大丈夫だろう、と階段を登っていこうとした時だ。
 出久のいる方向から悲鳴と爆音が轟いた。
「いきなりかよ。クソが!デク!何があった!」
 勝己は手摺に手を掛けると、飛び降りて階下に走った。
 視界が土埃に遮られる。天井からバラバラと瓦礫の屑が落ち、壁にひびが入っている。窓硝子が粉々になって床に散っている。
 出久が個性を使ったのだろうか。それともヴィランか?
 土煙の先に出久が倒れているのが見えた。
 服が裂け、シャツは血塗れで床に血溜まりができている。
「クソが!おい、ヴィランが出たのか。何とか言えや」
 光が反射して、無数の針状のものが空中に浮かんでいるのが見えた。出久を包囲している。窓硝子の破片か?いや、違う。
 ぞくりとした。あれはヤバイもんだ。
「かっちゃん」と出久が顔をもたげた。
「どうした!、爆豪、緑谷」
 轟と飯田が駆けつけた。次のパトロールの2人だ。真面目な飯田のことだ。早めに集合していたのだろう。
「子供が叫んで逃走してきたぞ。何があったんだ」飯田が言った。
「その子、その子を追って」と出久は叫んだ。「攻撃はしないでね。多分ヴィランじゃなくて普通の子供だ」
「わかった。爆豪君、轟君、後を頼む。」
 飯田は爆走して引き返した。
 その足音に反応したかのように、出久の頭上に無数の針が降り注ぐ。
「クソが!」
「伏せろ緑谷!」
 出久が頭を下げた瞬間、轟はその頭上すれすれに炎の絨毯を敷いた。
 全ての針が赤い舌に舐めるように焼き払われた。
 針は消し炭になり、ぼろぼろと崩れる。
 はあ?何してやがんだ。
「バカかお前!全部焼いちまったら、正体がわからなくなるじゃねえか」
 勝己は怒鳴った。こっちはそれで躊躇してたってのに。
「そうか、サンプルが必要だな」
 轟は炎を消し、凍らせて消火する。
 氷柱が出久を囲むように聳え、黒焦げの針が中に閉じ込められた。
「焦げてない針もあるかも知れねえ。だが探すのは後だな」轟は出久に駆け寄ると尋ねた。「何があった、緑谷」
 出久はよろけながら立ち上がる。
「子供が1人でいたから迷子かと思って、声をかけたんだ。でも振り向いた子供の目から、蜘蛛の糸のようなものが抜け出て、 広がって網みたいになって」
 その後、子供は我に返ったように、悲鳴を上げて走り去ったという。
 出久は幾重にも網に囲まれて戦いようがなく、抗ううちに網の目が砕け、細かい針状の破片が降ってきて負傷したらしい。
「破片?さっきのか。網の一部というより、あの針のひとつひとつが、意思持って動いたようだったぞ」轟は首を捻る。
「針が本来の形かも知れない。ヴィラン本人ではなく、客に寄生して、しかも子供を送り込んて来るなんて」
「子供だからって油断しやがったんだろ。クソが」
 悔しそうに拳を握る出久に、勝己は言った。
「う、うん、そうだね。誤算だったよ」
 出久の声が掠れてきた。顔色が悪い。傷口すらわからないような細かい傷から、血が流れ続けている。ポタポタ落ちて、床の血だまりが広がってゆく。
 細かい擦り傷ばかりで大きな傷はないのに、何故出血が酷いんだろう。
「とりあえず保健室に行こう。肩を貸すぞ、緑谷」
「は!まどろっこしいわ」
「え?あ?かっちゃん」
 勝己は轟を押しのけて、出久を肩に担いだ。他の奴に触らせるかよ。
 保健室に到着する頃には出久の意識はなくなっていた。ベッドに寝かせたが、シーツがみるみる赤く染まる。
「やべえな。緑谷の血が止まらねえ。傷を塞がなきゃなんねえし、輸血も必要だ」
「クソが!リカバリーガールは外の保健室出張所にいんぞ。連れてくるか」
 勝己が保健室を出ようとしたところで、飯田が駆けつけた。
「子供は確保したぞ。先生に理由を話して預けてきた。緑谷くんの様子はどうだ?」
 容体を話すと、青くなった飯田は自分がリカバリーガールを呼んでくる、と逆走していった。
「飯田が呼びに行ったぞ」
 勝己は振り向いた。
 目の前の光景に凍りつく。
 出久が起き上がり、轟の首に腕を巻きつけていた。
 キスをねだるように。誘うように誘われるように。
 夢でも見てんのか。くらりと惑う。
 次に頭が沸騰した。なわけねえ、夢じゃねえわ。
「何やってんだ、てめえ!」
 両掌を暴発させて勝己は怒鳴った。
「おい?爆豪、保健室だぞ」轟が顔を向ける。
「あ、れ?僕、何して」
 出久は勝己に気づき、びくりと震えた。腕をほどくと慌てて頭から布団を被る。
「おい、デクてめえ、逃げんのか」
 布団を引き剥がそうとしたが、轟に「落ち着けよ、爆豪」と止められる。
「んだと、てめえもだ、轟!」
「何があったか、説明する。まずは落ち着け」
「クソが!」勝己は何とか気を鎮める。「言えよ、轟、何があった」
「大したことねえよ。お前が外に出てる間に緑谷が目を覚まして、俺に捕まって身体を起こしたんだ」
「出久からやったのかよ」
「ああ、ぼんやりして夢遊病みてえな感じだったけど」
「それだけか」
「他に何があるんだ」
 何でもねえのか。ほんとにねえのかよ。

 輸血を終えたと言って、教室に出久は戻ってきた。
 傷跡は綺麗になくなっている。元々傷自体は多いとはいえ針で突かれたものだ、浅い傷ばかりだったのだろう。
 教室には轟と自分の他は誰もいない。皆文化祭を楽しんでいるのだろう。
 轟が問うた。「身体はもう大丈夫なのか?」
「うん、この通りだよ。心配かけてごめん。あの、かっちゃんも」
 何もなかったように出久はヘラっと笑う。さっきの苛立ちが蘇ってくる。
「うぜえわ、クソナード」
「先生に連絡しなきゃな。下に救護室があるだろ」轟がこちらを向く。
「あ?指図してんのか、クソが!」
「いや、そのつもりはないんだが」
 窓際にいた勝己はふと下に目をやった。丁度相澤先生が校庭を歩いてる。
「おい、相澤先生」窓から首を出して呼んだ。呼ばれたことに気づいてるようだが、相澤先生はなかなか上を見上げない。
「上だ!上!ああ、クソ!」と窓から乗り出して大声を上げる。
「緑谷、気配が違うな。匂いというのだろうか」轟は近寄り、出久の首元を嗅ぐ。「うん、匂い、じゃないな、でもなにか」
 出久の手が轟の肩に手をかけられた。
「さっきから何言ってんだ、半分やろ…」
 勝己が振り向くと目に入ったのは。
 さっきも見た光景だ。
 轟の首に縋り付くように腕を巻きつけ、抱きついている。
「クソデク!てめえ」
 爆破音を轟かせながら「てめえ、何してやがる」と勝己は2人の間に飛び込み、引き離した。
「危ねえな、爆豪」
「え?かっちゃん、僕、…ごめん、轟くん」
 勝己の形相を見て、青くなった出久は、慌てて逃げ出した。
「待ちやがれ!クソデク!」
 勝己はその背中を追う。轟の声が背後から聞こえるが、知ったこっちゃねえ。
 追いかけて、階段の手前で出久を捕まえた。壁に叩きつけ、怒りのままに声を荒げる。
「2度目だ!てめえ、あいつにモーションかけてやがったろ」
「かけるわけないだろ!変なこと言うなよ」
「轟ならいいってのか!クソデク」
「そんなわけない!違うよ。僕は…」
 出久の言葉が途中で途切れた。
 様子がおかしい。
 顎を掴んで顔を上げさせる。目の焦点が合ってない。
「おい、どうした?」
 匂いが、違う?さっき轟が言っていたように。勝己の肩に出久が手を乗せた。
「デク?」
 名を呼ぶとはっと出久の目に光が戻り、「わ、かっちゃん」と慌てて勝己を突き放した。
 勝己は一瞬呆けたが、我に返って怒鳴る。
「何しやがる!てめえ」
 後ずさった出久は頭に両手をやり、泣きそうな面で髪をくしゃくしゃとかき乱した。
「ごめん、ごめん、かっちゃん。まただ。僕おかしいんだ。知らないうちに変な事してるんだよ」


第4章


「戻って来なきゃいいと思ってたがな」
 相澤先生は自分達の顔を見るなり渋面を作った。そんな風に言うということは、戻ってくることを予期していたってことか。追いついてきた轟も一緒に保健室についてきやがった。リカバリーガールは出張所に戻ったらしい。
 勝己の説明を聞いて相澤先生は嘆息した。
「緑谷、残念だが、やはり寄生されていたようだな。寄生生物はあの子供からお前に侵入したんだ」
「あの子は、どうなりました?」開口一番、出久は問うた。
「迎えに来た両親も心配していたし、帰らせたよ」
「よかった」
 てめえの状態も忘れて、出久は安堵したらしい。
「バカかてめえは。良かねえよ。先生、ガキ見つかったのに、帰らせちゃ何もわかんねえだろうが」苛ついて勝己は言った。
「あの子供の個性じゃないとわかったからな。ただ、寄生生物の媒介として使われただけだ。奴が抜けたから普通の子供に戻っていたよ。誰に会ったかも、ここに来たことも何も覚えてないらしい」
「より強い個体、デクに移ったってわけかよ」
「寄生生物は体内にいるはずだ。さっきは緑谷の身体をスキャンしても、何処にも見当たらなかったがな。巧妙に隠れているのか、擬態しているのか、どんな性質の寄生生物なのか、調べなければ分からん」相澤先生は溜息をつく。「なにせ情報が足りない。この個性を持っている敵を捕まえられればいいんだがな。寄生生物はそいつが作ったやつなのか、口田みたいに操っているのか。せめて寄生生物の一部でも、手に入れられれば良かったんだが」
「すまねえ、俺が全部燃やしちまったばかりに」沈んだ調子で轟が言った。
「まったくよお!残らず消し炭にしやがって」
 出久が戻る前に確認しに行ったが、氷漬けにした針も全部炭化していた。下手すりゃ出久も黒焦げだったわ。もっとも、自分が一瞬躊躇している間に轟が片付けてしまったことが一番気に入らない。
「そんな、轟君のせいじゃないよ。僕はほら、全然大丈夫だし」
「ああ?んな訳ねえだろーが!クソデクが」
 どこが大丈夫なんだと勝己は憤る。てめえさっき何しやがったのか忘れたのかよ。
「もしかしたら現場に何が残ってるかも知れねえ。探してみる」と轟は言った。
「頼んだぞ。こっちはとりあえず、もう一度緑谷を調べてみよう。症状に出たからには、奴が見つかるかもしれん」
 出久を残して、轟と勝己は保健室を辞した。「おい」と轟に呼び止められる。おいじゃねえと苛つく。てめえと話すことなんかねえわ。
「んだよ、てめえは焼け跡に行くんだろーが!俺は行かねえぞ」
「ああ、俺だけで行くつもりだ。というか、お前はこの件に関わらない方がいいんじゃねえのか?」
「はあ?てめえ、何言ってやがる」
「緑谷が関わることになると、お前の反応は過剰になる。それじゃ冷静に判断できねえだろ。それに」と轟は続ける「緑谷も望まねえだろう」
「俺は冷静だ。関わろうが何だろうが、てめえに関係ねえわ!」
「緑谷はお前との関係を、もう間違えたくねえと言っていた。昔と同じことは繰り返したくねえんだろ」
「ああ?てめえに俺らの何がわかんだよ」
「高校以前のお前らに何があったのかは知らねえよ。けど、あいつには辛かったんだろうってことはわかるぜ。チャラにして、新しくお前と友人関係を築き直したいっていう、あいつの気持ちを俺は尊重するぜ。俺も親父との関係築き直してえからな」
「てめえの家庭の事情と一緒にすんじゃねえ」
 轟の口から出久の名前が出ると、心底腹が立つ。奴が出久に戦線布告しやがった時からだ。俺以外誰も見てなかった出久を、奴も特別視しやがったからだ。煽られて戦って出久に救われたくせに、落ち着いてやがるからだ。
 一番こいつが気に食わねえのは、出久が求める理想の友人関係って奴を、俺に見せつけてきやがるからだ。
 何も知らねえくせに。友人関係だと?俺と出久が友達なんぞになれるわけねえんだ。くそくらえ。

 何度も試みたんだ
 ただの石ころだと、何度も思い込もうとしたんだ
 川に落ちた時、救われたと思っちまった
 他の奴だったなら何とも思わなかったろう
 否定したかった
 手を差し伸べた出久の姿に、オールマイトがだぶって見えたなんて
 俺の心細さを弱さを見透かすように
 大丈夫、一人じゃない、僕がいる
 うねり光る水面、逆光の中の人影、白い小さな手、木々を伝い響く蝉の声
 いつまでも忘れることのできない光景
 出久がどういうつもりだったのかは関係ない
 俺がそう思った、そう見えちまった
 あの瞬間、あいつは俺の中で特別になっちまったんだ
 出久より上にならなければ、俺は俺を許せない
 上でいればあいつをどうでもいいと思えるはずだ
 この俺があいつを意識するなんておかしいんだ
 だがどんなに石ころだと思おうとしても、あいつは俺の中で存在感を増すのだ
 どこにいても目の端に出久の姿を探す、声を探す
 いつも気になって苛ついて、顔を見れば、気に触る癪に障る
 一人じゃない、僕がいる
 俺に手を差し伸べた瞬間から、あいつは俺の中に棲みついちまったんだ


「おい、デク」と背後から呼んだ。
 保健室の前でウロウロしていた出久は、びくりと反応して振り返る。
「てめえ、なんで教室に戻らねえんだ。検査終わったんだろうが」
「うん、済んだよ。やっぱり何も見つからなかったって」
「しょうがねえ。じゃ、教室戻んぞ」
「戻れないよ。もし女子に抱きついたりしたら、もう僕、恥ずかしくてその子の顔が見れなくなるよ」
「はあ?理由を言えばいいだろうが」
「だって、無理だよ。自分が無理」と出久は首を振る。
 こいつはまだ女子を神聖視してやがんのかよ。馬鹿か。女子っつってもヒーロー目指すような奴らだぞ。
 轟ならいいのかよ、と聞きそうになり、なんとか堪えて勝己は言った。
「おいデク、来い。ここにいたら邪魔になんだろーが」
 図書室に文化祭の展示はないが、閉鎖されてるわけではない。ポツポツと行き場に迷った生徒達が、一休みしている。壁際に並んだ端末の前に出久を座らせ、勝己は隣の席から椅子を持ってきて隣に寄せて腰掛けた。
「なんで図書室に来たの?」
「手がかりがねえなら、寄生生物の性質について調べるしかねえだろ。」
「なるほど、そうだね。何もしないよりいいね」と言ってから、出久は首を傾げる。「でも部屋のパソコンでも調べられるのに」
「図書室ならいくつも監視カメラがあるし、何かあれば誰かが駆けつける。俺も対処できるしな」と言ってから付け加える。「部屋で俺と2人きりでもいいぜ」
「わ、わかったよ。調べよ」
「警戒してんのかよ」
「そういうわけじゃないよ」
 図書室に所蔵してる図書は電子書籍になっているので、端末から全文見ることができる。期限付きの電子データで貸し出しも出来る。紙の書籍もあるが、大多数はデータを選ぶようだ。
 寄生生物で検索すると相当な数の書籍が出てきた。適当に選んでクリックする。

・寄生生物は宿主を己の奴隷にする
 ハリガネムシに寄生されたコオロギは、成長したハリガネムシを放流するために、水に飛び込む。
 クモヒメバチは蜘蛛に寄生して、自分のために網を作らせる
 エメラルドゴキブリバチはワモンゴキブリに卵を産み、生かしたまま食料とし自分のための部屋を作らせる
 フクロムシカニを去勢し自分の卵を育てさせる
 冬虫夏草はオオアリに寄生して、草に登らせて噛み付かせ、周囲に胞子を散布する

 冬虫夏草。ガキの頃に出久が見つけたやつだ。背筋がぞわりとする。こんなのにとりつかれたのだとしたら。
 暫くして出久は「全然頭に入らないよ」と呟いた。「てめえ、真面目にやれや」と勝己は出久の足に蹴りを入れる。
「いた!違うんだ。寄生生物関連書籍の文字列が認識できないんだ。普通の文字は読めるのに」出久は弱音を吐いた。
「ああ?寄生生物はてめえの脳にいるんじゃねえのか」
 言ってからはっと気づく。そうなのか。夢遊病みたいだったと轟が言っていた。自分に抱きついた時も何かおかしかった。出久は頭の中の何かに操られているのか。
「そうかも知れない。嫌だな。今だって気を抜けば、意識をふっと持ってかれそうになる。実を言うと、僕、理性を保つのに必死なんだよ」
「意識を持ってかれたら、てめえはどうなる?」
「わかんない。理性を失えば何をするか。でも多分、さっき轟くんに抱きついたみたいにしちゃうんじゃないかな」
「轟にモーションかけてるみてえだったよな」
「やめてよ、かっちゃん」
「しなだれかかって、腕を首に巻きつけてよ」
「やめてってば。僕の意思じゃないよ」
 あの光景を見て、どれだけ腹わたが煮えくりかえったか。
「構わねえ。俺にやってみろや」
「嫌だよ。絶対に嫌だ」
「散々俺に抱かれてたろうが。轟に出来て俺に出来ねえのかよ!」
「君と轟くんは違うだろ」
 声が大きくなってしまい、静かにと司書に窘められた。舌打ちし、気をとりなおして、端末の画面に向かう。
 寄生生物の奴は出久の中で何をしてえと思ってんだ。目的はなんだ。対処のために寄生生物の習性を知らなくちゃいけねえ。
 てめえを寄生生物の餌にするわけにはいかねえんだ。

・寄生生物は被捕食者を次の宿主である捕食者に狙われやすくする。
 吸虫に寄生されたメダカは、水面で派手に動き鳥に捕食される
 ロイコクロリディウムに寄生されたカタツムリは、改造され動きが素早くなり、物陰から出て鳥に捕食される

・寄生されることで活動的になる例もある。
 マラリアに寄生された蚊は一層獲物を噛むようになる。
 狂犬病の犬が噛みつきたがるのは唾液に菌を持つからである

・幼生と成体で異なる宿主を持つ寄生生物について
 幼生の宿主を中間宿主、成体の宿主を終宿主という。中間宿主では幼生期の発育を、終宿主では繁殖を行う。中間宿主を介さず終宿主に侵入しても成長することはない。
 ロイコクロリディウムはカタツムリが中間宿主で、鳥が終宿主である。
 トキソプラズマは中間宿主が人や豚であり、終宿主は猫である
 寄生生物は中間宿主の中で成長した後に、体外に出て行くか、体内で終宿主に捕食されるのを待つ。
 中間宿主と終宿主の橋渡しの役割のみを果たす宿主を待機宿主という

 ワンフォーオールにとって、デクもオールマイトも中間宿主みてえなもんか。
 正義の名のもとに心を支配して、パワーを与えて命を捧げさせるんだ。そうして、次の宿主に移るんだろう。
 出久、てめえも自分のすべてをOFAに捧げんだろ。オールマイトがしたように。まるで寄生生物が己の目的のため宿主の心をコントロールするみてえじゃねえか。
 継承者はワンフォーオールの奴隷なのだろうか。
 捕食者と被捕食者の関係とは何だろう
 寄生生物を体内に宿す被捕食者が捕食者を求める。
 被捕食者の中の寄生生物が食わせるために捕食者を誘う。
 飢える捕食者のために寄生生物を持つ被捕食者が現れ捕食者は腹を満たす。
 果たして捕食者にとって寄生生物は害と言い切れるのか。

 ポケットの中の携帯がぶるんと震えた。


第5章


「これを見てほしいんだが」と轟が掌に乗せた氷を示した。「氷を融かした後に、まだ廊下の隅に氷塊が残っていたんだ」
 中に針状の物体が閉じ込められている。
 携帯で呼ばれ、勝己と出久は急いで保健室に駆けつけた。轟が手掛かりを見つけたらしいという。急かすふたりに、見てみろと相澤先生は手招きした。
 轟の手の中の禍々しいもの。
「無傷みたいだな。生きてるかもしれない」
 相澤先生は氷塊を受け取ってシャーレに乗せ、慎重に周囲の氷を融かして、出久に見るように促した。
「これか、緑谷」
「はい、あ」くらりと出久はよろけたが、何とか踏ん張り「それです」と答える。
 針がうねうねとくねり出した。
「危ねえ!」と轟が手をかざす。
 相澤先生が個性を発動し、凝視すると針は動かなくなった。ほうっと出久は息を吐く。
 針を透明なケースに仕舞うと、相澤先生は言った。
「校舎の外をうろついていたヴィランのことだが、寄生生物を人に取り付かせる個性を持つ奴だ。指名手配されてるが、今までなかなか尻尾を掴ませなかった。ヴィランのDNAが手に入ったのは収穫だな」
「自分は動かねえで、他の奴を操るわけかよ。けったくそわりい」
 罪のない宿主を盾にするようなやり方だ。卑怯な野郎だと勝己は憤慨する。
「これを見ると、生物というより亜生物というべきか。実在する生き物をモデルに個性で作ったものだな。八百万の個性に似てるが、逆だ。八百万の個性は元素単位から構成して、生物以外の本物を創造する。これは本人の細胞を培養して、亜生物を作る個性だろう」
「生物を創造するんですか。すごい」
 状況を忘れたのか、出久は感心しているようだ。勝己は苛ついて出久の背中を思いっきり叩く。
「てめえ、クソが!感心してんじゃねえよ。わかってんのか。てめえがその個性を食らってんだろうが」
「いたあ!わ、わかってるよ。かっちゃん。でも命を作るなんてすごいと思わない?」
「命じゃないぞ。亜生物だ」相澤先生が言う。「どんなに模倣しても本物の生物じゃなく、本人の細胞に過ぎない。いわば爪や髪の毛みたいなもんだ。元がその個性をもつ人間の細胞だからこそ、本体さえ目視できれば、俺の個性で止めることができるわけだな」
「つまり、緑谷の身体から追い出しさえすれば、捕獲できるんだな」轟が言う。
「ああそうだ。だが、体内の何処にいるかわからない以上、手の出しようがない。せめて体内の潜伏場所の特定が出来れば、いざとなれば手術するなりして対処できるんだが。」
 出久の身体をスキャンしても、何処にいるのかわからなかったのだ。出久の身体の何処かで眠っているのだろうか。そこが脳なのか脊髄なのか心臓なのか。
 活動する様子はない。ならば出久の奇行の意味は。ひとつだろう。
 勝己は言った。「こいつのモデルになった寄生生物は、幼生と成体で異なる宿主を持つやつなんじゃねえか」
「なるほどな。宿主の移動をしようとしているのか。モデルになった寄生生物の性質も模倣してるかも知れんな。調べよう」
 相澤先生はパソコンに向かい、暫くして検索した結果を見せた。
「これだろうな。動物とか4歳以前の子供とか、個性のない個体に食らいつき、成長してから、個性持ちの宿主に移って繁殖するタイプだ。本物は現在はほぼ駆除されている」
「じゃあ、そいつと同じ性質なのかよ。やべえだろ。緑谷ん中で繁殖すんじゃねえのか」轟が心配そうに言う。
「そこが不思議なんだがな。緑谷の中じゃ繁殖していないようなんだ。幼生の宿主を中間宿主、成体の宿主を終宿主というが、緑谷は何故か中間宿主もしくは待機宿主に当たるらしい。寄生生物は繁殖はせず、次の宿主を探している状態だな」
「おかしいだろ。個性に反応するなら、何故緑谷の中では繁殖しないでスルーするんだ?」
「出久がガキなんだろ」と勝己は素知らぬ素振りで嘯く。
 轟は知らないのだ。出久の力は借り物だということを。勝己と出久とオールマイトの3人だけの秘密なのだから。
 そうか、出久は元々無個性だ。OFAを得ても個性因子自体はないのだろう。だから、終宿主にならなかったんだ。寄生生物は子供の中でもう成体に成長したのだ。出久は望まれざる宿主なのだ。なら、個性のある奴に侵入しなかったのは、不幸中の幸いだったと考えるべきなのか。
「僕でよかった」とポツリと出久が呟いた。
 いや、幸いなわけねえわ。ざけんじゃねえ。何がよかった、だ。てめえの呑気さには頭にくるわ。
 出久が寄生生物に侵入されてから、勝己は今まで以上に、出久に引き寄せられる。おそらく轟もなのだろう。出久に抱きつかれていた時の奴の様子は、平常ではないように見えた。
 より強い個体に引き寄せられるのだろうか。それとも宿主になる奴なら誰でもいいのか。どちらにしろ個性持ちに渡ったなら、そいつが終宿主になるんだろう。
 それが奴の狙いならば、と勝己は相澤先生に提案した。
「どこにいるかわからない寄生生物なら、次の個体に移動する瞬間がチャンスだ。寄生生物をおびき寄せ、移動するときに捕まえるしかねえだろ。そいつがデクから移動する瞬間を狙えばいい」
「なるほどな。なら俺が囮になろう」
 勝己の案に乗って轟が言いだした。何だこいつ。おれが先に言ったんだろうが。
「ざけんなてめえ!」
「ダメだよ。もし捕獲できなくて君に移ったら繁殖するかもしれないんだろ。そんなのダメだ」
 出久は首を振る。相澤先生も有無を言わさない口調で言う。
「緑谷の言うとおりだ、轟。これ以上生徒を危険な目に合わせるわけにはいかない。どんなタイミングで移動しようとするかも不明なんたからな。とりあえずお前らは教室に戻るんだ」
「ああ、わかった」轟は渋々といった様子で戸を開け、勝己の方を振り向いた。「爆豪、行かないのか?」
 勝己は轟を睨み、出久に視線を移した。出久は所在無さげに戸惑っている。轟は答えない勝己を暫く見つめて、先に行ってると静かに言った。
 轟が保健室を出て行くと、勝己は口を開いた。
「俺が囮になる。あんたはそれを阻止するんだ、先生」
「お前な。駄目だ危険すぎる。許可できん」
 相澤先生は眉を顰め、厳しい表情になった。勝己は拳を握ると相澤をまっすぐ見据える。
「デクん中にヴィランがいるなんて、気色悪くて我慢できねえんだ」
「ちょっと待ってよ」と出久が慌てた。「僕がおかしくなったの、見てるだろ。君や轟くんに抱きついたんだよ。あんなの、先生達の見てる前でなんて、嘘だろ」
「ああ?てめえ、仕方ねえだろうが。おい、先生!」
「駄目だ、駄目だよ」と必死で出久は首をぶんぶんと振る。「危険過ぎるよ」
「さっきも言ったがそれはないな」と相澤は嘆息する。「これ以上、生徒を危険に晒すことはできない。戻っていいぞ、二人とも。手段はなんとか考えよう」
 ふたりは保健室を辞した。歩き始めた勝己の後ろを出久は付いてくる。
「早く来い」と勝己が言うと、
「うん」と答える。
 いつかのように。
 遠く、文化祭の賑やかな声が聞こえる。
 職員室のあるこの階の廊下には、自分たちの他には誰もいない。
 出久の上履きが後ろでペタペタと音を立てる。
 出久とふたりきりになったな、と思う。
「おいデク」
 返事がない。
 足音が止んだ。出久が立ち止まったのだ。
 ゆっくりと振り返る。
 出久の虚ろな視線が彷徨う。
 やっぱり来やがったな。
 こいつはターゲットが一人になったと認識したら出てくるんだ。他の奴がいると出てこねえ。保健室では俺が出て行って轟とふたりになった時、教室では俺が窓の外の先生を呼んでいる隙に出やがったからな。
 勝己は踵を返して歩み寄り、出久の身体に手を伸ばした。ふわりと匂いが漂ってくる。捕食者を誘うフェロモンのようなものなのだろう。
 出久の腰を抱きしめ、引き寄せて両腕を背中に回す。すっぽりと腕に収まる出久の温もり。シャツの下の筋肉の感触。足を出久の足の間に入れて太腿で股をじりっと押す。
 出久の腕が勝己の肩に縋り付き、そろりと首に回された。
 止めなければいい。出久が俺を求めてるんだ。
 寄生生物を宿した被捕食者として捕食者の俺を。
 理性など吹っ飛ぶほどの抗いがたい本能。
 宿主は捕食者の心をコントロールする。寄生生物があいつをより美味そうに見せるのだ。鳥の前に腹を見せて翻る魚のように。こいつを喰らえと吠えるんだ。
 出久、俺はてめえの捕食者なんだ。
「限界なんだクソが」小声で囁く。「大人しく犯されろよ、デク」
 出久の瞳が揺れる。僅かに意識は残っているのかもしれないが、それとは裏腹に抵抗できないようだ。
 ボタンを外し、シャツを肌ける。素肌に手を這わせても、為すがままな出久に興奮する。
 頬ずりして、唇に触れる。少し開いた唇に吸い付き、舌を口内に押し入れて、貪るようにキスをする。吐息が熱い。目眩がしそうだ。
 出久の瞳が反転したように見えた。
 いや、白目が黒く何かに覆われたのだ。
 勝己は出久を壁に押さえつけた。これが寄生生物の移動する瞬間だ。
「かかったな!寄生野郎が!俺の他には誰もいねえ。安心して出てきやがれ」
 出久の眼球から蜘蛛の糸のように細い糸が飛び出てきた。
 糸を放出しながら、出久は壁を背にして崩折れる。
「おい、デク。てめえ!寝てんじゃねえぞ!」
 出久の足元の空間に糸が積まれてゆく。霧のような細密な糸。暫くして糸が出なくなった。全て出尽くしだのだろうか。出久の閉じた目から血が流れている。無事か。
 糸がむくりと動き出した。ひと塊になり勝己の方に向かってくる。
 咄嗟に飛び退くと、うねる糸の塊を爆破する。
 だがパラリと崩れても糸はまた寄り集まる。
 細密な蜘蛛の糸のように空中に広がり、編まれ広がってゆく。
「起きろデク!クソカス!」
 勝己は出久を抱き起こし、ガクガクと揺さぶる。
「…ん、起きてるよ。動けないんだ。かっちゃん、僕のことはいいから逃げてよ」
「ああ?何言ってやがんだ。カス!」
 出久は目を開けた。白目は元に戻っているが、酷く充血している。
「頭の中からそいつがなくなったからやっと言えるよ。衝撃タイプの攻撃がきかないんだよ。バラバラに解けるだけなんだ。かっちゃん、逃げ、いや、相澤先生を呼んできて」
「てめえ、喋んな、黙れ!」
 クソが。逃げられるかよ。逃げたらまたこいつがてめえん中に戻るだけだろうが。
 網は2人を包みこもうと狭まってくる。
 勝己は出久を糸の包囲網の外に突き飛ばした。
 よく見ると糸じゃなく、針状の寄生生物が寄り集まって、網状の形を成しているのだ。
 網は勝己の腕に触れてバリバリと皮膚を裂いた。プツプツと血が吹き出す。
「傷を負っちゃ駄目だ。本体が傷口を狙ってくる」
「ってーな!これは本体じゃねえのか」
「多分、武器だ。寄生先への侵入ルートを作るための」
「きめえ。本体はどこだ、デク」
「網の何処かに包み込まれてる」
 どこから入ろうとするんだ?目からか口からか。皮膚を破って入るなら手や足からか?
 ピリッと皮膚が割かれる痛み。無数の針が服の腕からでも皮膚を刺す。
 さして痛くもないのに、シャツがみるみる赤く染まる。
 血が止まりにくくする何かを出しているのだ。出久の時と同じように。
「クソが!」
「かっちゃん!逃げてよ、かっちゃん」
 出久は這いつくばりながら、勝己の方にじり寄ろうと足掻いている。
 網の中心に針と同じ大きさだが、形の歪な白い塊が見える。
 あれが本体って奴か。クソが!
 続けざまに爆破してみるが、びくともしない。
 畜生が!目視出来てるのに爆破出来ねえのかよ。
 一気に消し炭にするとか、まとめて凍らせるならいけるんだろうか。轟の個性のように。クソ!轟なんかに任せられるかよ。
 網がバラバラと崩れた。爆破、効いたのか?
 だが違った。
 夥しい針の群れは空中に放射状に広がり、勝己を幾重にも取り囲んだ。
「かっちゃん!」
「クソが!」
 針が一斉に勝己に襲いかかる。
 無数の針が皮膚を裂いた。
「爆豪!」
 廊下に響く怒鳴り声。
 途端に針の動きが止まった。バラバラと床に落下して山を築く。
 相澤先生が駆けつけたのだ。
「相澤先生、よかった」出久は身体を起こす。
「いってーな!クソが!」
 安堵したのが悔しく、勝己は足で蹴って針の山を崩す。
 寄生生物は捕獲された。
「よくやった爆豪」ほっとした声で相澤が言った。
「遅えよ!」
「相澤先生、かっちゃんと組んでたの?僕を騙してたの?先生まで?危険じゃないか」
 出久は目を擦りながら、非難めいた声音で問う。
「いや、組んではいないぞ。爆豪は止めても聞かないだろうからな。様子を伺っていたんだ。あれでな」先生は監視カメラを指差す。
「そうなんですか。かっちゃんは、それを見越してたのか、でも…」
「てめえの脳が寄生されてんだとしたら、てめえの中の寄生生物とやらを、本気で期待させねえと駄目だろうが」
 さっきまでの心をもぎ取られるような衝動は止んだ。あの場で本気で出久を抱こうとしていた。寄生生物を持つ被捕食者は捕食者を誘うのだ。抗いがたい力で。
「褒めていいものか迷うところだが。爆豪は自分を囮にしたんだ。なかなかできることじゃないぞ」
「ああ、はい、そうですけど、でも」出久はもじもじと続ける。「ありがとう、かっちゃん」
「へっ!」
 出久の中に他の奴が居るのが、我慢ならなかったのだ。人だろうが、人じゃなかろうが。結局は俺はてめえを求めているのだ。誰にも渡したくねえんだ。
「まあ、いつ出ていっていいものかどうか、迷ったがな」
「なんのことですか?」
 相澤先生の言葉に、出久は首を傾げている。先生が見張ってると知りながらキスしたことか。あん時はもう出久は意識を乗っ取られていただろうから、覚えてねえんだろう。
 ガチでやるわけねえだろうが。けど、やっちまってもいいと思った。途中で止められたから不完全燃焼だ。足りねえ。
 くらりと頭が揺れる。ぽたぽたと血が滴れる。シャツから血が染み出してくる。血も足りねえってか。
「クソが。貧血か。血が出過ぎたみたいだ」
 てか、止まらねえ。そうか、そういう手口か。出血させて、体力を奪い動きを鈍らせ、宿主の抵抗力をなくしてから、本体が取り付く。
 出久だけなら奴を避けて逃げることも出来たはずだ。きっと出久は子供を抱き上げて、両手を使えない状態で襲われたのだろう。子供を逃がした時には遅かったんだ。
「かっちゃん!」と呼ぶ出久の声が遠くなる。
 倒れんな、俺の身体。あいつの前で倒れんな。あいつは強い俺しか見てないんだ。もし俺が弱くなれば。俺を見やしないんだ。

 保健室の天井がぼんやりと見えた。
 大量出血のせいか、目眩がして頭を起こせない。血が不足してるのだ。
 切羽詰まった出久の声が聞こえる。
「輸血なら僕の血を上げて!」
「爆豪は何型だ」
「A型だよ。ぼくはO型だから、僕の血をあげられる。相澤先生!」
 出久は錯乱しているようだ。
「落ち着け、緑谷。型の違うお前のより保管してるA型血液の方がいい。今リカバリーガールが輸血の用意をしている」
「かっちゃんは強いんだ。負けないんだ」
 出久は血相変えてまるで子供のようにただをこねる。相澤先生は珍しく慌てているようだ。きっと先生には、今の出久があいつらしくなくて理不尽に見えるんだろう。
 俺を強くてタフだと信じている。勝つことを諦めないのが君じゃないかと押し付ける。我儘で頑固で融通がきかない。それがあいつだ。出久は信じてるんだ。俺を。
 勝己は怒鳴った。「リカバリーガール、いねえのかよ!」
「ここにいるよ、なんだい」
 奥から点滴の道具を持って、リカバリーガールが顔を出した。
「かっちゃん、起きたんだ」出久は泣きそうな顔だ。
「今すぐ怪我を全部治せや」
 無数の針で刺されたような傷。見えない傷口から血の玉が転がり落ちる。血はまだ止まっていない。
「ひとつひとつは塞ぐのは簡単だろ。塞いじまえば傷なんか」
「いや、緑谷の時より傷が多くて深いんだ。刺さった針の数が尋常じゃない。一度に治せば、お前の体力が持たないかもしれないぞ」相澤先生は言う。
「輸血しながら、ゆっくり直したほうがいいよ」
 リカバリーガールが子供を宥めるように言う。
「舐めんなできるわ」
 あいつが俺を見てるんだ。あいつが俺を信じてるんだ。俺がへこたれるわけにはいかねえんだ。強くなければあいつは俺を見ない。
 俺はどうだ。俺は出久が弱くなったなら。
 ひょっとしたら、歓喜するのかもしれない。
 弱くなれば他の奴らは出久から離れていくかも知れない。でも俺にとってどんな出久でも出久は出久だ。俺は絶対に離れねえ。
 そうなれば出久も俺から離れることなんできねえだろ。中学生の頃みたいに、俺だけのものになんだ。
 ああくそ!思考がぐちゃぐちゃだ。
 雄英の奴らはそんな奴らじゃねえってわかってる。
 たとえあいつが弱くなっても、今更もう手に入るわけねえわ。
 俺は捕食者だったのだ。自覚する前からあいつは俺の獲物だったのだ。いつかは皮膚を囓り肉を噛み裂くのだ。だからあいつは無意識に警戒していたのかもしれない。
 捕食者は獲物よりも運動性能が優れてなければ食いっぱぐれる。だから俺はあいつより強くなければならないのだ。
 一人の人間にとって自分が特別でありたいと渇望するのは、自分にとって相手が特別であるからだ。どんなに相手をつまらない者だと、取るに足らないと貶めようとしても、心の奥底が求めて止まないんだ。
 自分だけが相手の唯一の存在でありたいと。


第6章


 傷は全て治療されたものの、体力を消耗した勝己は半日寝込んだ。目を覚ました時には既に日は傾き、黄昏の橙色に部屋が染まっていた。
「やっと起きたんだね」
 出久が枕元に座っていた。目元が赤いようだ。顔を染める夕焼けのせいか、泣いていたのか。
 保健室の窓の外から音楽が聞こえる。外で何をしているのか、時々歓声が上がった。
「今、後夜祭をしてるんだよ」勝己が問う前に出久は答える。
「てめえは行かねえのか」
「うん」出久は済まなそうに目を伏せる。「打ち上げは行ったよ。皆も君を心配してた。君が回復したら寮でまた打ち上げしようって」
「いらねえよ」
「後夜祭の後には戻ってきて、後片付けするそうだよ。僕も行くけど。あ、そうだ」
 出久は手に持ってた袋を開けて、中を見せた。
「ちょっと食べ物を持ってきたんだ。かっちゃんが起きたらお腹空いてるかなと思って。打ち上げの時の残りだけど」
 そういや腹が減ったな。「寄越せ」と勝己は出久が袋から出したパンや菓子をがっつく。「かっちゃん、お茶もあるよ」と差し出されたペットボトルをひったくるように受け取る。喉を鳴らして嚥下する。冷たさが胃にしみる。
「ごめんよ、かっちゃん」
「ああ?」
「元はと言えば全部僕が迂闊だったせいだ。僕が気をつけてれば、こんなことにならなかった」
「あ?ざけんじゃねえぞ。デク!」勝己は眉根を寄せて睨みつける。「てめえのはてめえのミスだ。俺のは俺の判断だ!謝んじゃねえよクソが。起き抜けに苛つかせんじゃねえ」
 怒鳴ってから、確認していなかったことに気づく。奴は本当に出久の中から抜けたのか。
「てめえん中には、もういねえんだな」
「うん、僕は大丈夫。先生呼んでくるね」
 勝己の身体は完全とは言えないが回復したらしい。「無茶をしたけれども、大したタフネスだね」とリカバリーガールは驚き半分呆れ半分。もう帰っていいと保健室から送り出された。
「かっちゃん、後夜祭行く?寮に戻る?」
「教室に行くわ。来い、デク。てめえに話がある」
 勝己はそう告げて「あ、うん、あの」ともぞもぞと言い淀む出久の腕を掴む。
 夕暮れの教室には柔らかな黄色い光が差し込んでいる。教室には誰もいない。まだ後夜祭は終わらないようだ。
「デク」と名を呼ぶ。怒りを帯びてない声で名を呼ぶのは、随分と久しぶりな気がする。
「何、かっちゃん」戸惑い気味に出久は答える。
「てめえを抱いたのは、マスターベーションなんかじゃねえよ」
「い、いきなり何、その話はもう。かっちゃん」
 狼狽える出久に構わず勝己は続ける。
「てめえがどうだろうとな。俺のやりてえことは変わんねえ。てめえが俺への認識を改めてえってんなら、それまで待ってやる。てめえは俺のもんになるしかねえんだ。逃さねえからな」
「かっちゃん、僕は応えられないよ」
「先はわからねえって言ったのは、てめえだろうが。俺は諦めるつもりはねえ」
 触れてしまったのだ。そう簡単に手放せやしねえんだ。出久は唇を噛んで俯いた。外から生バンドの演奏する音楽と歓声が聞こえる。黙ってんじゃわかんねえよ。勝己は焦れた。
「何だよ、言いたいことあんなら言えや」
「無理なんだ」出久は漸く口を開いた。「君と新しい関係を構築するなんて、無理なんだよ。僕は結局、君を皆と同じようには思えないんだ。認識は変えられない。だから待っても無理なんだ」
「なんだとてめえ!」
「君に情が移った事を、過去の話として轟君に話してたのに。よりによって君に聞かれてしまった。」
「俺のことだろうが。俺が聞いたからってなんだ」
 出久は俯いて言葉を紡ぐ。
「知られても、それだけだと思った。でも君がまたやろうって言うなんて。僕は怖くなった。付き合ったって、また昔の繰り返しになるだけじゃないか」
「ああ?なら待てっつったのはなんだ。俺をその気にさせて、てめえ、この俺を騙しやがったのか」
「できると思ったんだ。本当だよ。でもやっぱり無理だ。僕にとってやっぱり君は君なんだ。僕は憧れるだけで良かったんだ。手の届かない君に。 君が応える可能性なんて有り得なかった。なのに中学の頃、あんな形で僕は君と関係してしまった。心も身体も踏みにじられて、君の形を刻み付けられて、自分の弱さが辛かった。君を怒らせるのが怖かった。君が憎かったよ」
 出久はシャツの合わせ目を掴む。ぎゅうっと掴んで指が白くなるほどに。
「それなのに君に情が移ってしまうなんて。そしたら今度は見捨てられるのが怖くなった。酷い形でも、僕に関わってくるのは君だけだったから。セックスしてる一瞬だけは、君のことが怖くなかったから。でもそんなのおかしいだろ。憧れて憎くて怖くて、僕はどうしたいんだろうって、混乱して自分が壊れてしまいそうだった」
 出久は顔を上げて薄く微笑んだ。
「君との関係が終わった時、ほっとしたんだ。もう僕は抱えきれない混乱から解放されたんだって。だから、もう二度と君に応える気はない。応えちゃいけないんだ」
「てめえ。またかよ。またてめえは嘘をつきやがった!」
 繰り返し繰り返し、俺を偽り続けるんだ。勝己は掴みかかり、出久の首元を締め上げる。なんで俺は嘘ばかりつくこいつが欲しいんだ。出久は抵抗もせずに勝己を見上げる。
「君が眩しいんだ。今も昔も。君は僕を捩じ伏せるために抱いたんだろう。君には一時の気の迷いや好奇心に過ぎなくても、僕は潰れてしまう。また囚われるんだ。僕を否定した君に。呪縛なんだ。そう思うのは錯覚なんだってわかってるのに」
「 はっ!てめえは全部錯覚だった言うのかよ」
「君も錯覚だろ。ちょっと血迷っただけだ。情欲とは言うけど情と欲は別物だよ。欲で動いて情で惑う。また間違った形の繰り返しになるだけなんだ」
 またか、てめえは俺を何だと思ってやがるんだ。俺がてめえを失うことをどれだけ恐れているのか、考えた事もねえんだろ。
「ああ、確かに俺はてめえを捩じ伏せたかった。反抗的で何考えてるかわかんねえてめえを支配したかった。その発露がセックスだ。否定はしねえよ。だがな、なんとも思ってねえ奴を何度も抱くほど暇じゃねえわ」
「君は変わらないな。でも僕は変わらない君がいいと思ってる。君は特別だよ。僕にとっていつまでも」
「てめえ、俺の言ったこと聞いてんのかよ」
 てめえには何一つ伝わらねえ。どう言やあわかるんだ。
「僕は君が大事なんだ。君との関係がなにより大切なんだ。君が思う以上に。今度は間違うわけにはいかない。やっと対等になれたんだ。今みたいな幸せなんて、昔は考えられなかった。君を憎まず純粋に憧れていられる。僕は今幸せなんだよ。君には近づき過ぎちゃいけないんだ」
 てめえが俺に嘘をついて、そんなことを心に決めた、その矢先に寄生生物騒ぎが起こったってわけか。
「てめえ、俺に抱きついて誘ったよな。本当に寄生されたからって理由だけかよ。ああ?デク」
 轟まで誘ったことは忘れる。
「そうだよ。それ以外にあるわけない。君が僕に惹きつけられるのも、僕が君に惹きつけられるのも寄生生物のせいだった。被捕食者と捕食者の関係だ。また心が間違った方向に狂わされたんだ。今は余波が残ってるけど、この気持ちも静まるはずだ。あんな心が壊れてゆくような混乱は、もうゴメンなんだ」
 最初に間違ってしまったから、もう手遅れなのかよ。クソが。
 迷いも全部寄生生物のせいにしやがるのかよ。
 余波だと。
 余波と言ったか。そうか。
 出久の混乱は昔じゃねえ。今の話なんだ。
「はは!そうか。そうかよ、てめえ!ほんとに迂闊だよなあ、デク」
 勝己は高笑いをする。
「かっちゃん?」
 出久は訝しげだ。自分で言ったことに気づいてねえ。
「つまり、今てめえは俺が欲しいんだな」
「ちが、違うよ、なんでそうなるの?かっちゃん」
「余波があんだろ。でももう寄生生物はてめえの中にいねえよなあ。そう言ったよなあデク。ごちゃごちゃ言いやがって、結局誤魔化してんじゃねえか!なあ、そうだろ」
「違うよ!」
「こっちに来やがれ。確かめてやるわ」
 余波が残ってるってんなら好都合じゃねえか。てめえには言葉じゃ通じねえんだ。身体でわからせるしかねえんだ。
 拳で殴り合って、身体をぶつけ合って。毟りあって、無茶苦茶になって。
 そうするしかねえだろ。
 俺らはずっとそうしてきたんだからよ。

 てめえは虫けらなのだと言い聞かせた
 取るに足らない存在だと思おうとした
 どうしてもそう思えないからこそ足掻いた
 てめえに俺を認めさせれば、何もかも上手くいくと根拠もなく信じていた
 それが不可能なのだとわかったとき
 俺の中に棲みついたてめえがどんどん大きくなり
 もうてめえの呪縛から逃れることはできないと知ったとき
 もうてめえを逃さないと決めたのだ
 だからてめえも逃げんな


 勝己は空き教室に出久を連れ込んだ。
 舞台の道具置き場にしていた場所だ。ベニヤ板が隅に積まれ、余った大量のサテンの生地が無造作に散乱している。
 勝己は出久を床の上に倒し、両手首を片手で纏めて押さえつけた。「かっちゃん」と開けられた口に被せるようにキスをする。出久の舌を絡めとり、擦り合わせる深いキス。頭が痺れるようだ。角度を変えては深く口づける。
「このまま突っ込んでやろうか」
 ニヤリと笑って告げると、出久の身体をうつ伏せにして下着ごとズボンを膝まで脱がした。
「やだ、かっちゃん!」
 もがく出久を押さえつけ、自分のズボンのチャックを下げて、勃起したものの先端を後孔に押し付ける。びくっと出久の身体が跳ねる。慣らさねえと入らねえだろうが、意思表示だ。
「今度こそ、てめえを犯すぜ、出久」
「かっちゃん」と震える声。
 ゴクリと喉を鳴らす。飢えが頭を支配する。貫けばいい。穿てばいい。ベルトを外しズボンと下着を脱ぎ捨てる。再度剥き出しの出久の局部に押し付けて擦り付ける。
「やめ、かっちゃん、誰か来るよ!」
「構わねえよ!来た奴には見せつけてやりゃあいいんだ」
「嘘だろ!かっちゃん!」
「嘘つきはてめえだろうが!」
 階下から生徒たちの声が聞こえてきた。後夜祭が終わり、教室に戻ってきたのだろう。騒がしく喋る声。展示物を片付けている音。
「でけえ声出したら、聞こえちまうぜ」
 追い詰めるように勝己は囁く。寄生生物に取りつかれている時は無抵抗だったくせに、今更抗うのかと苛立つ。勝己は出久を押さえつけたまま自分のシャツを肌け、服を脱いで全裸になった。抵抗する出久を転がし、仰向けにして押さえつけ、衣服をひっぺがす。
 脱いだほうが、もう俺が引かねえとわかるだろう、裸じゃこいつは逃げられねえし、見つかれば言い訳できねえしな。
 出久に覆いかぶさり、裸の肌を重ねた。久しぶりに直に触れる体温。しっとりと手に馴染む皮膚の感触。掌で肌を撫でる。脇腹を腹を、太腿を愛撫する。乳首を弄り舐めて、片方が固くなるともう片方を舐める。出久は声を押さえて、悶えているようだ。肌を舐めると薄く塩辛い。出久の味だ。余ったサテンの生地を引き寄せて、下に無造作に敷いた。汗ばむ肌を合わせ、足を絡ませる。
 勃ちかけた出久のものに触れ。互いの性器を密着させると、出久はヒュと息を呑み、「かっちゃん」と掠れた声で呼ぶ。
 この肌に溺れていた中学生の頃を思い出す。匂いも反応も、喘ぐ声も吐息も、五感の全てで味わっていたことを。
 てめえの身体で俺の知らない部分なんてひとつもねえんだ。何処がてめえの感じるとこなのか、嫌がるところなのか。何年たったとしても、触れれば昨日のようによくわかる。体格は多少逞しくなっても、何も変わっちゃいない。快感によがらせてやるわ。
 股の間に手を滑らせ、出久の陰茎を握り、扱き始める。
「ま、待ってよ、かっちゃん」と出久は弱々しく勝己の手に触れる。
 勝己は雁首を摘まんで、人差し指と親指で輪を作り優しく撫でる。ここの手触りも変わらねえ。袋を揉んで幹を根本から扱いて勃たせる。屹立の先端にキスをすると、鈴口を舌でつつき、口を開けて深く咥える。
「あ、あ!かっちゃん!やめて」
 出久は驚いたようだ。必死で抗議し、身体を捩る。
 うるせえ。何度もしたことあんだろが。てめえの口を塞いでやろうか。
 勝己は出久の頭を跨いで、シックスティナインの体位になった。出久の顔の前に屹立した自身を突き出す。
「舐めろよデク」と勝己は言った。口淫は何度もさせたことがあるだろ。
「てめえのもんが人質だぜ。やらねえならてめえのを咬んでやるわ」
「どうしても?かっちゃん」
 まごつく出久に焦れて少し歯を立てると、「うわ!本気で、やめ」と出久は慌てた。
「さっさとやれや」
 亀頭に柔い舌が触れる。出久は勝己のものを口内に含んだようだ。先端が熱い粘膜に包み込まれる。勝己は歯を立てるのをやめて、舌を平にして舐める。
 くっくっと喉の奥で笑う。言われたからって、普通やすやすと人のイチモツを咥えたりしねえんだよ。てめえはもうおかしくなってんだ。昔だって俺だけが気持ちいいだけじゃなく、てめえも気持ちよかったはずなんだ。てめえの本能に逆らってんじゃねえよ。
 互いの性器を咥えて舐める水音。波打つサテンの生地の衣擦れの音。階下からは生徒たちの賑やかな声。まるでここは水底のようだ。
 勝己はしゃぶりながら、出久の後孔に唾液を擦り付ける。指先を差し入れると反射的にきゅっと締まった。唾液の滑りを借りてゆっくりと沈めてゆく。んん、と出久は唸る。頬張っているもののせいで、言葉を紡げないのだろう。
 指を二本に増やして、またぬるりと滑り込ませる。蠢き締め付けてくる温かい内壁。この中に突っ込んでやるのだ。痛みなど感じさせないくらいに、解して柔らかくしてやる。指を深く呑み込ませて広げるようにうごめかす。
「デク、もういい」
 出久の口腔から引き抜いたペニスは、はち切れんばかりに膨張し、上に反っている。
「なんか、すごいね」と出久は困った顔で目を伏せる。
「おい、よく見ろや、てめえが元気にしたんだぜ。入れねえわけにはいかねえよな」
 身体を起こし、出久の足を開かせて覆いかぶさる。手探りで陰部を探り、柔らかくなった後孔に亀頭を捻じ入れる。出久は観念したように目を瞑った。ずんっと腰を打ち付ける。
「あ、かっちゃん、う、んん」
 挿入を始めると、出久の眉根が寄せられた。口から押し殺した苦痛の呻きが漏れる。ペニスへの圧迫感にふうっと息を吐く。丁寧に解したけど、久しぶりだから狭くなってんな。
 勝己は上体を起こして、出久の片足を肩に乗せ、ゆっくりと腰を前後に振った。出久は揺するたびにん、ん、と声を堪えて悶える。目の前で自分の陰茎が出久の中に埋まってゆく。いい景色だ。出久は目を薄く開ける。
 根元まで深く入れて一旦腰を引き、再び押し入り、内壁を広げていくように抉る。突き入れるたびに「あ、あ」と出久は声を抑え切れずに喘ぐ。
「締めんな。力抜けよ。覚えてんだろ」
「出来ない、よ」
「出来ねえじゃねえわ。やれや」
「う、ん、」
 小刻みに動しているうち、中が慣らされてきて、スムーズに動けるようになってきた。気持ちいい。リズミカルに律動し腰を打ち付ける。
「俺を感じろよ、デク。セックスしてるんだ。マスターベーションなんかじゃねえんだよ。始めっから違えんだ、デク」
 途方もない飢餓感が、俺にてめえを喰えと命ずる。抉れ、貫け、手に入れろ、俺のものにしろと。
 俺の性器が出久の体内を行き来している。出久の熟れた肉が俺を温かく包みこむ。
 前立腺の膨らみを探り、見つけて雁のえらで引っ掛けるように擦る。出久の身体が跳ねる。出久の嫌がる場所だ。良すぎて感じすぎて、ぽろぽろと泣きだすのだ。泣かせてみたいと、ぐりっと突き上げる。何度も突いては苛む。
「や、あ、かっちゃん」
 涙ぐみ、喘ぐ出久の声に甘さが混じる。煽るような響き。
「隠すな。全部俺に見せろや」
 顔を隠そうとする出久の腕を掴んで押さえつける。出久の目からぽろぽろと涙が溢れる。
 ドクリと屹立が震える。
 痺れが身体の奥から全身に広がってゆく。いきそうだ。深く突き上げると、出久は嬌声を上げた。勝己は唸り声を上げ、出久の奥深くに精を放つ。
 ドクドクと迸る飛沫が、出久の中を濡らしているのだ。中に染み込んでしまえばいい。熱い、と出久が呟く。
 下腹が濡れてるようだ。見ると出久のペニスから白濁がとろりと吹き出している。声を上げた時に、出久も同時に達したのだろう。
 てめえの皮膚の下の熱さを誰も知らない。俺の他に誰も知ることはねえんだ。
 身体の奥に俺を刻みこむんだ。てめえの全ては俺のものだと。
 名残惜しく出久の後孔から性器を引き抜いた。孔がゆるりと閉じてしまう。自分のペニスと腹に散った出久の精液を拭き取ると、出久の胸に頭を押し付けて、荒くなった呼吸を整える。
 肌の温もり。トクトクと耳に届く出久の心音。汗だくの体躯を強く抱きしめる。
「デク、デク」と掠れた声で呼ぶ。
「かっちゃん」と喘ぎ疲れた声で出久が呼ぶ。
 顔を起こしてそっと髪に触れる。髪で隠れていた翡翠のような瞳が勝己を捉える。確かな視線で見つめる。
 勝己の肩に触れる出久の手。抱きつくでもなく引き離そうとするでもなく。揺蕩う手を掴んで一本一本、指に口付ける。
「かっちゃん」出久は口を開く。「僕は君としたからじゃなく、きっと昔から君に惹かれてた。そう思いたい。でももう別のものがいっぱい混じってしまって、わからないんだ」
「同じことじゃねえか。どう違うってんだ」
「惹かれてる気持ちだけを、育てていけたんだ。関係を結ばなければ、できたんだ」
「そんなもんはいらねえ。てめえに良くても、俺には良くねえわ」
 どんなに近づいても、こいつと俺はわかり合うことはないかもしれない。だが触れ合うことで、一瞬でも境界を穿つことはできる。ひとつに溶け合うことができる。
 気休めなのかも知れねえとしても。だからなんだ。正しくねえからなんだってんだ。間違っているからなんだってんだ。
 嘘つきなてめえでも、身体を重ねてる時だけは嘘をつけねえ。何度だって隔たりを溶かしてしまえばいいんだ。
 俺たちはずっと昔から共生関係なんだ。OFAがてめえを見つけるずっと前から。
 俺はてめえが欲しくて、てめえは俺に縛られてる。
 OFAが次の宿主に移ったなら、まっさらになったてめえの全ては今度こそ俺だけのもんだ。
 一方的な関係なんてな、両方が想っていたら不可能なんだよ。
 
「戻ろうよ、皆後片付けしてる。手伝わなきゃ」
「ここのもん片付けりゃあいいだろが。生地汚しちまったしよ」
「そ、そそ、そうだね。見られたら困るよね」
「使い道があったな。役にたったわ」
 勝己はにやりと笑う。出久の顔が真っ赤になった。慌ててサテンの海に埋もれた服を探し始める。
「何焦ってんだ、クソデク」
 出久の腰を引き寄せ、胡座をかいた膝に乗せ、後ろから抱えるように抱きしめる。まだ裸の素肌に触れていたい。肩口に顔を埋める。出久の匂いだ。捕食者を誘うフェロモンみたいな偽物じゃない。本当の出久の匂い。
「あの、かっちゃん?放してくれる?」
「ケツ動かしてんじゃねえよ、また勃っちまうわ」と腰を突き上げる。
「わ、そ、それは、かっちゃん、誰か来るかも、ねえ」
「こっちまですぐには来ねえだろ」
 身体を捩っていた出久も、放そうとしない勝己に観念したらしい。大人しく身を持たせかける。
 同じことをしたとしても、同じ結果になんてならない。
 毎夜違う夢を見るように。毎日違う朝が来るように。
 今ならきっと違う道をいける。違う結果を見出せるはずなんだ。
 ふと、舞台で出久の言った台詞を思い出した。
「おいデク、てめえは劇のクライマックスでの掛け合いの台詞を覚えているか」
 抱きしめる腕に力を込めて勝己は問うた。
「気持ちがわからないと、てめえが拘っていた台詞だ」
 密かにそうありたいと思った言葉だ。その意味をてめえは今もわからないのか。
「あの言葉」と呟いて、出久は答える。「少しは、わかる。わかるよ」


終章


(全員が客席からステージ上に上がる)
(緑谷、爆豪は背中あわせになる)
緑谷  「今のうちに君に話したいんだ」
爆豪  「あんだ?」
緑谷  「僕は君のことは覚えてるよ。でも君とどんな時を過ごしたか、あまり覚えてないんだ。日々の鍛錬や冒険の中で、自分のことで手いっぱいだったし。子供の頃のことはどんどん薄れていってしまった」
爆豪  「んだと、てめえ」
緑谷  「でも覚えてるよ。楽しかったこともあったけど、悪いことも、沢山あったよね」
爆豪  「ああ?こんな時にまだ怒らせてえのか。てめえは!」
緑谷  「でも、きっと。僕は君にもう一度出会うために、旅に出たんだ」


END

胡蝶の通い路・後編(全年齢版)

f:id:hiten_alice:20180625183547j:plain

後篇

 勝己は扉のノブに手をかけてはたと止まった。
 密やかな声に耳を澄ます。出久の声だ。
 眠っている自分にこっそり語りかけている。くしゃくしゃだとかトゲトゲだとか。聞いたことのないような優しい口調で。部屋に入れば何かを壊してしまいそうだ。掌が硬直したように固まってしまう。
 いや、何が壊れるっていうんだ。出久が余計なことをしてやがるだけだ。音を立てないようにそっとノブを回してドアを開け、隙間から部屋を覗く。二段ベッドの上段にいる出久は気づいていないようだ。優しく語りかけながら、眠っている勝己の髪を梳いている。こんな出久を見たことがない。声をかけられない。
 眠る自分の身体に話しかける出久を見ているとだんだんムカついてきた。俺にはあんな風に話すことも、笑うこともねえじゃねえか。ああそうだ、誰のせいだといえば俺のせいだ。
 我慢がならなかったんだ。
 ここ最近出久に対して苛ついている。隠すことは出来ないし、するつもりもない。苛立ちに任せて怒鳴り散らすとあいつは戸惑い。怯えるあいつの面を見て、一瞬だけ溜飲が下がる。その後は胸を掻き毟りたくなるくらい苦しくなる。その繰り返しだ。
 昔のように堂々巡りになるだけだ、間違った方法だと。わかっていてもそうする以外、手段が浮かばねえんだ。
 グラウンドベータで対決して以後、出久は日毎に打ち解けてきた。いつも自分の顔を見ると、機嫌を伺うようにおどおどしていた出久が、物怖じせずに話しかけてくる。それだけでも長年のストレスが融解していった。柔らかな陽の下の木漏れ日のような。これがずっと求めていた関係なのだと思った。思い込もうとした。
 だが次第に違和感を否定できなくなった。燠火のように腹の底で燻るもの。それが何なのか認識したのはあの日だ。
 いつものように出久はトレーニングを済ませて寮に戻ってきた。自分は共有スペースに向かうために階段を降りていたところで、階段を駆け上がってきた出久と階段の踊り場でぶつかり、組み伏せる形で転んだ。
 身体の下に出久がいる。
 汗ばんだ出久の身体の存在感に、Tシャツ越しの体温に、心臓が早鐘を打った。ざあっと頭に血が上り、下腹部が熱くなった。
 重なった身体の、押し付けた下腹部の、股間の膨らみに気づかれたんじゃないか。
 だが、あいつは平然として言った。
「ごめんね、よそ見してたよ」
 顔色も変えることもなくだ。俺が勃っていることもわかっただろうに、気にしてないのだ。組み伏せられても何とも思わないのだ、出久の野郎は。ふつふつと怒りが沸いた。
「気いつけろ!クソカスナード!」
 不機嫌を露わにして返しても、俺の苛立ちに気づきもしない。へらっと謝罪の言葉をまた繰り返すだけだ。以前なら、俺が何らかのアクションをすれば出久はビクついていだろう。俺の機嫌を探るように見つめてきただろう。あいつを追い詰める俺の高揚と、あいつの緊張はある意味で共通していたのだ。今はどうしようもなく乖離している。
 あいつに覚える勃起の感覚を、興奮しているからだとか疲れてるからだとか、もう言い訳は出来ないのだ。俺はここから始まると思っていた。なのに、出久にとって俺との関係はここがゴールなんだ。俺とあいつとは望む未来形が違うのだ。どこまで行っても平行線なんだ。
 このままではだめだと確信した。壊さねばならないのだ。弛緩した関係に落ちて身動きが取れなくなる前に。
 生温い関係なんざいらねえ。んなものは糞食らえだ。
 俺の持っていた万能感を、さらに増長させたくせに、それを根こそぎ奪った出久。俺を満たすものはあいつが持っているのだ。取り戻さなきゃいけないのだ。悔しいのも苦しいのも、あいつのせいなのだ。そんな風に思い込んで。ぶつかり合って、弱さを認めて、自分を包んでいた殻が剥がれ落ちて、それでも残ったもの。それだけが確かなもの。
 あいつが欲しい。必ず手に入れてやる。
 きっとそれだけだったのだ。ならば無自覚な内から何年思い続けてきたと思っているのか。どれだけ想いを拗れさせてきたと思っているのか。
 吐き出せない想いが胸に溜まってゆく。顔を見るだけで息が詰まって日に日に苦しくなる。苛立ちはつのるばかりだった。なまじ期待してしまった故に、自覚してからは一層憎らしくなった。まだこれまでのギスギスした関係の方がマシだとすら思ったのだ。
 てめえに俺という存在を刻み付けられないで、何の意味がある。てめえは俺の気持ちを逆立てるくせに何も気付いてやしない。穏やかな関係なんざ俺たちには似合わねえ。俺はてめえを壊してえんだ。てめえが何を望んでいたとしても。
 クソがクソが!腹が立ってしょうがねえ。こそこそ見ているなんて、俺らしくねえんだよ。
「おいデク!」
 と怒鳴り、勝己は勢いよくドアを開けた。出久はびくりと震え、慌てた様子で勝己の方を振り返る。
「な、何、かっちゃん」
「今てめえ」と言いかけて勝己は踏みとどまった。言えば出久が眠ってる自分の髪を梳いているのを、覗いていたことがバレてしまう。「何でもねえ」と怒鳴って誤魔化す。
「ね、寝返りさせてたんだよ、かっちゃん」
 見られていたとも知らずに、言い訳する出久に心底苛ついた。
 
 その夜は広場でキャンプファイヤーが行われた。A組とB組合同での開催だ。
 夕暮れになりB組の面々が合宿所に押し寄せてきた。
「おう!切島」「おう鉄哲!」と似た者同士で拳をぶつけて挨拶し合っている。女子達は「久しぶりー」「もっと合同イベントやりたいよね」と盛り上がっている。出久は班長同士で集まっているようだ。「1年生の時の林間学校ではできなかったからね。途中で中断してしまったからね」と物真似野郎がこっちを見ながら、思い出したくないことを蒸し返してきた。クソうぜえ。殺意を込めて睨みつける。
 広くはないロビーがごった返してきて、喧しくなってきた。「班ごとに点呼をかけろ。全員揃ったら広場に出るように」と先生達が声をかけた。
 広場では星明りと合宿所の明かり以外に光がない。少し離れるだけで、視界が黒いビロードのような闇に包まれる。
 昼のうちに組んだ木組みに轟が火を付けた。ビロードを闇を焦がし、炎は次第に大きくなりパチパチと火花が爆ぜる。安定したところで、皆が輪になって炎を取り囲んだ。
 火焔は舞い上がり、火の粉を吹いて闇を焦がす。金色の粉に煽られ、色鮮やかな蝶が幻のように現れた。眩さに誘われたのだろうか。蝶は焔と遊んでいるかのように戯れ、橙色の舌に巻かれて捉えられ、舞うように火に飛び込む。途端に蝶は影となり消えてしまった。跡を追うように、一匹また一匹と、炎に向かって蝶が飛んでくる。
 身を焦がすとも知らずに炎に近寄る蝶に、誰も気づいてないのか、A組の奴らもB組の奴らも皆笑ってやがる。何がおかしいんだ。
 炎から目を離している間に蝶がいなくなった。燃やし尽くしてしまったのか。
 いや、蛾じゃあるまいし、夜に蝶なんて飛ばないだろう。幻影だったのだろうか。俺しか見てないのか。出久は見ていただろか。
 勝己は輪の中に出久の姿を探した。名前も覚えてねえB組の連中を4,5人おいて出久は立っていた。癖っ毛が炎のように揺らめいている。焔に照らされた顔は嬉しそうでやけに眩しい。てめえはそんな顔もしやがるんだな。一瞬見惚れてしまう。網膜に焼き付く。
 あれは俺のだ。胸に焼きつくような痛みが走る。なんでこの手の中にいないんだ。
 先生の指示で輪になった隣同士で手を繋ぎ始めた。勝己はじっと掌を見つめる。厚い皮膚に覆われた、爆破の衝撃に耐える掌。苛ついて苛ついて、いつかのように、また俺はあいつの手を突き放したんだ。
 輪から出ると、勝己は「どけ!」と出久の隣の生徒を押しやって、繋いでいた手をもぎ離し、隣におさまった。
「え!なに?かっちゃん?」と躊躇する出久の手を構わずにぎゅっと握る。出久は驚いて目を見開いたが、たどたどしく指を折り、手を繋いでぎこちなく勝己に微笑みかけた。
 出久の作り笑いだ。反射的に勝己の眉根に縦皺が寄った。見るたびに苛立ってしょうがなかった。本当の笑みを向けるようになってきてたのだ。もっと先を渇望してやまなくて、苛立ちでてめえを遠ざけた。
 永劫に交わらない平行線なんて耐えられない。それでも手放すことなんてできない。どうすればよかったんだ。
 掌の温もり。じわりと侵食してくる出久の体温。
 俺のもんだ。
 炎は空気を孕んで巻き上げる。火の粉が夜に吸い込まれ、星になってゆく。

 夜が明けたようだ。
 瞼の裏が赤くなり、明るさを感じる。だが何故か目が開けられない。
「眠ってる君は側に寄っても怒らないね」と囁く聞き慣れた声。ころころと鼓膜を擽る出久の声。
 優しく髪を梳く出久の指。勝手にてめえ、俺に触んな。髪に差し込まれた指が丁寧に髪を撫でる。触れられた頭皮の箇所がさわっと痺れる。すぐ傍に座っている出久の気配。動悸が早くなる。前髪を梳いていた指が額を撫でる。擽ったいけれど気持ちいい。
 ドアが開く音。
「おいデク!」
 自分の声が聞こえた。するっと手が離れてゆく。
「な、何、かっちゃん」と狼狽したような出久の声が応じた。
 出久は梯子を降りて行った。待てよと引き止めたい。今のはなんのつもりだと問い詰めたい。なのに目は開けられず身体は動かない。クソが!
 てめえはいつもそうだ。近づいてきてはそっと触れて、すぐ離れるんだ。てめえが気まぐれに触れるだけで、俺がどう思うのか考えもしねえんだろ。
 自分の弱さを認めたことで、確かに俺は楽になった。てめえとガキの頃みたいに話せるようになった。だから俺は高望みをしちまった。てめえが手に入るんじゃねえかと。だがてめえは俺とお友達ごっこができれば満足なんだ。この先なんてねえんだ。くだらねえ。
 俺は違う。てめえは考えたこともねえだろ。俺がてめえに欲情してるなんてよ。抱きてえって衝動を押さえつけてるなんて、ありえねえんだろ。
 触れたらきっと押さえ切れねえ。今までてめえに対しての衝動を、律したことなんか一度もねえのに、今になって忍耐が必要になるなんて。なのにてめえは知りもしねえで、お気楽に俺に触れやがって。
 目が覚めて飛び起きた。まだ日の出の前の薄暗さだ。
 なんだ今の夢は。ただの夢にしてはやけに生々しかった。髪にまだデクの手の感触が残っているようだ。隣のベッドで出久は静かに寝息を立てている。
 まさか、眠ってる自分の身体に入ったのか?
 話していた内容は昨日の昼間にしていたあいつとの会話だった。昨日の自分の中だったのか。あり得ない。ただ記憶が夢で再現されただけじゃないのか。ならば頭皮に髪に残るあいつの感触はなんだ。
「おはよう、かっちゃん」
 起きた出久は伺うように挨拶してきた。昨日のキャンプファイヤーで手を繋いだからか、心なしか気を許しているようだ。あんだけで弛緩してんじゃねえと、ちょっといらっとする。出久は呑気に布団を畳みはじめた。こいつはどうなんだろう。
「おいデク、変な夢を見なかったか」と聞いてみた。
 出久はきょとんとしている。「昨日の夢は覚えてないよ。かっちゃんがそんなこと聞くなんて、どうしたの?」
「どうもしねえわ。うぜえ」
 こいつは見てねえのか。ならただの夢に過ぎないのだろうか。

 その夜、勝己は出久のベッドの上段に上がり、眠る出久の枕元に座った。穏やかに寝入っている顔を見つめる。出久は風呂に入ってるから暫くは戻って来ない。
 そっと頬に触れる。柔らかくてすべすべした手触り。そばかすを数えるようにつつく。指を滑らせて、唇を形どるように撫でる。
 てめえは夢ですら中途半端なんだよ。たとえ夢の中であったとしても、てめえが俺に触れるなら。俺も触ってやるわ。
 勝己は出久に顔を近づけて、そっと触れるだけのキスをした。柔くて温かい。足りない。全然足りない。顎を掴んで口を開かせ唇を塞ぐ。口内に舌を差し入れて舌先で舐める。歯列を舐めて出久の舌に触れる。アイスクリームを舐めるように、濡れた柔らかさを味わう。離してもう一度、今度はもっと舌を絡ませて深いキスをする。夢中になってキスを繰り返す。唇が離れるたびに濡れた音がする。
 わかってたことだ。触れてしまったら止められないってことは。
 部屋の外で足音が聞こえた。聞き慣れた靴音。出久が戻ってきたのだ。それでももう少しだけ、後一回だけとキスを続ける。浅ましく求めてしまう。
 出久がドアを開けた。ベッドの上段を見上げて首を傾げ、「何してるの?」と問うてくる。勝己は徐ろに頭を上げた。気づかれてはいないようだ。
 勝己は何食わぬ顔で答えた。「何でもねえよ。てめえが息してんのか顔見て確認してただけだ」
「そう、なんだ。ありがとう。かっちゃん」
 ベッドからジャンプして飛び降り、勝己は出久に告げた。「デク、今日から交替だ。俺が身体の面倒みてやるわ。俺のもてめえのも両方な」
「え?かっちゃんが?」
「今までご苦労だったな」
 勝己はにやりと笑った。あ、うん。と出久は何か言いたげにしていたが、何も言わずに目を逸らした。



 かっちゃんは何してたんだろう。僕の身体がある方のベッドで。顔を見てただけだと言っていたけれど。嘘をつく理由はないから、彼が言うならそうなんだろう。でもなんで僕の顔なんか。聞きたいけど、怒られそうで聞けない。
 かっちゃんは僕と入れ替わりに風呂に入りに行ったから、まだ暫くは戻ってこない。戻って来たら聞いてみようか。空の隣のベッドを見ながらうとうとして、出久はいつの間にか眠りについた。
 外が明るい。瞼の中に光が射してくる。朝になったみたいだ。なのに目が開けられない。身体も動かせない。金縛りだろうか。
 側に人の気配を感じる。顔の上に被さる体温。唇に柔らかいものが触れる。誰かの唇だ。触れては離れる温もり。誰かの手が顎を掴んで口を開けさせた。唇を割って入って来たのは人の舌だ。ピタリと唇が合わせられ、口内を柔らかい舌が這う。口腔を余さず探られる。吐息を奪われる。舌を舐め上げられ、戯れるように絡む水音が直接耳に響く。ディープキスされてるのか。どうしよう。逃げられない。焦るのに身体が動かない。誰なんだ。
 甘い匂いが鼻先を掠める。嗅いだことのあるような匂い。
 そんなはずない。気づいてはいけない。頭の中で警鐘が鳴る。
 何してるの、という声が聞こえる。名残惜し気に唇が離れた。覆い被さっていた人物が答える。
 何でもねえよ、息してんのか確認してただけだ。
 かっちゃんの声?今のはかっちゃんなのか?
 驚いて飛び起きた。天窓には星明かり。瞼の裏は明るかったからてっきり朝だと思ったのに、まだ夜だったのか。動悸が速い。心臓が咽喉から飛び出そうだ。なんて夢見てしまったんだ。かっちゃんがそんなことするはずないじゃないか。昨日と同じ会話をしていた。きっと記憶を元にした僕の妄想だ。
 眠ったらまた見てしまうかも知れない。出久はまんじりともせずに夜を過ごし、白々と夜が明けてほっとした。
 勝己を起こさないように、音を立てないようにして部屋を出ると、洗面所に向かった。夢のはずなのに口の中に生々しく蘇る口付けの感触。朝なんだし、歯を磨いてから戻ることにしよう。
 だが、歯磨きを済ませて何度うがいをしても、どうしても夢の中でのキスの感触が消えない。
 唾液の味。口腔の粘膜を探る柔らかさ。脳に直接的聞こえた舌の触れ合う音。
 顔が火照ってしょうがない。振り払うように水飛沫を上げて顔を洗う。顔を上げると鏡の中に勝己の顔が見えた。いつの間にか勝己が背後に立っていたのだ。
「うわ!かっちゃん」
「てめ、飛沫が撥ねんだろが!クソが!」
「ごめん、拭いておくよ」
 出久は首にかけていたタオルで鏡を拭く。ゴシゴシ拭くとかえって鏡面が曇ってしまった。
「なあ、デク」背後で勝己が言う。「昨日変な夢見てねえか?」
 問われてどきりとする。まるで見透かされているような口調。あんな夢見たなんて、君が知るわけないのに。聞かれたって誰にも言えるわけ無い。君に、言えるわけない。
 曇った鏡から目を離さずに「別に夢なんて見てないよ」と答える。
「夢を見てないと思ってる奴でも、本当は見てるらしいぜ。忘れてるだけでよ」
「そ、そうなんだ。詳しいね」動揺してしまって振り返れない。とても今は顔を直視できない。
「ふうん」納得してはいないような訝しげな声だ。「こっち向いて答えろよ、デク」
 耳のすぐ後ろで低く囁かれた。ひゅっと息を呑む。皮膚がざわつく。
「なあ、デク」勝己の手が肩に触れた。
「爆豪、緑谷、ここにいたのか。朝飯の前にちょっと部屋に来てくれ」
 入り口の向こうから呼びかける声。相澤先生だ。身体の硬直が解けてゆく。
「ああ?んだよ」
 勝己が背後から離れて、洗面所を出て行った。安堵して肩の力が抜けた。

「何かわかったんですか」
「まだ原因はわからない。やはり俺達の他にこの付近には誰もいなかった。衛星も監視カメラも確認したし、改竄の後もない。個性を食らったわけでもないようだ。」
 出久の問いかけに、パソコン内のカメラの映像を示して、相澤先生は言った。
 勝己は憤慨した。「結局なんもわかんねえんじゃねえか」
「だが手がかりはなくはない。宿泊施設の関係者に聞いたが、この山では時折不可思議な出来事が起こるらしい」
「どんなことがあったってんだ」
「数年前のことだ。山に登った子供達が合宿所で過ごしている内に、いつの間にか人数が1人増えていたそうだ。だが誰が増えたのかわからない。なにかの手違いなのかと思ってそのまま過ごしたが、数日たって下山する頃には、減って再び元の人数に戻っていたらしい。今度は逆に誰が減ったのかわからなかったそうだ」
「本当かよ。嘘くせえ」
「登山者の中に子供がいるときに、たまにこういった現象が起こるらしい。全く同じではなくても、類似の記録がいくつもあった。原因はわからないが、こういった現象は山にいる間だけで、下山する頃には元に戻っていたそうだ。今まで何事もなく済んでいるので公にしてないらしい」
 出久は問うた。「ほっといていいんですか」
「調査はしたそうだが、個性の発現以後そういった学問は廃れ気味でな、専門家が少ないんで難航しているようだ」
「人に宿る個性でも、超常現象レベルのものもありますもんね」
 轟や八百万の個性も勝己の個性も、個性の時代だからこそ普通に受け入れられているが、物理現象としては相当不可思議といえる。無論、OFAも。
「何かの個性の残滓が残っていたのかも知れないが、どちらかと言うと、やはり現象というべきだろう」相澤先生はふうっと息を吐いて続ける。「しかし、原因と思われる子供はいたらしいな」
 勝己が乗り出した。「やっぱりいんじゃねえか、犯人がよ」
「え、でも個性ではないんですよね」出久は問うた。
「説明しにくいことだがな」相澤先生は続ける。「今までの事件の共通項は、子供達の中にえらく不安定な者がいたということなんだ。精神的にまいってたり鬱屈してたり、逆にハイになってたりな。そんな極端な心の波動が外部に影響を与えることがあるらしい」
「つまり今回も誰か原因になる奴がいるってことか。そうだな?」と勝己。
「ああ、おそらくだが」相澤先生は椅子を回して向き直る。「原因はお前達の方にあるようだな」
「はああ?俺らのせいだって言うのかよ!冗談言えよ」勝己はいきり立った。「そりゃあ憶測でしかねえんだろ」
 相澤先生は静かに語る。「お前らに起こった現象なんだから、原因もお前ら自身と考えるのが自然だろうが。まあ確証はない。ただ、子供の精神力は強いんだよ。お前達の考える以上にな。現実を覆し幻を具現化させてしまうほどに」
「やっぱり分身作るとか、そういう個性の奴がいただけじゃないのかよ」
「残念だが該当するような個性の者はいなかったそうだ」
「新たに個性を得た奴がいたんじゃねえのか」
「個性は4歳までしか発動しない。例外はない。知っているだろう」
 ちらっと勝己を伺って出久は返事をする。「はい、そうですね」
 勝己は鼻を鳴らした。出久の個性が高校になっていきなり発現したと思われていた頃は、随分勝己を悩ませていただろう。
「だから現象としか言いようのないものだ。もう一度聞くが、お前達に合宿所に戻るまでの記憶はあるのか」
「言ったじゃねえか。ねえよ。霧の中で彷徨っていただけだ」勝己が言う。
「その前に何してたか覚えてるか。森の中に入ったことじゃなく、その前までの記憶だ」
 出久が答える。「その前って、ベッドに入って眠って。気が付いたら森の中を歩いていたんです」
「なるほど。前の夜に睡眠した自覚はあるんだな」相澤先生はふっと笑った。「ひょっとして、お前たちは夢の中から来たのかも知れないな」
「はあ?何言ってんだ」勝己は言う。
「仮定だがな、お前たちは今、夢を見ているのかも知れんぞ。この合宿の夢をな。今話してる俺もお前らにとっては夢なんじゃないか」
「先生?そんなこと」
 これが夢だなんて。飯盒炊飯もキャンプファイヤーも夢だなんて。出久はぐらりと足元が揺れたような気がした。
 相澤先生は言う。「ま、冗談だがな」
「やめろよ、笑えねえ!」勝己は怒って言い返す。
「で、夜は眠れるのか?」
「ああ?ちゃんと寝てるわ!」
「どうだ、夢は見るのか」
 一拍おいて勝己は答える。「夢なんざなんも見てねえよ」
「僕も見てないです」出久は嘘をついた。
 その他に眠ってる自分達の身体に何か変わったことはないかと細かく聞かれ、何もないと二人とも答えた。
「変化なしか、様子を見るしかないな。今までのところ他の生徒達には何も起こってないようだ」
 引き続き隔離するかのように、屋根裏部屋で寝ることになったが、意外なことに勝己は大人しく同意した。同室になった当初はあんなに文句を言っていたのに。
 朝食の時間が近くなったので、2人は相澤先生の部屋を退出した。何故か歩調を合わせて勝己は出久の隣を歩いている。見られているようで落ち着かない。
 勝己が口を開いた。「てめえ、夢見てねえのか」
「え?な、ないよ」ちょっと狼狽える。夢は見てるがとても言えない。
「かっちゃんも夢、見てないんだよね」
「聞いてんのは俺だ」
「見てないよ。本当だよ」
 勝己が睨んでいる。見透かされているようで目を合わせられない。君が知るはずもないのに。

 夜が来てしまった。
 勝己のベッドからは寝息が聞こえてくる。もう眠ったようだ。
 出久は溜息をついた。眠りたくない。またあんな夢を見てしまうかも知れない。だがベッドに入るとあっという間に睡魔が押し寄せた。
 瞼の裏はとても明るい。どうやら昼間のようだ。梯子を登ってくる足音。ベッドがミシリと音を立てて軋んだ。顔の上に人の気配。唇に吐息を感じた。
 誰かがキスを落とした。唇の感触は生々しくて夢とは思えない。指一つ動かせない。自分の上にいる人物はキスをしながら布団を剥がした。誰かの掌が身体に触れる。服の上から愛撫する。
 Tシャツの裾から手が潜り込み、腹から胸を摩り、乳首を指先で撫でて摘む。ごつごつした手が動けない自分を弄ぶ。それなのに身動きできない。相手のなすがままだ。この掌をよく知っている。手の持ち主がデク、と囁いた。
 切なげにデク、と名を呼ぶ勝己の声。何度も何度も。こんな優しい声なんて聞いたことがない。肌を探る手つきも優しくて、出久の気持ちは落ち着いてきた。だがそれは短い間だった。
 腹を撫でていた手がハーフパンツの中に潜り込んできた。動転して目を開けようとしたができない。手は暫く布の上から性器を撫でていたが、するりとボクサーパンツの中に入って来た。強制的に快感を煽られ、嫌だと思っても指一つ動かせない。気持よくて怖い。知らない感覚を呼び覚まされる。やめてと声を出そうとしても果たせない。
 目が覚めた。天窓から笑ってるような形の月が見えた。
 声を上げてしまってやしないだろうか。シャツの中は汗だくだ。股間が膨れている。恐る恐る触れたが、濡れてはいない。夢精してなかったようでほっとする。
 また変な夢を見てしまったのだ。感触が残っていて本当に起きたことのようだ。でもまさか。かっちゃんがそんな、僕に悪戯なんてするわけないじゃないか。万が一そんなことされたとしたら、流石に起きるだろう。
 何度もあんな夢を見るなんて、彼への冒涜だ。ひょっとして僕の願望なのか。違う。彼への気持ちは憧れだ。そんなのあるわけない。
 そろっと起き出してトイレに向かった。用を足そうと前をくつろげ、手が硬直する。
 まるで本当にあったことのように生々しく蘇ってくる。なんでこんな夢を見るんだ僕は。おかしくなりそうだ。
 この日も勝己はいつもどおり剣呑としていた。食事中もトレーニングの間も変わらない。けれども、時々探るような視線を向けられている気がした。
 夢を思い出してしまって、彼の顔をまともに見られない。僕はどんな顔をしているんだろう。


6


 夕食が終わり、勝己の後に風呂を済ませて、出久は部屋に向かった。
 明日で合宿は終わる。前例通りというなら、原因不明のこの事象も終わるのだろうか。 変な夢も、見なくなるだろうか。先生は様子を見ると言ってたけど、もし何も変わらなかったらどうなるんだろう。考えに耽りながら部屋のドアを開けた。
「遅かったじゃねえか、デク」
 低い勝己の声。暗い部屋の中、勝己が窓枠に座っている。月明かりに髪が金の焔のように揺らめいている。瞳の赤が光を反射して、まるで猛禽類のようだ。捕食されると錯覚したかのように体が震え、ざわっと総毛だつ。
「待ってたぜ、デク」
「かっちゃん?電気つけないの?部屋暗いよ」
 恐れを堪えて明かりのスイッチを入れようと壁を探すと「つけんな!」と勝己は吠えた。びくっと手が止まる。
「デクてめえ、昨日はどんな夢を見たんだ?」
「何も、夢なんて何も見てないよ」
「見てんだろ?しかも誰にも言えないようなやつをよ」
 心臓が跳ねる。まるで夢の内容を知っているような口調だ。君が知るわけない。あんな淫夢のような夢。
「そういうかっちゃんはどうなんだよ」逆に問うた。
「俺は見てるぜ。毎日な。どんな夢か聞きてえか?」
 デクはゴクリと唾を飲んだ。聞いてはいけない気がして、首を横に振る。勝己がくくっと笑った。
「そこで眠ってる俺らはどんな夢を見てるんだろうな。デク」
「え?考えたこともないよ」突然話題を変えられて戸惑う。
「合宿の夢を見てるのかもな。今この時、てめえが入って来て、俺がこの窓枠に座ってる、この瞬間を夢に見てるのかもな。そう思わねえか」
「それじゃまるで、僕らが彼らの見ている夢みたいだね」
「ああ、かも知れねえぜ」
「相澤先生の言ってたのは冗談だよ、かっちゃん、ねえ、電気付けようよ」
「冗談、じゃねえんだよ」
 出久がスイッチに手を伸ばした途端、手元に爆発の火花が飛んできた。
「付けんなっつってんだろーが!」
「あぶないよ、かっちゃん。スイッチに当たったら壊れちゃうよ」
「てめえが余計な事しなきゃやんねえよ」
 仕方なく照明をつけずにドアを閉めた。月明かりだけが部屋を青白く照らしている。
 勝己が言った。「なあ、デク、俺はこの部屋に来た初日から、眠るとあの身体にオーバーラップしてたんだぜ。知ってたか?」
 頭が真っ白になった。まさか、眠っていると思っていた身体に、勝己の意識があったのか。自分がしていたことを、勝己は知ってるのか?
「嘘だろ?かっちゃん」
「やっぱり知らなかったんだな。だろうよ。てめえが寝てる俺に呼びかけてんのも、俺の髪梳いてんのも知ってるぜ。デク。俺がてめえを部屋に呼びに来た声まで聴いてる。間違いなく俺はその身体ん中にいたんだ」
 かあっと顔が熱くなった。薄暗がりで良かった。きっと顔に出てしまっている。
 でも、冷静になれ。勝己はカマをかけてるだけかも知れないのだ。肯定してはいけない。
「そういう、夢だっただけじゃないのかな?」出久は平静を装った。
「それを確かめようと、てめえと交代したんだ。眠ってる身体ん中に、てめえがいんのか呼びかけた。俺の声聞こえてたんじゃねえか?」
 聞こえてた。デクと呼ぶ声。でも、それだけじゃない。とても言えない。
「ああ、呼んだだけじゃねえわ。確かめようとてめえに触れちまってな。歯止めがかからなくなった。俺が何したか、てめえ、知ってるよな?」
「かっちゃん、まさか」
「キスの味はどうだった?デク」勝己が言った。「寝てても勃つんだな。気持ち良かったか?」
 身体の中で僕が覚醒しているのを知ってたのに、かっちゃんは僕の肌に触れて、僕のあれに触ってたのか。頭に上った熱で目眩がしそうだ。
「てめえは顔に出るよなあ。デク」勝己はさもおかしそうに笑う。「てめえは俺より先にはオーバーラップしてなかった。てめえがそうなったのは、俺と交替してからだろう。眠るてめえにキスしてから、態度がガラッと変わったからな。てめえは眠る身体には意識がねえと思ってたわけだよな。だから俺に触ったんだろ」
 出久は震える声で言った。「ごめん、知っていたら、触れたりしなかった。君は怒るってわかってたから、でも僕は」
「てめえの言い訳なんざどうでもいいんだよ。俺がなんでてめえに触れたのか、気になんねえのか。聞かねえのか?聞けよ!デク」
 触るなって言ってたのに僕が君に触ったから、仕返しされてたんじゃないだろうか。僕を辱めて。面と向かうとそうとしか思えない。何故こんな手段を。
「なんでこんな悪戯、したんだ?」
「悪戯か!は!てめえはすぐにてめえ勝手に解釈しやがる。クソが!まあいい、どうせこれからじっくり教えてやんだからよ。俺は謝らねえぜ。てめえは俺に触れたかったんだろ。俺も触れたかったんだ。なら同罪じゃねえか。罪とは思わねえ」
「かっちゃん」お互い様だから水に流そう、てことだろうか。
「この現象ってやつの仕組みの話だけどな」勝己は首を傾ける。「この身体が眠った時だけ、元の身体に戻ってるんだろうな」
「あっちの身体が本物だって認めるんだね、かっちゃん。じゃあ、僕らは」
「相澤先生の言った通り、俺らは元の身体の見ている夢なんだろうよ。夢が形を成して浮遊してるんだ。意識が身体に戻りつつある今、ほどなくこの身体の方は消えんだろ。多分、明日には。そういう気がすんだよ」
「じゃあ、あっちの身体で目覚めるんだ」こっちは消える。恥ずかしい思いごと、この身体は消えてしまえるのか。そうして、自分たちは元の身体に戻れるのか。
「いや、どっちの身体が消えちまうのかはわかんねえか。どちらが残るにしろ一つに戻るんだろ。だが、意識が眠る身体の方に戻ったら、この身体で経験したことは忘れちまうのかも知れねえ」
「元に戻るんだよ。かっちゃん」それでいいんじゃないか、と思う。
「ああ、だけど忘れちゃいけねえことがあんだろうが、デク」
 勝己の瞳がすうっと細められる。「俺がてめえにしてたことはてめえにバレた。てめえが眠る俺に何してたのか、俺は知った。てめえの本心が知りたくて随分回り道しちまった。やっとてめえの気持ちがわかったってのによ」
 勝己は窓枠から降りてゆらりと立ち上がった。「なのに、もし消えるってんなら、忘れちまうかも知れねえんなら、元の木阿弥だ。せめてその前にてめえを手に入れる」
 薄暗がりの中で、勝己の赤い瞳だけが爛々と野生動物のように光った。捕食される、と頭の中に警鐘が鳴り響く。でも金縛りにかかったように手足が動かない。勝己は壁際に出久を追い詰めた。
「待って!仮定だろ、かっちゃん」
「なあ、デクてめえも俺に触ってたろ。こうやって髪に触ってたよな」
 勝己は出久の手を掴んで髪に触らせる。指先にさらさらと触れる髪。眠っていた勝己の髪と同じ手触り。
「てめえは顔にこう、触ってたよな」勝己はさらに頬に掌を当てさせる。
「ごめん。かっちゃん」
「ああ?何をあやまってんだ。俺もてめえに触ってんだ」少し苛立ちが勝己の声に滲んだ。ごくっと勝己の喉仏が上下する。「デク、触んぞ」
 Tシャツが捲られ、出久の肌を勝己の掌が滑る。指先が乳首に触れて円を描くようになぞる。出久の反応を引き出すように丁寧に愛撫する。
 あ、と声を出してしまった。足の力が抜けてしまい、壁にもたれかかったまま、ずるずると崩折れて床に腰をつける。勝己もしゃがんで膝をつき、五指で胸筋の間をなぞる。指は腹筋に降りて文字を描くように触れる。夢で感じたのと同じ性的な指の感触だ。吐息が震える。
「寝てるてめえに触るよりずっといいな。反応があるからよ」
 くっと笑うと、勝己の手は出久の下腹部を撫でてハーフパンツの中に入った。夢と同じように、下着の上から出久のものを撫でる。
 震える声で出久は「かっちゃん」と呼んだ。
「なんだ、デク」と囁きながら勝己が唇を重ねる。貪るようなキスをする。ねっとりと口内を味わって、唇が離される。
「甘えな。夕飯のデザートか、歯磨いたんかよ」勝己は揶揄うように言った。
「磨いたよ」
「ああ、じゃあ、これはてめえの味か」
 にっと笑い、勝己は再び唇を奪うと、キスをしながら床に組み伏せた。出久のTシャツを剥ぎ取り、勝己も脱いで肌を重ねる。均整のとれた筋肉質な身体の重み。勝己の唇が顎を辿り、首元まで降りてゆく。肌に唇を滑らせ、吸い上げる。さっき捏ねられて、膨れた乳首を舐めあげる。唇と舌で肌に与えられる、感じたことのない感覚。
「こんなの、間違ってるよ」震えが止まらない。「夢に踊らされてるんだ」
「それがどうした。逃げんな」
「かっちゃんだって、わかってるだろ」
 出久は身体をずらして重みから逃れようとした。だが、勝己は緩慢に逃げをうつ身体を返して俯せにし、腰を持ち上げる。
「今更逃げんな、デク」
 勝己が顔を近づけてくる。
 月明かりに青白く照らし出された端正な輪郭。美しい金の獣だ。一瞬、この獣になら食われてもいいと思ってしまうほどに。
「デク、てめえから始めたんだ。眠ってる俺にてめえが触れた時からな」


7


 霧に包まれた山頂で、虹の中に見えた2つの影。
 並んで仲良く見えた2人の姿。
 あれが僕らであったなら。あの時僕はそう思ったのだ。
 隣で一緒に見上げていた君も、そう思っていたのだろうか。


 瞼の裏に光が射した。天窓からの光。朝の光。出久は目を覚ました。
 昨日よりも天井が近い。二段ベッドの上段だからだ。ということは眠っていたほうの身体だ。元の身体に戻ったということなのか。
 身体を起こした。ずっと寝ていたから身体の節々が凝ってる。だが身体の内部に残るこの痛みはなんだろう。彼との性交による痛みなのだろうか。この身体ではないはずなのに。いや、あれはひょっとしてこの身体だったのか?
「おいデク」
 反対側のベッドで勝己が立膝をついて出久を見つめている。
「かっちゃん」
 君も目覚めたんだな。射るような強い視線。下段のベッドに勝己の身体はない。ならば自分の身体も下段にないのだろう。
 勝己は跳躍してデクのベッドに飛び移った。反動でぎしっと軋む。
「てめえ、やっと起きやがったか。遅えわ」
 勝己は出久の手を取って自分の頬に当てる。温かい肌。君の体温。
 出久は口を開いた。「僕達は偽物なのかな。本物なのかな」
 勝己は出久の頬に手を伸ばし、さらさらと撫でる。指が顎を辿り首筋に下りて、まるで確かめるように触れてゆく。出久は擽ったくなり、ふふっと笑う。
 勝己は鼻先に顔を近づけた。赤い虹彩が灯火のようだ。
「デク、んなこたあ、どっちでもいいわ」
 勝己は囁いた。その言葉を呑ませるかのように、触れた唇をそっと重ねた。

END

 

胡蝶の夢
 荘子の故事から
 自他の区別がつかない境地。
 目的意識に縛られない自由な境地。
 または現実と夢の区別がつかないことのたとえ。
 人生のはかなさのたとえ。
 もしくは物の形は変化しても本質は変わらないということ。

 

胡蝶の通い路・後編(R18版)

f:id:hiten_alice:20180615180948j:plain

後篇

 勝己は扉のノブに手をかけてはたと止まった。
 密やかな声に耳を澄ます。出久の声だ。
 眠っている自分にこっそり語りかけている。くしゃくしゃだとかトゲトゲだとか。聞いたことのないような優しい口調で。部屋に入れば何かを壊してしまいそうだ。掌が硬直したように固まってしまう。
 いや、何が壊れるっていうんだ。出久が余計なことをしてやがるだけだ。音を立てないようにそっとノブを回してドアを開け、隙間から部屋を覗く。二段ベッドの上段にいる出久は気づいていないようだ。優しく語りかけながら、眠っている勝己の髪を梳いている。こんな出久を見たことがない。声をかけられない。
 眠る自分の身体に話しかける出久を見ているとだんだんムカついてきた。俺にはあんな風に話すことも、笑うこともねえじゃねえか。ああそうだ、誰のせいだといえば俺のせいだ。
 我慢がならなかったんだ。
 ここ最近出久に対して苛ついている。隠すことは出来ないし、するつもりもない。苛立ちに任せて怒鳴り散らすとあいつは戸惑い。怯えるあいつの面を見て、一瞬だけ溜飲が下がる。その後は胸を掻き毟りたくなるくらい苦しくなる。その繰り返しだ。
 昔のように堂々巡りになるだけだ、間違った方法だと。わかっていてもそうする以外、手段が浮かばねえんだ。
 グラウンドベータで対決して以後、出久は日毎に打ち解けてきた。いつも自分の顔を見ると、機嫌を伺うようにおどおどしていた出久が、物怖じせずに話しかけてくる。それだけでも長年のストレスが融解していった。柔らかな陽の下の木漏れ日のような。これがずっと求めていた関係なのだと思った。思い込もうとした。
 だが次第に違和感を否定できなくなった。燠火のように腹の底で燻るもの。それが何なのか認識したのはあの日だ。
 いつものように出久はトレーニングを済ませて寮に戻ってきた。自分は共有スペースに向かうために階段を降りていたところで、階段を駆け上がってきた出久と階段の踊り場でぶつかり、組み伏せる形で転んだ。
 身体の下に出久がいる。
 汗ばんだ出久の身体の存在感に、Tシャツ越しの体温に、心臓が早鐘を打った。ざあっと頭に血が上り、下腹部が熱くなった。
 重なった身体の、押し付けた下腹部の、股間の膨らみに気づかれたんじゃないか。
 だが、あいつは平然として言った。
「ごめんね、よそ見してたよ」
 顔色も変えることもなくだ。俺が勃っていることもわかっただろうに、気にしてないのだ。組み伏せられても何とも思わないのだ、出久の野郎は。ふつふつと怒りが沸いた。
「気いつけろ!クソカスナード!」
 不機嫌を露わにして返しても、俺の苛立ちに気づきもしない。へらっと謝罪の言葉をまた繰り返すだけだ。以前なら、俺が何らかのアクションをすれば出久はビクついていだろう。俺の機嫌を探るように見つめてきただろう。あいつを追い詰める俺の高揚と、あいつの緊張はある意味で共通していたのだ。今はどうしようもなく乖離している。
 あいつに覚える勃起の感覚を、興奮しているからだとか疲れてるからだとか、もう言い訳は出来ないのだ。俺はここから始まると思っていた。なのに、出久にとって俺との関係はここがゴールなんだ。俺とあいつとは望む未来形が違うのだ。どこまで行っても平行線なんだ。
 このままではだめだと確信した。壊さねばならないのだ。弛緩した関係に落ちて身動きが取れなくなる前に。
 生温い関係なんざいらねえ。んなものは糞食らえだ。
 俺の持っていた万能感を、さらに増長させたくせに、それを根こそぎ奪った出久。俺を満たすものはあいつが持っているのだ。取り戻さなきゃいけないのだ。悔しいのも苦しいのも、あいつのせいなのだ。そんな風に思い込んで。ぶつかり合って、弱さを認めて、自分を包んでいた殻が剥がれ落ちて、それでも残ったもの。それだけが確かなもの。
 あいつが欲しい。必ず手に入れてやる。
 きっとそれだけだったのだ。ならば無自覚な内から何年思い続けてきたと思っているのか。どれだけ想いを拗れさせてきたと思っているのか。
 吐き出せない想いが胸に溜まってゆく。顔を見るだけで息が詰まって日に日に苦しくなる。苛立ちはつのるばかりだった。なまじ期待してしまった故に、自覚してからは一層憎らしくなった。まだこれまでのギスギスした関係の方がマシだとすら思ったのだ。
 てめえに俺という存在を刻み付けられないで、何の意味がある。てめえは俺の気持ちを逆立てるくせに何も気付いてやしない。穏やかな関係なんざ俺たちには似合わねえ。俺はてめえを壊してえんだ。てめえが何を望んでいたとしても。
 クソがクソが!腹が立ってしょうがねえ。こそこそ見ているなんて、俺らしくねえんだよ。
「おいデク!」
 と怒鳴り、勝己は勢いよくドアを開けた。出久はびくりと震え、慌てた様子で勝己の方を振り返る。
「な、何、かっちゃん」
「今てめえ」と言いかけて勝己は踏みとどまった。言えば出久が眠ってる自分の髪を梳いているのを、覗いていたことがバレてしまう。「何でもねえ」と怒鳴って誤魔化す。
「ね、寝返りさせてたんだよ、かっちゃん」
 見られていたとも知らずに、言い訳する出久に心底苛ついた。
 
 その夜は広場でキャンプファイヤーが行われた。A組とB組合同での開催だ。
 夕暮れになりB組の面々が合宿所に押し寄せてきた。
「おう!切島」「おう鉄哲!」と似た者同士で拳をぶつけて挨拶し合っている。女子達は「久しぶりー」「もっと合同イベントやりたいよね」と盛り上がっている。出久は班長同士で集まっているようだ。「1年生の時の林間学校ではできなかったからね。途中で中断してしまったからね」と物真似野郎がこっちを見ながら、思い出したくないことを蒸し返してきた。クソうぜえ。殺意を込めて睨みつける。
 広くはないロビーがごった返してきて、喧しくなってきた。「班ごとに点呼をかけろ。全員揃ったら広場に出るように」と先生達が声をかけた。
 広場では星明りと合宿所の明かり以外に光がない。少し離れるだけで、視界が黒いビロードのような闇に包まれる。
 昼のうちに組んだ木組みに轟が火を付けた。ビロードを闇を焦がし、炎は次第に大きくなりパチパチと火花が爆ぜる。安定したところで、皆が輪になって炎を取り囲んだ。
 火焔は舞い上がり、火の粉を吹いて闇を焦がす。金色の粉に煽られ、色鮮やかな蝶が幻のように現れた。眩さに誘われたのだろうか。蝶は焔と遊んでいるかのように戯れ、橙色の舌に巻かれて捉えられ、舞うように火に飛び込む。途端に蝶は影となり消えてしまった。跡を追うように、一匹また一匹と、炎に向かって蝶が飛んでくる。
 身を焦がすとも知らずに炎に近寄る蝶に、誰も気づいてないのか、A組の奴らもB組の奴らも皆笑ってやがる。何がおかしいんだ。
 炎から目を離している間に蝶がいなくなった。燃やし尽くしてしまったのか。
 いや、蛾じゃあるまいし、夜に蝶なんて飛ばないだろう。幻影だったのだろうか。俺しか見てないのか。出久は見ていただろか。
 勝己は輪の中に出久の姿を探した。名前も覚えてねえB組の連中を4,5人おいて出久は立っていた。癖っ毛が炎のように揺らめいている。焔に照らされた顔は嬉しそうでやけに眩しい。てめえはそんな顔もしやがるんだな。一瞬見惚れてしまう。網膜に焼き付く。
 あれは俺のだ。胸に焼きつくような痛みが走る。なんでこの手の中にいないんだ。
 先生の指示で輪になった隣同士で手を繋ぎ始めた。勝己はじっと掌を見つめる。厚い皮膚に覆われた、爆破の衝撃に耐える掌。苛ついて苛ついて、いつかのように、また俺はあいつの手を突き放したんだ。
 輪から出ると、勝己は「どけ!」と出久の隣の生徒を押しやって、繋いでいた手をもぎ離し、隣におさまった。
「え!なに?かっちゃん?」と躊躇する出久の手を構わずにぎゅっと握る。出久は驚いて目を見開いたが、たどたどしく指を折り、手を繋いでぎこちなく勝己に微笑みかけた。
 出久の作り笑いだ。反射的に勝己の眉根に縦皺が寄った。見るたびに苛立ってしょうがなかった。本当の笑みを向けるようになってきてたのだ。もっと先を渇望してやまなくて、苛立ちでてめえを遠ざけた。
 永劫に交わらない平行線なんて耐えられない。それでも手放すことなんてできない。どうすればよかったんだ。
 掌の温もり。じわりと侵食してくる出久の体温。
 俺のもんだ。
 炎は空気を孕んで巻き上げる。火の粉が夜に吸い込まれ、星になってゆく。

 夜が明けたようだ。
 瞼の裏が赤くなり、明るさを感じる。だが何故か目が開けられない。
「眠ってる君は側に寄っても怒らないね」と囁く聞き慣れた声。ころころと鼓膜を擽る出久の声。
 優しく髪を梳く出久の指。勝手にてめえ、俺に触んな。髪に差し込まれた指が丁寧に髪を撫でる。触れられた頭皮の箇所がさわっと痺れる。すぐ傍に座っている出久の気配。動悸が早くなる。前髪を梳いていた指が額を撫でる。擽ったいけれど気持ちいい。
 ドアが開く音。
「おいデク!」
 自分の声が聞こえた。するっと手が離れてゆく。
「な、何、かっちゃん」と狼狽したような出久の声が応じた。
 出久は梯子を降りて行った。待てよと引き止めたい。今のはなんのつもりだと問い詰めたい。なのに目は開けられず身体は動かない。クソが!
 てめえはいつもそうだ。近づいてきてはそっと触れて、すぐ離れるんだ。てめえが気まぐれに触れるだけで、俺がどう思うのか考えもしねえんだろ。
 自分の弱さを認めたことで、確かに俺は楽になった。てめえとガキの頃みたいに話せるようになった。だから俺は高望みをしちまった。てめえが手に入るんじゃねえかと。だがてめえは俺とお友達ごっこができれば満足なんだ。この先なんてねえんだ。くだらねえ。
 俺は違う。てめえは考えたこともねえだろ。俺がてめえに欲情してるなんてよ。抱きてえって衝動を押さえつけてるなんて、ありえねえんだろ。
 触れたらきっと押さえ切れねえ。今までてめえに対しての衝動を、律したことなんか一度もねえのに、今になって忍耐が必要になるなんて。なのにてめえは知りもしねえで、お気楽に俺に触れやがって。
 目が覚めて飛び起きた。まだ日の出の前の薄暗さだ。
 なんだ今の夢は。ただの夢にしてはやけに生々しかった。髪にまだデクの手の感触が残っているようだ。隣のベッドで出久は静かに寝息を立てている。
 まさか、眠ってる自分の身体に入ったのか?
 話していた内容は昨日の昼間にしていたあいつとの会話だった。昨日の自分の中だったのか。あり得ない。ただ記憶が夢で再現されただけじゃないのか。ならば頭皮に髪に残るあいつの感触はなんだ。
「おはよう、かっちゃん」
 起きた出久は伺うように挨拶してきた。昨日のキャンプファイヤーで手を繋いだからか、心なしか気を許しているようだ。あんだけで弛緩してんじゃねえと、ちょっといらっとする。出久は呑気に布団を畳みはじめた。こいつはどうなんだろう。
「おいデク、変な夢を見なかったか」と聞いてみた。
 出久はきょとんとしている。「昨日の夢は覚えてないよ。かっちゃんがそんなこと聞くなんて、どうしたの?」
「どうもしねえわ。うぜえ」
 こいつは見てねえのか。ならただの夢に過ぎないのだろうか。

 その夜、勝己は出久のベッドの上段に上がり、眠る出久の枕元に座った。穏やかに寝入っている顔を見つめる。出久は風呂に入ってるから暫くは戻って来ない。
 そっと頬に触れる。柔らかくてすべすべした手触り。そばかすを数えるようにつつく。指を滑らせて、唇を形どるように撫でる。
 てめえは夢ですら中途半端なんだよ。たとえ夢の中であったとしても、てめえが俺に触れるなら。俺も触ってやるわ。
 勝己は出久に顔を近づけて、そっと触れるだけのキスをした。柔くて温かい。足りない。全然足りない。顎を掴んで口を開かせ唇を塞ぐ。口内に舌を差し入れて舌先で舐める。歯列を舐めて出久の舌に触れる。アイスクリームを舐めるように、濡れた柔らかさを味わう。離してもう一度、今度はもっと舌を絡ませて深いキスをする。夢中になってキスを繰り返す。唇が離れるたびに濡れた音がする。
 わかってたことだ。触れてしまったら止められないってことは。
 部屋の外で足音が聞こえた。聞き慣れた靴音。出久が戻ってきたのだ。それでももう少しだけ、後一回だけとキスを続ける。浅ましく求めてしまう。
 出久がドアを開けた。ベッドの上段を見上げて首を傾げ、「何してるの?」と問うてくる。勝己は徐ろに頭を上げた。気づかれてはいないようだ。
 勝己は何食わぬ顔で答えた。「何でもねえよ。てめえが息してんのか顔見て確認してただけだ」
「そう、なんだ。ありがとう。かっちゃん」
 ベッドからジャンプして飛び降り、勝己は出久に告げた。「デク、今日から交替だ。俺が身体の面倒みてやるわ。俺のもてめえのも両方な」
「え?かっちゃんが?」
「今までご苦労だったな」
 勝己はにやりと笑った。あ、うん。と出久は何か言いたげにしていたが、何も言わずに目を逸らした。



 かっちゃんは何してたんだろう。僕の身体がある方のベッドで。顔を見てただけだと言っていたけれど。嘘をつく理由はないから、彼が言うならそうなんだろう。でもなんで僕の顔なんか。聞きたいけど、怒られそうで聞けない。
 かっちゃんは僕と入れ替わりに風呂に入りに行ったから、まだ暫くは戻ってこない。戻って来たら聞いてみようか。空の隣のベッドを見ながらうとうとして、出久はいつの間にか眠りについた。
 外が明るい。瞼の中に光が射してくる。朝になったみたいだ。なのに目が開けられない。身体も動かせない。金縛りだろうか。
 側に人の気配を感じる。顔の上に被さる体温。唇に柔らかいものが触れる。誰かの唇だ。触れては離れる温もり。誰かの手が顎を掴んで口を開けさせた。唇を割って入って来たのは人の舌だ。ピタリと唇が合わせられ、口内を柔らかい舌が這う。口腔を余さず探られる。吐息を奪われる。舌を舐め上げられ、戯れるように絡む水音が直接耳に響く。ディープキスされてるのか。どうしよう。逃げられない。焦るのに身体が動かない。誰なんだ。
 甘い匂いが鼻先を掠める。嗅いだことのあるような匂い。
 そんなはずない。気づいてはいけない。頭の中で警鐘が鳴る。
 何してるの、という声が聞こえる。名残惜し気に唇が離れた。覆い被さっていた人物が答える。
 何でもねえよ、息してんのか確認してただけだ。
 かっちゃんの声?今のはかっちゃんなのか?
 驚いて飛び起きた。天窓には星明かり。瞼の裏は明るかったからてっきり朝だと思ったのに、まだ夜だったのか。動悸が速い。心臓が咽喉から飛び出そうだ。なんて夢見てしまったんだ。かっちゃんがそんなことするはずないじゃないか。昨日と同じ会話をしていた。きっと記憶を元にした僕の妄想だ。
 眠ったらまた見てしまうかも知れない。出久はまんじりともせずに夜を過ごし、白々と夜が明けてほっとした。
 勝己を起こさないように、音を立てないようにして部屋を出ると、洗面所に向かった。夢のはずなのに口の中に生々しく蘇る口付けの感触。朝なんだし、歯を磨いてから戻ることにしよう。
 だが、歯磨きを済ませて何度うがいをしても、どうしても夢の中でのキスの感触が消えない。
 唾液の味。口腔の粘膜を探る柔らかさ。脳に直接的聞こえた舌の触れ合う音。
 顔が火照ってしょうがない。振り払うように水飛沫を上げて顔を洗う。顔を上げると鏡の中に勝己の顔が見えた。いつの間にか勝己が背後に立っていたのだ。
「うわ!かっちゃん」
「てめ、飛沫が撥ねんだろが!クソが!」
「ごめん、拭いておくよ」
 出久は首にかけていたタオルで鏡を拭く。ゴシゴシ拭くとかえって鏡面が曇ってしまった。
「なあ、デク」背後で勝己が言う。「昨日変な夢見てねえか?」
 問われてどきりとする。まるで見透かされているような口調。あんな夢見たなんて、君が知るわけないのに。聞かれたって誰にも言えるわけ無い。君に、言えるわけない。
 曇った鏡から目を離さずに「別に夢なんて見てないよ」と答える。
「夢を見てないと思ってる奴でも、本当は見てるらしいぜ。忘れてるだけでよ」
「そ、そうなんだ。詳しいね」動揺してしまって振り返れない。とても今は顔を直視できない。
「ふうん」納得してはいないような訝しげな声だ。「こっち向いて答えろよ、デク」
 耳のすぐ後ろで低く囁かれた。ひゅっと息を呑む。皮膚がざわつく。
「なあ、デク」勝己の手が肩に触れた。
「爆豪、緑谷、ここにいたのか。朝飯の前にちょっと部屋に来てくれ」
 入り口の向こうから呼びかける声。相澤先生だ。身体の硬直が解けてゆく。
「ああ?んだよ」
 勝己が背後から離れて、洗面所を出て行った。安堵して肩の力が抜けた。

「何かわかったんですか」
「まだ原因はわからない。やはり俺達の他にこの付近には誰もいなかった。衛星も監視カメラも確認したし、改竄の後もない。個性を食らったわけでもないようだ。」
 出久の問いかけに、パソコン内のカメラの映像を示して、相澤先生は言った。
 勝己は憤慨した。「結局なんもわかんねえんじゃねえか」
「だが手がかりはなくはない。宿泊施設の関係者に聞いたが、この山では時折不可思議な出来事が起こるらしい」
「どんなことがあったってんだ」
「数年前のことだ。山に登った子供達が合宿所で過ごしている内に、いつの間にか人数が1人増えていたそうだ。だが誰が増えたのかわからない。なにかの手違いなのかと思ってそのまま過ごしたが、数日たって下山する頃には、減って再び元の人数に戻っていたらしい。今度は逆に誰が減ったのかわからなかったそうだ」
「本当かよ。嘘くせえ」
「登山者の中に子供がいるときに、たまにこういった現象が起こるらしい。全く同じではなくても、類似の記録がいくつもあった。原因はわからないが、こういった現象は山にいる間だけで、下山する頃には元に戻っていたそうだ。今まで何事もなく済んでいるので公にしてないらしい」
 出久は問うた。「ほっといていいんですか」
「調査はしたそうだが、個性の発現以後そういった学問は廃れ気味でな、専門家が少ないんで難航しているようだ」
「人に宿る個性でも、超常現象レベルのものもありますもんね」
 轟や八百万の個性も勝己の個性も、個性の時代だからこそ普通に受け入れられているが、物理現象としては相当不可思議といえる。無論、OFAも。
「何かの個性の残滓が残っていたのかも知れないが、どちらかと言うと、やはり現象というべきだろう」相澤先生はふうっと息を吐いて続ける。「しかし、原因と思われる子供はいたらしいな」
 勝己が乗り出した。「やっぱりいんじゃねえか、犯人がよ」
「え、でも個性ではないんですよね」出久は問うた。
「説明しにくいことだがな」相澤先生は続ける。「今までの事件の共通項は、子供達の中にえらく不安定な者がいたということなんだ。精神的にまいってたり鬱屈してたり、逆にハイになってたりな。そんな極端な心の波動が外部に影響を与えることがあるらしい」
「つまり今回も誰か原因になる奴がいるってことか。そうだな?」と勝己。
「ああ、おそらくだが」相澤先生は椅子を回して向き直る。「原因はお前達の方にあるようだな」
「はああ?俺らのせいだって言うのかよ!冗談言えよ」勝己はいきり立った。「そりゃあ憶測でしかねえんだろ」
 相澤先生は静かに語る。「お前らに起こった現象なんだから、原因もお前ら自身と考えるのが自然だろうが。まあ確証はない。ただ、子供の精神力は強いんだよ。お前達の考える以上にな。現実を覆し幻を具現化させてしまうほどに」
「やっぱり分身作るとか、そういう個性の奴がいただけじゃないのかよ」
「残念だが該当するような個性の者はいなかったそうだ」
「新たに個性を得た奴がいたんじゃねえのか」
「個性は4歳までしか発動しない。例外はない。知っているだろう」
 ちらっと勝己を伺って出久は返事をする。「はい、そうですね」
 勝己は鼻を鳴らした。出久の個性が高校になっていきなり発現したと思われていた頃は、随分勝己を悩ませていただろう。
「だから現象としか言いようのないものだ。もう一度聞くが、お前達に合宿所に戻るまでの記憶はあるのか」
「言ったじゃねえか。ねえよ。霧の中で彷徨っていただけだ」勝己が言う。
「その前に何してたか覚えてるか。森の中に入ったことじゃなく、その前までの記憶だ」
 出久が答える。「その前って、ベッドに入って眠って。気が付いたら森の中を歩いていたんです」
「なるほど。前の夜に睡眠した自覚はあるんだな」相澤先生はふっと笑った。「ひょっとして、お前たちは夢の中から来たのかも知れないな」
「はあ?何言ってんだ」勝己は言う。
「仮定だがな、お前たちは今、夢を見ているのかも知れんぞ。この合宿の夢をな。今話してる俺もお前らにとっては夢なんじゃないか」
「先生?そんなこと」
 これが夢だなんて。飯盒炊飯もキャンプファイヤーも夢だなんて。出久はぐらりと足元が揺れたような気がした。
 相澤先生は言う。「ま、冗談だがな」
「やめろよ、笑えねえ!」勝己は怒って言い返す。
「で、夜は眠れるのか?」
「ああ?ちゃんと寝てるわ!」
「どうだ、夢は見るのか」
 一拍おいて勝己は答える。「夢なんざなんも見てねえよ」
「僕も見てないです」出久は嘘をついた。
 その他に眠ってる自分達の身体に何か変わったことはないかと細かく聞かれ、何もないと二人とも答えた。
「変化なしか、様子を見るしかないな。今までのところ他の生徒達には何も起こってないようだ」
 引き続き隔離するかのように、屋根裏部屋で寝ることになったが、意外なことに勝己は大人しく同意した。同室になった当初はあんなに文句を言っていたのに。
 朝食の時間が近くなったので、2人は相澤先生の部屋を退出した。何故か歩調を合わせて勝己は出久の隣を歩いている。見られているようで落ち着かない。
 勝己が口を開いた。「てめえ、夢見てねえのか」
「え?な、ないよ」ちょっと狼狽える。夢は見てるがとても言えない。
「かっちゃんも夢、見てないんだよね」
「聞いてんのは俺だ」
「見てないよ。本当だよ」
 勝己が睨んでいる。見透かされているようで目を合わせられない。君が知るはずもないのに。

 夜が来てしまった。
 勝己のベッドからは寝息が聞こえてくる。もう眠ったようだ。
 出久は溜息をついた。眠りたくない。またあんな夢を見てしまうかも知れない。だがベッドに入るとあっという間に睡魔が押し寄せた。
 瞼の裏はとても明るい。どうやら昼間のようだ。梯子を登ってくる足音。ベッドがミシリと音を立てて軋んだ。顔の上に人の気配。唇に吐息を感じた。
 誰かがキスを落とした。唇の感触は生々しくて夢とは思えない。指一つ動かせない。自分の上にいる人物はキスをしながら布団を剥がした。誰かの掌が身体に触れる。服の上から愛撫する。
 Tシャツの裾から手が潜り込み、腹から胸を摩り、乳首を指先で撫でて摘む。ごつごつした手が動けない自分を弄ぶ。それなのに身動きできない。相手のなすがままだ。この掌をよく知っている。手の持ち主がデク、と囁いた。
 切なげにデク、と名を呼ぶ勝己の声。何度も何度も。こんな優しい声なんて聞いたことがない。肌を探る手つきも優しくて、出久の気持ちは落ち着いてきた。だがそれは短い間だった。
 腹を撫でていた手がハーフパンツの中に潜り込んできた。動転して目を開けようとしたができない。手は暫く布の上から性器を撫でていたが、するりとボクサーパンツの中に入って来た。出久の性器に指が巻きつけられる。指は輪を作るように肉茎を掴んで摩る。扱く手つきは巧みで、次第に血液が集まり膨張してきたのがわかる。衣擦れの音が耳を犯す。強制的に快感を煽られ、嫌だと思っても指一つ動かせない。気持よくて怖い。知らない感覚を呼び覚まされる。やめてと声を出そうとしても果たせない。
 目が覚めた。天窓から笑ってるような形の月が見えた。
 声を上げてしまってやしないだろうか。シャツの中は汗だくだ。股間が膨れている。恐る恐る触れたが、濡れてはいない。夢精してなかったようでほっとする。
 また変な夢を見てしまったのだ。感触が残っていて本当に起きたことのようだ。でもまさか。かっちゃんがそんな、僕に悪戯なんてするわけないじゃないか。万が一そんなことされたとしたら、流石に起きるだろう。
 何度もあんな夢を見るなんて、彼への冒涜だ。ひょっとして僕の願望なのか。違う。彼への気持ちは憧れだ。そんなのあるわけない。
 そろっと起き出してトイレに向かった。用を足そうと前をくつろげ、雁首を摘んだ途端にビクリと手が硬直する。性器を触り弄んできた指の感触。先端を撫でて抉れた部分をくるりとなぞる巧みな手つき。
 まるで本当にあったことのように生々しく蘇ってくる。なんでこんな夢を見るんだ僕は。おかしくなりそうだ。
 この日も勝己はいつもどおり剣呑としていた。食事中もトレーニングの間も変わらない。けれども、時々探るような視線を向けられている気がした。
 夢を思い出してしまって、彼の顔をまともに見られない。僕はどんな顔をしているんだろう。


6


 夕食が終わり、勝己の後に風呂を済ませて、出久は部屋に向かった。
 明日で合宿は終わる。前例通りというなら、原因不明のこの事象も終わるのだろうか。 変な夢も、見なくなるだろうか。先生は様子を見ると言ってたけど、もし何も変わらなかったらどうなるんだろう。考えに耽りながら部屋のドアを開けた。
「遅かったじゃねえか、デク」
 低い勝己の声。暗い部屋の中、勝己が窓枠に座っている。月明かりに髪が金の焔のように揺らめいている。瞳の赤が光を反射して、まるで猛禽類のようだ。捕食されると錯覚したかのように体が震え、ざわっと総毛だつ。
「待ってたぜ、デク」
「かっちゃん?電気つけないの?部屋暗いよ」
 恐れを堪えて明かりのスイッチを入れようと壁を探すと「つけんな!」と勝己は吠えた。びくっと手が止まる。
「デクてめえ、昨日はどんな夢を見たんだ?」
「何も、夢なんて何も見てないよ」
「見てんだろ?しかも誰にも言えないようなやつをよ」
 心臓が跳ねる。まるで夢の内容を知っているような口調だ。君が知るわけない。あんな淫夢のような夢。
「そういうかっちゃんはどうなんだよ」逆に問うた。
「俺は見てるぜ。毎日な。どんな夢か聞きてえか?」
 デクはゴクリと唾を飲んだ。聞いてはいけない気がして、首を横に振る。勝己がくくっと笑った。
「そこで眠ってる俺らはどんな夢を見てるんだろうな。デク」
「え?考えたこともないよ」突然話題を変えられて戸惑う。
「合宿の夢を見てるのかもな。今この時、てめえが入って来て、俺がこの窓枠に座ってる、この瞬間を夢に見てるのかもな。そう思わねえか」
「それじゃまるで、僕らが彼らの見ている夢みたいだね」
「ああ、かも知れねえぜ」
「相澤先生の言ってたのは冗談だよ、かっちゃん、ねえ、電気付けようよ」
「冗談、じゃねえんだよ」
 出久がスイッチに手を伸ばした途端、手元に爆発の火花が飛んできた。
「付けんなっつってんだろーが!」
「あぶないよ、かっちゃん。スイッチに当たったら壊れちゃうよ」
「てめえが余計な事しなきゃやんねえよ」
 仕方なく照明をつけずにドアを閉めた。月明かりだけが部屋を青白く照らしている。
 勝己が言った。「なあ、デク、俺はこの部屋に来た初日から、眠るとあの身体にオーバーラップしてたんだぜ。知ってたか?」
 頭が真っ白になった。まさか、眠っていると思っていた身体に、勝己の意識があったのか。自分がしていたことを、勝己は知ってるのか?
「嘘だろ?かっちゃん」
「やっぱり知らなかったんだな。だろうよ。てめえが寝てる俺に呼びかけてんのも、俺の髪梳いてんのも知ってるぜ。デク。俺がてめえを部屋に呼びに来た声まで聴いてる。間違いなく俺はその身体ん中にいたんだ」
 かあっと顔が熱くなった。薄暗がりで良かった。きっと顔に出てしまっている。
 でも、冷静になれ。勝己はカマをかけてるだけかも知れないのだ。肯定してはいけない。
「そういう、夢だっただけじゃないのかな?」出久は平静を装った。
「それを確かめようと、てめえと交代したんだ。眠ってる身体ん中に、てめえがいんのか呼びかけた。俺の声聞こえてたんじゃねえか?」
 聞こえてた。デクと呼ぶ声。でも、それだけじゃない。とても言えない。
「ああ、呼んだだけじゃねえわ。確かめようとてめえに触れちまってな。歯止めがかからなくなった。俺が何したか、てめえ、知ってるよな?」
「かっちゃん、まさか」
「キスの味はどうだった?デク」勝己が言った。「寝てても勃つんだな。気持ち良かったか?」
 身体の中で僕が覚醒しているのを知ってたのに、かっちゃんは僕の肌に触れて、僕のあれに触ってたのか。頭に上った熱で目眩がしそうだ。
「てめえは顔に出るよなあ。デク」勝己はさもおかしそうに笑う。「てめえは俺より先にはオーバーラップしてなかった。てめえがそうなったのは、俺と交替してからだろう。眠るてめえにキスしてから、態度がガラッと変わったからな。てめえは眠る身体には意識がねえと思ってたわけだよな。だから俺に触ったんだろ」
 出久は震える声で言った。「ごめん、知っていたら、触れたりしなかった。君は怒るってわかってたから、でも僕は」
「てめえの言い訳なんざどうでもいいんだよ。俺がなんでてめえに触れたのか、気になんねえのか。聞かねえのか?聞けよ!デク」
 触るなって言ってたのに僕が君に触ったから、仕返しされてたんじゃないだろうか。僕を辱めて。面と向かうとそうとしか思えない。何故こんな手段を。
「なんでこんな悪戯、したんだ?」
「悪戯か!は!てめえはすぐにてめえ勝手に解釈しやがる。クソが!まあいい、どうせこれからじっくり教えてやんだからよ。俺は謝らねえぜ。てめえは俺に触れたかったんだろ。俺も触れたかったんだ。なら同罪じゃねえか。罪とは思わねえ」
「かっちゃん」お互い様だから水に流そう、てことだろうか。
「この現象ってやつの仕組みの話だけどな」勝己は首を傾ける。「この身体が眠った時だけ、元の身体に戻ってるんだろうな」
「あっちの身体が本物だって認めるんだね、かっちゃん。じゃあ、僕らは」
「相澤先生の言った通り、俺らは元の身体の見ている夢なんだろうよ。夢が形を成して浮遊してるんだ。意識が身体に戻りつつある今、ほどなくこの身体の方は消えんだろ。多分、明日には。そういう気がすんだよ」
「じゃあ、あっちの身体で目覚めるんだ」こっちは消える。恥ずかしい思いごと、この身体は消えてしまえるのか。そうして、自分たちは元の身体に戻れるのか。
「いや、どっちの身体が消えちまうのかはわかんねえか。どちらが残るにしろ一つに戻るんだろ。だが、意識が眠る身体の方に戻ったら、この身体で経験したことは忘れちまうのかも知れねえ」
「元に戻るんだよ。かっちゃん」それでいいんじゃないか、と思う。
「ああ、だけど忘れちゃいけねえことがあんだろうが、デク」
 勝己の瞳がすうっと細められる。「俺がてめえにしてたことはてめえにバレた。てめえが眠る俺に何してたのか、俺は知った。てめえの本心が知りたくて随分回り道しちまった。やっとてめえの気持ちがわかったってのによ」
 勝己は窓枠から降りてゆらりと立ち上がった。「なのに、もし消えるってんなら、忘れちまうかも知れねえんなら、元の木阿弥だ。せめてその前にてめえを手に入れる」
 薄暗がりの中で、勝己の赤い瞳だけが爛々と野生動物のように光った。捕食される、と頭の中に警鐘が鳴り響く。でも金縛りにかかったように手足が動かない。勝己は壁際に出久を追い詰めた。
「待って!仮定だろ、かっちゃん」
「なあ、デクてめえも俺に触ってたろ。こうやって髪に触ってたよな」
 勝己は出久の手を掴んで髪に触らせる。指先にさらさらと触れる髪。眠っていた勝己の髪と同じ手触り。
「てめえは顔にこう、触ってたよな」勝己はさらに頬に掌を当てさせる。
「ごめん。かっちゃん」
「ああ?何をあやまってんだ。俺もてめえに触ってんだ」少し苛立ちが勝己の声に滲んだ。ごくっと勝己の喉仏が上下する。「デク、触んぞ」
 Tシャツが捲られ、出久の肌を勝己の掌が滑る。指先が乳首に触れて円を描くようになぞる。出久の反応を引き出すように丁寧に愛撫する。
 あ、と声を出してしまった。足の力が抜けてしまい、壁にもたれかかったまま、ずるずると崩折れて床に腰をつける。勝己もしゃがんで膝をつき、五指で胸筋の間をなぞる。指は腹筋に降りて文字を描くように触れる。夢で感じたのと同じ性的な指の感触だ。吐息が震える。
「寝てるてめえに触るよりずっといいな。反応があるからよ」
 くっと笑うと、勝己の手は出久の下腹部を撫でてハーフパンツの中に入った。夢と同じように、下着の上から出久のものを撫でる。
 震える声で出久は「かっちゃん」と呼んだ。
「なんだ、デク」と囁きながら勝己が唇を重ねる。貪るようなキスをする。ねっとりと口内を味わって、唇が離される。
「甘えな。夕飯のデザートか、歯磨いたんかよ」勝己は揶揄うように言った。
「磨いたよ」
「ああ、じゃあ、これはてめえの味か」
 にっと笑い、勝己は再び唇を奪うと、キスをしながら床に組み伏せた。出久のTシャツを剥ぎ取り、勝己も脱いで肌を重ねる。均整のとれた筋肉質な身体の重み。勝己の唇が顎を辿り、首元まで降りてゆく。肌に唇を滑らせ、吸い上げる。さっき捏ねられて、膨れた乳首を舐めあげる。唇と舌で肌に与えられる、感じたことのない感覚。
「こんなの、間違ってるよ」震えが止まらない。「夢に踊らされてるんだ」
「それがどうした。逃げんな」
「かっちゃんだって、わかってるだろ」
 出久は身体をずらして重みから逃れようとした。だが、勝己は緩慢に逃げをうつ身体を返して俯せにし、腰を持ち上げる。。
「今更逃げんな、デク」勝己は言い、出久のハーフパンツを脱がすと、尻を剥き出しにして、背中に覆い被さった。前に回された勝己の手がペニスに触れる。
「わ、かっちゃん、やだ」
 急所を掴まれた。身体から力が抜ける。
「はは!動けねえだろ。心配すんな。気持よくさせてやるわ」
 勝己のゴツゴツした掌が出久の肉茎に絡みついた。巧みに動き、雁首の下に指を巻きつけて揉んでは扱く。夢と同じやり方だ。
「ん、や、やめようよ、かっちゃん」声が上擦ってしまう。
「はっ!途中でやめていいのかよ。んな声で言われても説得力ねえわ。いいんだろ、デク、なあ」
 快感に抗えない。あっという間に勃ってしまい、勝己の手の中に射精してしまった。勝己は腰を引き寄せて双臀を掴んで開いた。誰にも見られたことの無い場所。中心が彼の前に晒される。何をされるんだろう、とぼんやりと考える。柔らかい感触が掠め、窄まりを触れては濡らした。はたと舌の感触だと気付いた。勝己は舐めている。あまりのことに出久は動転した。
「かっちゃん、何してんだよ!」
「石鹸の香りすんな」
 そう言って勝己は唾液を塗りつけて、中に塗り込めるようにして指と舌で解す。
「やだ、舐めるなんて、やだよ、おかしいよ」
 中心を這う暖かい舌。恥ずかしさで頭が沸騰しそうだ。「お願いだよ、変だよ」
 出久の懇願を聞かないふりをして勝己は行為を続けた。後孔を降りて肉袋を咥えて舐め上げる。痺れるような感覚が這い上がってくる。丹念に舐めほぐしてやっと離してくれた。頭がぼうっとする。
「デク、ほっとしてんじゃねえぞ。入れるぜ」
 勝己は俯せのままで出久の脚を開き、窄まりに性器を押し付けた。丸みを帯びた熱い肉の感触。惚けていた頭が醒める。
「ちょ、かっちゃん待ってよ!嘘だろ、無理だって」
「クソが、待てるかよ!入れてから待ってやる」
「それじゃ遅いだろ!」
 勝己は本気だ。出久はもがいた。勝己の唇が首に触れる。舌が頸を舐めて軽く噛み付く。驚いて首を動かすと、歯型が付きそうなほどぐっと歯が食い込んだ。
「痛い!ひどいよ」
 首に噛み付いて抑え込むなんて、猫の交尾のようじゃないか。出久は首を捻って振り向いた。途端に力強い手が頭を掴んだ。
 勝己が顔を近づけてくる。
 月明かりに青白く照らし出された端正な輪郭。美しい金の獣だ。一瞬、この獣になら食われてもいいと思ってしまうほどに。
「デク、てめえから始めたんだ。眠ってる俺にてめえが触れた時からな」
 深く口付けをすると、勝己は腰を押し付けた。太腿をがっしりと掴まれて足を閉じられない。
 熱の塊が敏感な部分をじらすようにつついて擦り、窄まりを探り当てた。とたんに熱は硬い肉棒となり内部に押し入ってきた。
「い、た!あ、かっちゃん」
 雁首を沈められ、引き抜かれ、また入れられる。先端使って入り口を広げるつもりなんだろうか。何度も太い部分だけを入れられるのが辛い。挿入されるたびに息が詰まり、ん、んとこらえきれない声が漏れる。
「もっと奥に入れて欲しいんか、ならそう言えや、デク」
 窄まりを攻められるより、いっそその方が楽になれるだろうか。でも言えるわけない。
「そうか、楽にしてやるよ」
 出久の思考を読んだように、勝己が腰を打ち付けた。勃起がぐっと深く入ってきた。
「あ、うあ、かっちゃん」
 楽になれるなんて、なんで思ったんだろう。痛くて苦しくて堪らない。狭い内壁が擦られて腹中を熱い生肉に押し上げられる。
 自分の意思とは関係なく、内部がうねるように動いて勝己のペニスを締めつけている。雁首、肉茎、彼の男根の形を知覚する。突かれるたびに喘いでしまう。
「やらしい声、煽んなよ、デク」
「な、だって、かっちゃんが」
 勝己は覆い被さると、二の腕を押さえつけて強く腰を揺する。串刺しにする勢いで深く貫く。肌が打ち付けられ音を立てる。
「はぅ、あ!」出久は悲鳴をあげた。
「で、何だ。言ってみろ」
 息も絶え絶えでとても言葉が継げない。言わせないようにしてるとしか思えない。
「待ってやってんだろお。言えや。喋れねえんかよ」
 勝己はスピードを緩めた。腰を少し引いては挿れる動きで中を丹念に擦る、小刻みに前後に揺さぶる。擦られたところから焼きつくされてしまいそうだ。内部から侵されてゆく。
「は、あ、かっちゃん」
 自分の声に甘さが混じる。勝己の動きが変わった。深く挿入して止めては掻き回すような緩やかな動き。中を慣らしているようだ。
「は、は、いいのかよ。デク。俺ので感じてんのかよ」
「違う、や、あ」
「認めろよ。俺ので感じてんだろ。てめえん中、すっげえいいわ」
「何言ってんだ、ああ、やめ、」
 勝己は陰茎の先端だけ中に残し、ギリギリまで引き抜いて突き入れた。勢いよく腰を振って激しく律動する。陰嚢が窄まりの下に打ち付けられ、男根は出久の体内を激しく抉り、揺さぶる。 確かな身体の感触。内部を焦がす融けそうな熱。自分の意思とは関係なく彼を求めて絡みつく粘膜。
「は、はあ、出すぜ、デク」
「あ、や、何を」
 射精するってこと?と思い当たった瞬間、登りつめた勝己は唸り声を上げて、中で逹した。熱い飛沫が体内に注がれる。
「は、あ、かっちゃん」首を起こし、出久は背後を振り向いた。
 勝己は引き抜いたペニスの先を押して白濁を出し切り、出久の窄まりに擦りつけている。
「ふは、は、てめえを抱いたぜ。デク」勝己は嬉しそうに笑う。「やっとだ。はっ!やっとだ!あんなに身の内を荒れ狂っていた嵐が、嘘みてえに凪いでゆくわ」
 勝己はどさりと出久の上に身体を重ねた。背中に触れてる勝己の逞しい上半身。肩口に伏せた顔。呼吸が荒い。高地トレーニングでは息切れひとつしてなかった勝己なのに。自分も息が上がってるのだけれど。
「でもまだ全然足りねえ。てめえまだいけんだろ」
「え、む、無理だよ」
 有無を言わさず、ぐったりした身体が抱き起こされ、引き摺られる。よたよたした足取りで2人はベッドにもつれ込んだ。
「は、はあ!」
 勝己に貫かれて出久は喘ぐ。足首を掴まれ、脚を大きく開かされ、正常位で貫かれて激しく揺さぶられる。見下ろす勝己の顎から汗が滴り落ちる。
 勝己の腕が背に回り、出久を抱きしめる。汗ばんだ互いの肌が滑る。まるで水の中のにいるかのようだ。二人して溺れてるみたいだ。ベッドに移動してからどれだけ経ったのだろう。
 下肢を絡ませ合う。唇を啄んでは深く合わせるキスをする。息継ぎをするようにキスを交わす。口付けは互いを生かすための人工呼吸であるかのようだ。
 何度も体の中に射精されて激しく抱かれて、感覚が麻痺していくみたいだ。痛いはずなのに気持ちよく感じるなんて。感覚のどこか壊れちゃったのかな。
 抱き合うことが、まるで約束されていたことのように錯覚する。身体の中を擦る君の屹立に、知らなかった快感を引きずり出される。君を受け入れる部分が自分の中にあるなんて知らなかった。
 体内を行き来する熱く硬いペニスの感触。勝己の一部が出久を貫き、存在を主張する。はっはっと勝己の息は荒く、突き上げては腰を引き、また突き上げる。
 天窓の向こうに、蝶が二匹飛んでいるのが見えた。蒼い月明かりが、ひらひらと舞うシルエットを映し出す。蝶達は窓枠に舞い降りてきて羽を休める。寄り添いながら羽搏く。出久は覆い被さる勝己の肩にそっと触れては離し、また触れる。
「おい」勝己は言う。「デク、じれってえな。腕を俺の首に回しゃあいいだろ」
「でも、触るなって、いつも君は怒るじゃないか」
「クソが!てめえはほんっとクソナードだな。抱きつかねえと怒んぞ」
 そろりと勝己の首元に腕を回す。勝己がにやっと笑い、肩口に顔を伏せて耳朶を甘噛みする。
 奥まで貫かれる身体。デク、と吐息混じりに呼ぶ勝己の声。応えるように喘ぎ声を上げる。上擦った声は、とても自分のものとは思えない。達したのか、ぐっと深く突き入れると勝己は低い声で唸った。


7


 霧に包まれた山頂で、虹の中に見えた2つの影。
 並んで仲良く見えた2人の姿。
 あれが僕らであったなら。あの時僕はそう思ったのだ。
 隣で一緒に見上げていた君も、そう思っていたのだろうか。


 瞼の裏に光が射した。天窓からの光。朝の光。出久は目を覚ました。
 昨日よりも天井が近い。二段ベッドの上段だからだ。ということは眠っていたほうの身体だ。元の身体に戻ったということなのか。
 身体を起こした。ずっと寝ていたから身体の節々が凝ってる。だが身体の内部に残るこの痛みはなんだろう。彼との性交による痛みなのだろうか。この身体ではないはずなのに。いや、あれはひょっとしてこの身体だったのか?
「おいデク」
 反対側のベッドで勝己が立膝をついて出久を見つめている。
「かっちゃん」
 君も目覚めたんだな。射るような強い視線。下段のベッドに勝己の身体はない。ならば自分の身体も下段にないのだろう。
 勝己は跳躍してデクのベッドに飛び移った。反動でぎしっと軋む。
「てめえ、やっと起きやがったか。遅えわ」
 勝己は出久の手を取って自分の頬に当てる。温かい肌。君の体温。
 出久は口を開いた。「僕達は偽物なのかな。本物なのかな」
 勝己は出久の頬に手を伸ばし、さらさらと撫でる。指が顎を辿り首筋に下りて、まるで確かめるように触れてゆく。出久は擽ったくなり、ふふっと笑う。
 勝己は鼻先に顔を近づけた。赤い虹彩が灯火のようだ。
「デク、んなこたあ、どっちでもいいわ」
 勝己は囁いた。その言葉を呑ませるかのように、触れた唇をそっと重ねた。

END

 

胡蝶の夢
 荘子の故事から
 自他の区別がつかない境地。
 目的意識に縛られない自由な境地。
 または現実と夢の区別がつかないことのたとえ。
 人生のはかなさのたとえ。
 もしくは物の形は変化しても本質は変わらないということ。

胡蝶の通い路・前篇(共通版)

f:id:hiten_alice:20180615180948j:plain

前編

序章

 破裂音と閃光。
 掌を発火させた勝己の身体が宙に浮き、出久の眼の前を跳んでいく。
 爆音が木々を縫って遠く木霊する。
「待ってよ、かっちゃん」
 出久は息を切らせて勝己に続いて跳躍した。
 山道を登るほどに急斜面になる。駆けるより跳ぶ方が早いけれど、着地の足場を間違えるとよろけそうになるのて注意が必要だ。
 日本とは違う形の鬱蒼とした木々が生い茂る。この山は富士山より遥かに標高が高いのだ。森を抜けてからやけに息切れする。空気が薄くなってきたのではないだろうか。
 道がなくなり、足元はごろごろと岩が転がる地面になってきた。後ろを振り返るが誰の姿も見えないし、声も聞こえない。後続のクラスメイト達をかなり引き離してしまったようだ。
「待ってよ、かっちゃん、みんな僕らに追いついて来てないよ」
「へっ!知ったことかよ。そう言うてめえも離れちまってんだろうが!」
「だって、このまま班からはぐれちゃったらまずいよ」
「はあ?馬鹿かてめえは!目的地は山頂だろうが。一本道だ。はぐれようがねえわ」
 怒鳴る勝己の声には全く疲れた様子はない。
 出久はその背中に懸命に呼びかける。「かっちゃん、皆を待とうよ。競争じゃないんだから」
「るせえ!てめえにだけは負けねえ!」
 勝己は一層スピードを上げた。自分が追いかけているのがいけないのだろうか。でも、これでも一応班長なのだ。彼を1人にはできない。
 空気が湿って靄が立ち込めて来た。爆破の煙と混じって視界が阻まれる。
 息を切らせて白煙に溶けてしまいそうな勝己の閃光を追う。
 轟音が止んだ。
 勝己が立ち止まったらしい。山頂に到着したのだろう。
 霧の向こうに勝己の姿が見えた。追い付いて勝己の側に歩み寄る。
 空気が薄いせいか急いだせいか。胸が苦しくて、ひゅうひゅうと肩で息をする。眼下を見下ろしても、霧がかかっていて景色が見渡せない。
 隣の勝己を見ると全く息が上がっていないようだ。信じられない。なんて体力なんだろう。
 勝己は出久に気づいているのかいないのか、目を見開いて虚空を見つめている。
「かっちゃん?」
 出久は彼の視線の先を追い、息を呑んだ。
 あれはなんだ。
 ぞくりとして、思わず勝己の腕を縋り付くように掴んでいた。
 虚空に大きな巨人の影が2つ、揺らめいていた。



 海外で行われる山岳合宿まで2週間を切っていた。
 合宿内容は高地訓練やレクリエーションで、10日間の日程だ。クラスごとに分かれて別の宿舎に宿泊する。パスポートを用意したりスーツケースなど旅行用品を揃えたり、生徒たちは買い物や準備に忙しい。出久も含めて、長期宿泊の海外旅行自体が珍しい生徒も多い。
「学校の授業で海外に行けるなんて思わなかったね」「必需品以外にも色々要るよね。遊ぶものとか、何持って行こうか」「みんな、訓練だぞ。遊びじゃないんだ」「何言ってんだよ。固いこと言うなよな」
 出発が近くなるほどに、皆浮き足立ってきた。
「楽しみだね!デク君」
「うん!皆で海外行けるなんて思わなかったよ」
 うきうきと話しかけてくる麗日に、出久も嬉しくなって答える。
「今日のHRでは部屋割りを兼ねた班分けがあるぞ」飯田はそわそわ落ち着かない様子だ。「くじで決めるのか、自由に決めていいのかわからないが」
 いつも以上に手を振って、ちょっと挙動不審な飯田が微笑ましい。
「飯田君と麗日さんと同じ班になれるといいね」
 二人と一緒ならきっともっと楽しいに違いない。クラスの誰とでも楽しいだろうけど。 誰とでも、と考えてきゅっと胸が痛む。
 HRの時間になった。教室に入って来た相澤先生は檀上に立つと、手に持った紙束を示した。
「山岳合宿の日程表を配るぞ。荷物はそれを見て確認するように。コスチュームは別便で運ぶが、身の回りのものは自分で管理しろよ」それから、と相澤先生は別紙を取り出し、「班分けはこっちで決めておいたからな」と告げた。
「えー?」とざわめく生徒たちに「遊びじゃねえぞ、お前ら、異論は認めん」とピシャリと言うと、相澤先生は早速黒板に班分けの名前を書き付けていく。
「嘘だろ」
 黒板を見て、出久はつい口に出してしまった。慌てて前の席の幼馴染の背中を伺う。かっちゃんに聞こえちゃったかな。聞こえてなければいいけど。特に反応はないのでほっとする。
 出久と勝己は同じ班に振り分けられていた。5人で1組の4班構成。出久の班は自分と勝己と轟と切島と上鳴。麗日、飯田とは別の班だ。
「じゃあ、お前ら班に分かれてプリントに従って係を決めろ。俺は寝る」
 そう言うと、相澤先生は後は任せたとばかりに寝袋に潜ってしまった。
 皆はごとごとと机を動かし班に分かれた。出久は向かい側に座った勝己にちらりと目をやる。眼光鋭い紅い瞳と視線がぶつかり、慌てて目を伏せる。
 勝己とは暫く話してない。彼は最近ずっとぴりぴりしているのだ。出久に対してだけ。
 出久の顔を見ると眉根をぎゅっと寄せて顔を顰める。近寄ると鋭い目で威嚇され、話かけようとすると怒鳴られる。まるで入学間もない頃のようだ。何故だかわからない。
 何か僕が君の気に入らないことをしたのかな。だんだん普通に話せるようになってきて、嬉しかったのに。君もそうなんだと思ってたのに。勝己のことを考えると胸がちくんと痛くなる。怒らせるようなことをした心当たりはない。そのうち治まるかと期待しているけど、今日もやはり機嫌が悪いようだ。
「リーダーは誰がやるよ?」と上鳴。
「緑谷はどうだ?お前割としっかりしてるしよ」と切島。
 出久はびっくりして首を振った。「えええええ!僕なんかダメだよ」
「いいんじゃねえか。この班に他にリーダーに向いてる奴はいねえよ」轟も2人に追従する。
「そんな、切島くんがいいと思うよ、頼りになるし」
 上鳴もそうだが、勝己に物怖じせず話しかけられる人がいいのではないだろうか。つい勝己を基準に考えてしまう。
「いや、俺向いてねえよ。俺さあ、結構流されやすいんだぜ。まとめらんねえって」
「だよなー、このメンバーだよ?飯田とか八百万とか、リーダーやってくれそうな奴は皆他の班いっちゃったしよ。頼む!緑谷。お前しかいないんだ」冗談めかして上鳴が片手で拝む。
「そんなあ」
 そっと視線を送るが、勝己はまるで興味なさ気にそっぽを向いている。
「爆豪は異論あるか?」轟が問いかけた。
「うるせえわ!勝手にしろや」
「賛成ってことだな」
「うぜえ!」勝己は苦虫を噛み潰したような顔で轟を睨みつけた。
 あれ、勝手にしろって。決定しちゃった?
「もちろんフォローはするからよ。な、緑谷頼むわ」切島はポンポン、と出久の肩を叩く。
 キャンプファイヤー、登山などのイベントごとの係も決まった。各班もそれぞれすべて決まったところで相澤先生を起こし、机を元に戻して解散になった。
 予鈴が鳴り、すぐさま勝己は教室を出て行った。出久は慌ててその跡を追った。同じ班になったのだ。こんなギクシャクした関係のままじゃいけない。なんとかしなければ。
「かっちゃん、話があるんだ、待ってよ」
 呼びかけるが、勝己の返事はない。聞いてないフリをしてどんどん歩いて行ってしまう。
「かっちゃん、お願いだよ、聞いてよ。同じ班になったんだよ。僕らが揉めてたら皆に迷惑がかかるよ」
「知ったことかよ!話しかけんな、クソが」
 返事はしてくれたものの、案の定取りつく島もない。こんな風に怒鳴られたら、以前なら萎縮してしまっただろう。でも今は彼の理不尽な物言いに対して、多少は言い返せる。君との関係は回復したはずだろ。誤解は解けたはずじゃないか。
「かっちゃんどうしたの。何怒ってるんだよ。僕何かした?」
「話かけんなつったろーが!」
 振り返った勝己の形相は明らかな怒りを帯びている。出久は怯んで反射的に後退った。勝己の腕がぐんっと伸びてきた。肩を掴まれ、廊下の壁にどすんと背を打ち付けられる。
「いた!か、かっちゃん?」
「皆の迷惑?てめえの心配はそんなことかよ。んなもん関係ねえわ」
 苛立ちを滲ませた勝己の声音。
「皆、じゃない」取り繕った言い方は彼には通じない。「僕が辛いんだ。君が怒ってると」
「はっは!てめえかどう感じてようが知ったことかよ」
「かっちゃんが何で苛ついてるのかわからないよ」そう言って出久は俯いた。「教えてよ」
 肩に彼の指が食い込んでくる。骨を砕かれそうなほど強く掴まれる。痛い。勝己は押し黙り、暫くして低い声で答えた。
「てめえは危機感がねえんだよ。俺がもうてめえに何もしねえと思ってんだろ」
「だって、しないよね、君とはもう」
「わかんねえぜ。俺が何を考えているか、てめえは知らねえだろ」
「それは君が教えてくれないからだろ」
「教えろってのかよ。てめえ、舐めてんのか!ああ?デク」
「どうしてそうなるんだよ。舐めてるなんて、違うって言ったよ僕は。君に憧れてたんだって」
「憧れ、憧れ。てめえはいつもそうだよな。はっ!くだらねえ」
 ぐっと肩を掴んでから離すと、勝己は舌打ちして行ってしまった。出久は解放された肩を擦る。
 勝己の考えてることがわからない。ほんの少し前まで、穏やかに話せていたのだ。もちろん比較的、ではあるけど。以前のようなギスギスした空気ではなくなったのだ。
 互いの心の内をぶちまけたことで蟠りが消えて、彼に近づけたと思った。そのうち子供の頃のようないい関係に戻れるじゃないかと、期待してしまった。期待してしまったからから余計に辛いのだろうか。こんな気持ちで合宿を迎えなければいけないなんて。
 勝己の指に捕まれた肩がじんじんと痺れていた。



 霧の中だ。右も左もミルク色の濃霧に包まれている。
 どのくらい彷徨っているのだろう。沼地が近いのか、水音が聞こえる。足元が泥濘む。合宿所の近くに沼はないはずだ。踵を返して反対側に向かって歩くことにする。視界はより濃い白に包まれ視界が遮られる。
 櫟なのか杉なのか、木の枝が肩にパサリと触れた。ぶつからないように手を周囲に伸ばして、ざらりとした幹を触りながら歩く。足元が乾いた地面になってきた。石や木の根でゴツゴツとしている。
 進む先に、虹のような光の輪が浮かんでいる。森の出口はあの方向だろうか。ふわりと誰かの影が輪の中を横切ったような気がした。
 木々の迷い路の向こうに、やっと合宿所が姿を現した。

 出久が合宿所に辿り着くと、玄関に誰かが立っているのが見えた。相澤先生だ。
「緑谷、なのか?」
 深刻そうな表情だ。心配をかけたに違いない。来い、と部屋に来るように指示される。
 相澤先生の後に続いて廊下を歩きながら「すいません。道に迷ってしまったみたいです」と出久は言った。
「そのことだがな、緑谷」相澤先生が立ち止まって問う。「お前、いつから迷っていたのか覚えてるか?」
「え、えーとよくは。気がついたら霧の中でした」
 むむ、と唸って相澤先生は腕を組んだ。何か問題があったのだろうか。出久は不安になってきた。
「あの、僕なんかしたんでしょうか」
 ガシガシと頭を掻くと、「あのな」と相澤先生は徐ろに口を開いた。
「緑谷、今日からお前は爆豪と2人だけで同室になれ」
「ええ?かっちゃんとですか?なんで?」
 吃驚して聞き返した。現在は班ごとに分かれて大部屋を使っている。出久と勝己は5つ並べられたベッドの端と端だ。
「屋根裏に4人部屋がある。そこを使え。今連れて行ってやる。後で荷物を持って来い」 動揺する出久に、来ればわかると相澤先生は話を終わらせた。
 相澤先生の部屋に入ると、誰かががソファに座っているのが目に入った。
「かっちゃん?」
 勝己は入ってきた出久を見て顔をしかめた。鼻を鳴らして目を逸らす。
「こいつと同室ってなんでなんだよ。訳を教えろよ」
 既に話は聞いていたらしい。ふてぶてしく問う勝己に、「お前も来い」と相澤は人差し指でくいっと手招きする。
 勝己は億劫そうに立ち上がり、ドアの側でどけとばかりに出久に肩をぶつけた。不服なのはお互い様じゃないか、と思うが言い返せない。出久は勝己の後ろを少し離れて歩いた。
 宿泊に使ってない屋根裏の部屋。掃除はされていて、部屋の左右の端に二段ベッドが設置してある4人部屋だ。ドアの正面には大きな窓がある。流石に大部屋より狭いが天井は高くて意外と広く感じる。三角屋根なので、壁の途中から中心に向かってスロープになっている、天井の真ん中あたりに四角い天窓があって青空が覗いてる。
 勝己が訊いた。「で、理由はなんだよ」
「これを見りゃわかる」と相澤は2段ベッドを示した。
「ああ?何もねえじゃねえか」
「下段じゃない。上段を見ろ」
 相澤先生に従い、出久は左、勝己は右のベッドの梯子を上った。盛り上がった布団。誰かが寝てる?
「ええ!これは、僕?」
 布団の上に横たわるのは自分とそっくりな人物だった。
 向かい側のベッドで勝己が「ああ?んだよこれはよ!なんのドッキリだ」と怒鳴る。
「見ての通り、お前らにそっくりな人体だ」相澤が言った。
「これ、偽物ですか?」
 恐る恐る頬に触れてみる。ふにゅっと弾力のある皮膚の感触。体温はあるし、顔に手をかざすと呼吸してるのがわかる。
 相澤は頭を掻きながら「とりあえず今朝のことを話そう」と言った。
 朝食の前、班の者たちが相澤先生の部屋に、出久と勝己がいくら起こしても起きないと狼狽えながら報告に来た。彼らは先に朝食に行かせて確認に行くと、彼らの言う通り2人とも泥のように眠っていた。いくら呼んでも、揺すっても叩いても起きなかった。
「こりゃあ流石におかしい、とふと窓を見たら、丁度爆豪が森の中から現れるのが見えてな。生徒達に見つからないよう、とりあえず俺の部屋に連れてきたんだ。理由はわからんが、ひょっとしたら緑谷も現れるんじゃないかと思ってな。騒ぎにならないようお前らの身体をここに移送したところで、予想通り緑谷も現れたというわけだ」
「どういうことなんでしょう」梯子を降りて、出久は相澤に問うた。
「2人ともは昨夜はちゃんと就寝してる。間違いない。どちらかが偽者とすれば、森の中から現れるまでの記憶が曖昧な分、お前らの方が偽物の確率が高いかもな」
「はああ?何言ってんだあんた!偽者なわけねえだろ。それとも俺は生霊だってのかよ。全然、身体に触れんじゃねえか」
 勝己はいきなり出久の腕を掴んで振った。え?とびっくりしていると、勝己は自分の行動に気づいて舌打ちし、ぶんっと乱暴に腕を離す。ぷっと相澤先生が吹き出した。
「仲良いな、お前ら」
「どこがだ!あんたの目は節穴かよ!」
「噛み付くな爆豪。俺も何が起こったのかわからないんだ。生霊なのかドッベルゲンガーなのか。初めは何らかの個性にかけられたのかと思ったんだが」
「まさかヴィラン連合、ですか?」
 以前に合宿所を襲撃された時に、分身を作る個性を持った奴がいた。彼らがまたやって来たのだろうか。背筋が寒くなる。
「いや、ここにヴィランがいないのは確認済みだ。以前のようなヴィラン連合の乱入を避けるための海外合宿なんだからな。念入りに調査したし、監視体制も整っている。1か所に固まると狙われた時に危険だから、A組とB組で宿泊施設を分散させて、連絡を密にすることにしたしな。だから安心してたんだが、かえって油断してたかもな」 
 相澤先生は2人に向き直った。「前日に何かあったか思い出してくれ。手がかりになるかも知れん」
 変わったことと言えばと、緑谷は昨日の訓練のことを話した。山頂に2人が前後して一番乗りした時、虹に囲まれた2つの大きな影を見たこと。皆が来た時にはもう薄れて消えてしまったこと。それはブロッケン現象というのだと誰かが言っていた。
「霧の中を彷徨っていた時にも、同じような虹が現れました。その中に誰かの影を見た気がします。かっちゃんも見た?」
 ちらっと伺うが、勝己は黙ったままだ。
ブロッケン現象か。霧の中でよく起こる現象だな。対象に背後から太陽の光が当たって、影の側にある霧の粒で光が散乱し、影の周りに虹のような光の輪を作り出すんだ。ブロッケンの妖怪とも呼ばれるな。車のサーチライトとかでも起こるそうだ」
「関係あるんでしょうか」
「ふうむ、ただの自然現象なんだが。関連があるのかどうかはわからんな。未知のヴィランの可能性も捨てきれんし。しかし基本的にヴィランは人の多い都市部に集中しやすいんだが」
「僕ら、どうすればいいんでしょう」
「残念だがすぐに発つことはできん。海外のデメリットだな。まだこの現象に危険があるのかどうかも不明だしな。今までも同様のことがあったのか、情報を集めて対処法を探す。暫くの間、他の生徒達には隠すことにする。騒ぎになるからな」
 沈黙していた勝己が徐ろに口を開く。「この本体とやらが起きればどうなる。俺は消えるのか」
 勝己の言葉にぞくっと震えがくる。そうだ、もしも偽者が僕らの方ならば、何が起こるのかわからない。
「自分が消えるくらいなら、元とやらを爆破してやりゃいいよなあ」と勝己は右手をベッドに向けた。パチパチと火花が舞う。
「だめだよ。かっちゃん!もしそっちが本体だったら、爆破したら僕らも消えちゃうかもしれないよ」
「ああ?うっせえわ、デク!やってみなきゃわかんねえだろうが」
「やって消えちゃったら、手遅れじゃないか!」
 火花がスッと消えた。わかってくれたのかとほっとする。いや、勝己が収めたわけではなく、相澤先生が個性を使ったようだ。
「あー黙れ黙れ。とりあえず行事に参加してこい。起きてるのはお前らなんだから。本体の代わりにやることは山ほどある」
「たりめーだ、てか、代わりじゃねえわ!こっちが本物なんだからよ!」
 相澤先生から時々眠る身体を寝返りさせるようにと指導される。床ずれ予防と様子を確認するためで、何か変化があればすぐに報告するようにと。
 勝己は不服そうに言う。「めんどくせえ。俺はやんねえよ。デク、てめえはやりたきゃやれや」
「かっちゃん駄目だよ」
「指図すんなや、クソが」
「お前らな。二人ともやれ!」苛ついた様子で相澤先生が言った。
 ちっと舌打ちして勝己はドアに向かう。
「待って、かっちゃん」
 止めようとつい腕に触れてしまった。途端に勝己はくるっと振り向き、威嚇するように睨んだ。
「触んな、クソが」
「ごめん。 かっちゃん、でも」
「爆豪、お前な、イライラすんのはわからんでもないが、八つ当たりするなよ」と相澤先生が窘めるが「あんたにはわかんねえよ!」と勝己は怒鳴る。出久は為すすべなくおろおろするばかりだ。
 ふうっと勝己は息を吐く。「荷物持ってくんだよ。隠しとくには他に手がねえんだろ。ちゃっちゃとこのめんどくせえ事態をなんとかしろよな」
「ああ、わかってる」
 勝己が去るとぽん、と相澤先生が慰めるように肩を叩いた。
「あいつもとりあえず納得はしたようだな。お前らの身体だ。頼んだぞ」
 出久は溜息をついた。厄介なことになってしまった。その上また勝己を怒らせてしまった。同室になんてなったら、怒らせる元がさらに増えそうだ。先が思いやられる。
 勝己は触んなと言って怒ることが多い気がする。別に触りたくて触ったりしない。でも和解する前だって、ここまで酷くなかったんじゃないだろうか。なんでこんな風になってしまったのだろう。検討がつかない。自分に原因があるなら教えて欲しい。
 それとも今の自分が偽物だから、知らないだけなのか?この気持ちも偽物で、悩みは眠ってる方の自分のものなのだろうか。
 本物と偽物と何が違うというのだろう。
 この日のスケジュールを終えて、就寝時間になった。相澤先生は2人だけ同室にする理由を、様子を見るためだとクラスの皆に説明した。
「寝る」と言うと勝己はさっさと上に行ってしまった。
「3人になっちまったぜ。さみしー」上鳴は大袈裟に嘆く。
「別に寝るだけだろ、班が変わるわけじゃねえし」と轟は平然としている。
「てめえはそうだろーけどよ!楽しいのは夜だろ!夜!男同士で色々語り合いたいじゃねえか」
切島は心配そうに言う。「緑谷、2人で大丈夫か?爆豪と仲良くできそうか?最近あいつまたお前にきついけどよ」
「うん、寝るだけだし、ね」なるべく平気に聞こえるよう出久は答える。
 班の皆と別れて、出久は屋根裏の部屋のドアを開けた。勝己は既にベッドに入っている。もう寝てるのだろうか。
「かっちゃん、起きてる?」
「起きてねえよ」
「起きてるじゃないか。ねえ、これからどうしよう」
「うるせえ!クソバカナードが!寝ろ!うぜえわ」
 取り付く島もない。ベッドから見上げると天窓から沢山の星が見える。空気が澄んでるからだろう。降ってきそうなほどの光の群れだ。
 日本から見える星座とは違うのかな。北半球は同じなんだっけ。一際目映く輝いている星は夏の大三角形のひとつかな。こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブ。ベガとアルタイルは七夕の織姫と彦星だ。天の川に遮られて一年に一度しか会えない。
 年に一度でも会えればいいよ。思いあっているのなら。天の川ではないけれど、君との隔たりを飛び越えられたらいいのに。
 部屋の窓は大きくて月明かりが眩しいくらい。床に映る窓の格子の影が檻のようで、まるで閉じ込められてるみたいだ。影に蝶の模様がある。気づかなかったけど、窓枠の飾りだろうか。いや窓枠に蝶が止まっているんだ。
 この部屋に自分と勝己の二人きりのようなのに、ベッドの上段には同じ顔をした者達がいるのだ。おかじな感じだ。
 こちらがが本物なのか向こうが本物なのか。
 


 翌朝。出久が食堂に入ると、既に班の3人は席に座っていた。「こっちだ緑谷」と席に手招きされる。
 テーブルには朝食の味噌汁と鮭や海苔などのおかずが用意され、お櫃が各テーブルに一つずつ置かれている。御飯だけはセルフサービスだ。班の全員揃ってからよそうのだろう。
「爆豪と2人で大丈夫だったか?」と轟が聞いた。
「うん、昨日はほんとに寝るだけだったし」
「日中は俺らも一緒にいるんだ。あまり深刻になるなよ」
「あ、ありがとう」
「まあ、お前らが仲直りすんのが1番だがな」
 轟も気遣ってくれている。勝己と仲直りなんていつできるんだろう。そもそも仲違いの理由がわからないのだ。というか、幼い頃から考えると仲良しだったのは遙か昔だ。僕らの仲直りってどんな形なんだろうと考えてしまう。
「爆豪はいねえみてえだが」
「うん、声かけたけど先に行けって言われて」
 きっと自分と一緒に降りたくないのだと気分が沈む。
「あいつ二度寝してんのか」と上鳴が揶揄うように言った。
 勝己が階段を駆け下りてきた。「してねえわ!クソが!」
「おう、爆豪!お前らいねえから寂しかったぜ」と慌てて上鳴は取り繕う。「轟マジですぐ寝ちまうしよ。夜中まで恋バナとかしてえじゃねえかよ、なあ」
「悪いな。眠気には勝てねえんだ」と轟。
「恋バナじゃなくて、エロ話だったろーが」と切島はあきれる。
「それな。楽しかったよな」
「う、んー、まあな」とボソボソと切島が答える。
 ほんとに流されやすいんだなあ、切島くん。皆と同じ部屋なら面白かっただろうな。寝不足になりそうだけれど。上鳴君の勢いでかっちゃんも恋バナに参加させられたりしたかな。うるせえって怒ってたかな。黙って聞いてるほうかも。そういうかっちゃんも見てみたかったな。
 「おい、飯!てめえらちゃっちゃと受け取れ!」
 考えに耽ってる間に、いつの間にか勝己が全員の御飯をよそっていたようだ。
 
 午前のトレーニングが終わった時、「ねえねえ、屋根裏の部屋はどんなの?見せて」と別の班の芦戸がやってきた。
「僕はいいんだけど、かっちゃんに聞かないとわからないよ」出久は困って勝己を引き合いに出した。
「あいつがいないからいいんじゃん」「だな、屋根裏部屋なんてみたことねえし、俺も見てえ」上鳴、切島も乗って来た。
 これはまずいぞ。部屋の中には眠る自分達の身体があるのだ。勝己は何処に行ったんだろう。トレーニングの後で姿が見えなくなった。こんな時に彼ならうまく彼らを断ってくれるのに。うまくというか、勝己の有無を言わさない物言いは、こういう時こそ必要なんじゃないだろうか。
 いや、そんな頼りかたないよね。身勝手すぎる。
「ちょ、ちょっと待ってて!」
 慌てて出久は部屋に戻り、ベッドの上段の自分の頭に布団を被せ、さらに荷物をのせて身体を隠した。勝己の顔も隠さなくては。だが、梯子を下りている間に、皆がどやどやと部屋に入って来てしまった。間に合わなかった。隠しそこねた勝己の顔が布団から出たままだ。
 天井を仰いて切島が言った。「おお、天井たっけな。3段ベッドでもいけそうじゃねえの」
「うん、結構広く感じるよね」出久は落ちつかない。。
「お前ら下段に寝てんのかよ。2段ベッドは上段の方がいいんだぜ」
「あ、あ、待って上鳴くん!」
 上鳴が2段ベッドの梯子をひょいひょいと登っていってしまった。止める間もない。「おー?爆豪?」と上鳴が声を上げた。
 勝己の身体が見つかってしまった。出久は慌てたがもう遅い。なになに?と芦戸も梯子を上って、ベッドを覗いてウケている。
「意外と寝顔かわいいね、爆豪。いつもこんな顔してればいいのにね」
「こんな時間に昼寝してんのかよ。昼飯前じゃん」
「う、うん、疲れてたみたい」出久は冷や冷やしつつ答える。
「へえ、タフネスのあいつがね」
 まずいぞ。もし皆がこの後、部屋の外でかっちゃんを見かけたら、きっとおかしいと思うだろう。かっちゃんどこにいるんだよ。連絡しようとポケットから携帯を取り出して、ふと窓の外に目をやる。勝己だ。丁度広場を横切っている。
 森の中でトレーニングをしていたんだろうか。よかった、合宿所の中にはいなかったんだ。出久はこっそりメールを送信する。そういえば携帯、山の上だけど通じるのかな。アンテナは立ってるけど。
『部屋に入れただあ。このクソバカが!』案の定怒りの返信が届いた。
『だから、合宿所の入り口から入らないで直接部屋に来てね』と送信する。
「じゃ、そろそろ行くわ。午後はトレーニングだしよ。爆豪そろそろ起こしとけよ」切島が言った。
「きちいよなあ、高地トレーニング。すぐ息が上がっちまう」上鳴が弱音を吐く。
 皆が去った後、出久は窓を開けて手を振り、その場を離れた。外から爆音が聞こえた。跳んできた勝己は窓枠に掴まり、桟に足をかけて部屋に入ってくる。
「あ、かっちゃん、靴脱いで」
「てめえ、ふざけんな!」
 勝己は靴を投げ捨てると、出久の言葉を遮り、目を吊り上げて出久に掴みかかった。首元を掴んで締め上げる。
「く、苦し、ご、ごめんね、かっちゃん、止められなかった。合宿所の部屋は鍵ないし」
「身体張って止めろや。クソが!」
 なんだなんだとクラスメイト達が部屋に戻ってきた。まだ近くにいたらしい。勝己の爆音のせいかも知れない。危なかった。
「おい、起きて早々に喧嘩すんなよ、爆豪」と切島が割って入った。
「寝てねえわ!」と勝己は怒鳴る。
「何言ってんだよ。お前昼寝してただろ」
「クソが!寝てたわ!うるせえわ、てめえら出てけ」
 パンパンと勝己は掌から爆破音を出して皆を威嚇する。
「わーったわーった。もう行くって。寝起きで機嫌悪いみてえだな」上鳴が言った。「緑谷にあんまり苦労かけんなよ、爆豪」
「かけられてんのはこっちだ!クソが!」
 2人きりになったところで勝己が振り返って睨んだ。「気いつけろバカが!」
「うん、ごめん」
「全く、いつまで隠してりゃいいんだ」
 
 昼はトレーニングに飯盒炊爨、夜はレクリエーションにと、その日の合宿スケジュールは慌ただしく過ぎた。
 沸点が低いので飯盒炊飯には、圧力鍋を使用することになった。班ごとに支給されたが、皆圧力鍋で調理をしたことがなく、使い方がわからないと戸惑っていた。意外なことに勝己は知っており「強火にして沸いたら弱火にすんだ。蒸気口を開くんじゃねえぞ」と聞かれるたびに答えていた。
 流石なんでもできるんだなと感心する。そういえば、登山が趣味だったっけ。山に慣れてるのかも知れない。すごいなあ、かっちゃん、なんて昔みたいに言ったら爆破されちゃいそうだけど。山での調理もトレーニングの一環だそうで、空気が薄いからこそできることらしい。高地トレーニングも色々あるようだ。
 夕食後、歯磨きを終えて出久は鏡を見た。
 腕に触り、顔を触る。自分が偽物とは思えない。身体の様子もおかしいところはない。何も変わらない。ただ部屋には自分達ではない別の自分達が眠っている。
 出久はベッドの上段に登った。自分の身体に顔を寄せるとちゃんと寝息が聞こえる。ころんと横向きに寝返りさせる。
 勝己は自分の体を寝返りさせないつもりなのだろうか。床ずれができるかも知れないし、そうじゃなくても動かした方がいいんじゃないだろうか。彼がやらないなら自分がやっておこう。
 出久は勝己のベッドの上段に移って布団を捲った。眠る勝己は眉間に皺もなく穏やかな顔をしている。芦戸の言っていたように、いつもこんな顔をしてればいいのに。すうすうと息も静かだ。血色もよくてすぐにも起き出しそうだ。
「かっちゃん、いいよね」と誰も聞いてないのに断って身体を横向きに動かす。
「かっちゃん、起きてる?」と眠る勝己に呼びかける。
 同じ言葉をかけて、昨夜は怒鳴られた。
「眠ってる君は側に寄っても怒らないね」
 まじまじと顔を見つめる。ここで眠っている君は穏やかなのに。
 一体君は何を憤ってるんだ。僕らは心を曝け出しあって、分かり合えたんじゃないのか。あれは一時的な錯覚だったのか。何でもすぐに出来てしまう君は僕のヒーローだったんだ。嘘なんかじゃない。
 そう素直に告げても今は怒るだろうね。僕は君とわかり合いたいよ。君ともっと話したい。いつかは君に並び立ちたい。おこがましいことなんだろうか。
 そろっと金糸のような髪に触る。君はちょっと触れるだけでも烈火の如く怒るから。今だけは、眠ってる君になら触ってもいいだろうか。硬くて刺さる毛先は金の針のようだ。
 指を髪に潜らせて滑らせる。結ぼっているのか途中で指がくくっと止まる。何度か丁寧に滑らせる内に、毛先まで指が通せるようになった。
「ブラシの代わりに指で梳いておこうかな。起きたらくしゃくしゃの頭というのも考えものだよね。ああ、僕はくしゃくしゃだけど、かっちゃんはトゲトゲだね」
 天頂の髪を梳いてから前髪を梳く。指先が額に触れる。硬い髪質だけど、手触りは絹糸みたいでサラサラだ。金色の生糸だ。肌の色素が薄いから、目を開ければ肌に赤い瞳が映えるだろう。この距離でその赤を見たいな、と思う。ふっと苦笑する。それって胸倉掴まれてる時だ。
 眠っている方の勝己が目覚めたら、起きている勝己はどうなるのだろう。かわりに眠ってしまうのだろうか。


to be continued

インフォメーション2018年5月~

最新情報です。上に行くほど新しいニュースです。母艦サイトのINFOや自作創作小説カテゴリー に内容紹介文を詳しく載せてます。母艦サイトへのリンク→Blue Human

2018/05/07 勝デク小説「続・優しい時間」をUPしました。

2018/06/15 勝デク小説「胡蝶の通い路・前篇(共通版)」をUPしました

2018/06/25 勝デク小説「胡蝶の通い路・後篇(R18版)」をUPしました

2018/06/25 勝デク小説「胡蝶の通い路・後篇(全年齢版)」をUPしました

2018/08/29 勝デク小説「パラサイト・フェスタ」をUPしました

2018/08/29 勝デク小説「パラサイト・フェスタ(全年齢版)」UPしました

続・優しい時間(R18)

f:id:hiten_alice:20180427162306j:plain

 繁華街からひとつ角を曲がると街は影を纏うようだ。
 喧騒から遠ざかり曲がりくねった狭い坂道を登った。街灯が疎らになり、別の世界であるかのように闇が濃くなる。
 魔物が潜んでいるようだ、と思う。後ろをついてくる戸惑う足取り。勝己は振り返り、足音の主の腕をぐいっと掴んで引き寄せた。探るように指を絡める。掌から甲にかけて皮膚を横断する盛り上がった傷跡の感触。確かに出久のものだ。繋いだ手を握りしめて逃げないように力を込める。
「あの、かっちゃん?どこ行くの?もう電車に乗らないと帰れないよ」おずおずと出久が言う。
「はあ?ここからじゃもう間に合わねえだろうが!」
 帰してたまるものか。わざと電車に間に合わない時間まで連れ回したのだから。初めからこのホテル街に連れ込むつもりだったのだ。健全な夜の遊び場の散策で終わるはずないだろうが。繁華街は一皮むけば夜を営む建物が並び立つ魔窟なのだから。
「ここにするか」
 シンプルな装飾のホテルを選んでエントランスに入った。
「でも、でも、僕ら未成年だよ。無理だよ。入れてくれないよ」となおも臆する出久に「店員に対面しねえで入れるとこもあんだよ」と苛々しながら返す。そんなことは既に調査済みだ。
 タッチパネルから適当な部屋を選ぶ。大体ラブホテルに来ることになったのは誰のせいだと思ってるんだ。元はといえばてめえがわがまま言うからだろうがよ。


 雄英が全寮制になったのは正直嬉しいと思った。毎日出久と寝起きを共にできる。これで好きなときに好きなだけ出久を抱くことができるのだと。ガキの頃から気の遠くなるほど長い間思い続けてきて、やっと恋人といえる関係になったのだ。どれだけ抱いても足りないくらいだ。
 しかしそう都合よくはいかなかった。どういうわけか出久が拒んだのだ。
「無理だよ、かっちゃん。皆がいるのに寮でなんてできるわけないだろ。壁ごしに隣の部屋に声が聞こえてしまうかもしれないよ。週末に家に帰った時でいいんじゃないかな」とわけのわからないことを言う出久に「全然足んねえんだよ!てめえ、俺を干からびさせるつもりかよ。ふざけんな、クソが!」とムカついて怒鳴りちらした。だが出久は譲らなかった。仕方なく渋々折れるしかなかった。
 不本意だがこっちから告白したせいか、出久にあまり強く出られないのだ。はじめに折れて折れて始まったのがいけなかったかも知れねえ。あいつはああ見えて頑固だ。ゴネれば俺が折れると思ってやがる。何事も最初が肝心ってやつだ。クソ忌々しい。
 デクの奴は俺ほどやりてえわけじゃねえのかよ。やってる時は気持ち良さげによがってるくせによ。つき合い始めてすぐにがっついてやっちまったから、あいつの考えがわかんねえ。
 毎日すぐ側に、手の届くところにいるのだ。登校してから下校までずっと同じ空間にいる。朝も夜も同じ寮の中にいるのだ。2人きりになる機会だって何度もあるのだ。すんなりと伸びた首筋にしゃぶりつきたいと思っても、週末までお預けだと。頸、唇、Tシャツの下に隠された肌。あいつを見ているだけで触れた感触が、体温が、身体の奥の熱さが蘇る。付き合ってんじゃねえのかよ、俺らはよ。
 欲求不満で我慢ならなくなり、一計を案じた。寮じゃなければ文句ねえんだろう。外に連れ出して一晩中いじめ抜いてやるわ、と。


 エレベーターで3階に上がり、部屋に入って鍵をかけた。
 綺麗に掃除された部屋。大きなベッドと奥にある硝子張りのシャワールーム。湯船まで透明だ。片方の壁は一面の鏡張りで、出久と自分の姿が映っている。鏡の中の出久は不安そうにちらちらと勝己の様子を伺っている。勝己の面は眉根をぎゅっと寄せて不機嫌なのがもろに出ている。見上げると天井も格子柄の鏡張りだ。
 枕元のパネルで間接照明を少し明るめに調整した。顔がよく見えるほうがいい。ついでにドレッサーの引き出しを開けた。何も入ってない。ベッドサイドにコンドームにジェルや性玩具の自販機がある。コンドームは用意してきてはいるが、他の玩具は見たことがない。折角だから使わせてもらおう。勝己はにやっと笑う。
 一通り確認して、枕元に自販機で購入した玩具を並べる。支払いは自動精算機での後払いだ。出久はそわそわと落ち着かない。
 シャワールームを開ける。シャワーだけでもいいが、湯船があるなら浸かりたい。蛇口を捻り湯を張った。ドアを閉めると湯気が透明な壁を白く曇らせてゆく。
「風呂に入んぞ、デク」
 と言うとビクッと出久が震える。ことここに及んでのその反応にイラッとする。
「今更なんだてめえ!ラブホ入った時点でわかってんだろうが」
「でもでも、明日は学校あるんだよ」
「ああ?問題ねえだろ。早く起きて朝イチで登校すりゃいいだろうが!」
 腹立ち紛れに出久のコートの襟をつかんで引きよせる。鼻先が触れそうな距離。そういやキスもあんまりしてねえぞ。学校でも寮でも人目につくからと出久が気にしやがるからだ。クソが!
 顎を掴んで噛みつくようなキスをする。唇から伝わる出久の体温。久しぶりの柔らかさ。舌を差し入れて口内を乱暴に荒らす。「ん、ふ」と出久が甘い吐息を漏らす。唇を離して角度を変えてまたキスをする。ほんと、全然足んねえわ。
 ぐずぐずしている出久のコートを脱がせ、「さっさと服全部脱げよ、おら!」とひん剥いて出久をシャワールームに叩き込む。床に落とした出久の服を椅子の上に投げつけ、イライラしながらベッドに腰掛ける。
 キスにちゃんと応えてるくせによ。往生際の悪い奴だ。学校だから寮だから、それが何だってんだ、クソが!
 透明な湯船に肩まで浸かっている出久。湯気に曇った硝子越しでも湯の中で赤く染まった身体が丸見えだ。首元から背中のライン、太腿、折り曲げられた膝に脹脛。
 ずくりと勃起の感覚。身体は待てねえみてえだ。俺も入るとするか。
 勝己がシャワー室のドアを開けると、「え、かっちゃんも入るの?」と出久は驚き、勝己の下半身に視線を移して狼狽える。こっちは準備万端だっつうんだ。
 つま先を浸けて湯温を確認する。自分にはちょっとぬるめだ。湯舟にザブンと飛沫を立てて入り、出久と向かい合わせに膝を立ててしゃがむ。出久の膝の間に片膝を挟ませる。
 出久は目のやり場に困っているようだ。そっとつま先を前に滑らせる。陰嚢をふよんと突いて口角を上げる。出久は「わあ!」と慌てて立ち上がる。
「かかか、かっちゃん、僕、身体洗うね」
「はっ!んじゃま、俺もそうするわ」
 洗い場には透明で凹型に縦に割れ目の入った椅子が2つある。腕が一本通るくらいの割れ目だ。座らせたまま性器を弄れるわけだな。所謂スケベ椅子ってやつだ。
 前の椅子に出久に座るように言い、勝己は後ろに座って出久の背後から腕を回し、下腹部に指を滑らせる。体毛の下のその先の、敏感な部分に指を下ろす。
 「ちょ、や、かっちゃん」と慌てる出久の、まだ元気のない性器を指先で摩り、亀頭を摘んでやわやわと愛撫する。いやいやと出久は首を振り、きゅうっと肩を竦ませる。暫く擦っていると静かになった。息を潜めて耐えている。性器の芯が育って元気になってきたな。椅子の割れ目から手を入れて出久の窄まりと睾丸の間を触る。出久はひゃあっと色気のない声を上げる。指を後ろに引いて窄まりをつつき、撫でる。
「便利な構造だな、この椅子。座ったままで慣らせんじゃねえか」
「や、かっちゃん、僕、自分で」
「させねえよ、クソナード」
 ボディシャンプーを手指にとって滑らせ、ずぶりと指を埋めて内部を捏ねる。
「あ!ああ、かっちゃん」
「暴れんな!」
 跳ねる出久の身体を片腕で押さえる。ぐにぐにと指を入れては引き抜いて慣らす。
 出久の身体の外側も内部も余さず洗ってやった。湯舟に浸かり出久を背後から抱いて膝の上に乗せる。前に回した腕で強く抱きしめ、ペニスを扱いてやる。出久は茹だったみたいに肌が赤くなっている。項をペロリと舐めてキスをする。勝己の勃起に出久の尻が乗っかり、双丘で挟んで刺激してくる。
「あ、あ、かっちゃん、もう、動かさないで」
「デク、いっちまえよ」と吐息だけの声で耳元で囁く。
 出久はふるっと震えるが、「お願いだよかっちゃん。お湯を汚したくないよ」と懇願する。
「しょうがねえな」
 どうせ湯は抜いちまうのによ。出さないよう勃起の先端を抑えてやる。はあ、と出久はほっとしたように溜息を吐く。つれえんじゃねえのか。出さねえと身体に熱が篭もるだけだろうが。
 悶える出久を抱えて立たせ、バスタオルでざっくりと水分を拭き取った。ベッドに横たえてペニスを咥えてやる。出久の味だ。
「や、ダメだよ、かっちゃん、出ちゃう、あ、ああ、あふう」
 出久はすぐに達した。口内のものを飲み込んで上半身を抱き上げ、キスをする。舌を絡めるキス。舌先から裏側を舐め頬の内側もぬるぬると舐めて犯す。
「ん、苦いね」唇が離れるととろんとした瞳で出久が言う。
「ばあか。てめえの味だろうがよ」
 再び寝かせて湯上がりの肌にキスの雨を降らせる。ほんのり赤くなった肌に吸い付き、さらに赤い痕をつけてゆく。
「あ、跡はまずいよ。明日学校だよ、かっちゃん」弱々しい声で出久が抗議する。
「体育ねえんだから構わねえだろ」
「キ、キスマーク、一日経っても取れない時もあるんだよ」
「いちいちうるせえわ!俺に指図すんな、クソが」イラッとして続ける。「大体今更だろうが。隠す必要ねえだろ。クラスの奴ら皆俺らのこと知ってんだからよ」
「だからだよ!虫さされとか言い訳しても誤魔化せないじゃないか」
 ぐたぐた言う口を塞いでやる。
 出久の頭の横に座り、「出久、口開けろ」と言う。出久は上目遣いに勝己に目を向けると、そろっと口を開く。腰を進めて出久の口腔内にペニスを突き入れる。出久の舌先が先端を舐め、ねっとり熱い粘膜が性器を擦る。勝己はさらに奥に突き入れる。出久は頬を窄めて口内を狭くして竿を軽く締め付ける。
 腰を前後に振り、出久の口淫を堪能する。不慣れで決して上手くはない。俺の方が遥かに上手いだろう。だが出久の拙いそれがまた唆るのだ。
 足を大きく開かせて膝を立たせる。ジェルを指で捏ねて温め、後孔に人差し指を突き入れる。第一関節、第二関節、根元まで入れて掻き回す。
 熟れた後孔は出久の内部への道だ。何考えてんのかわかんねえ出久を暴く手がかりだ。快楽に溺れさせてやるわ。引き抜き、突き入れる動きを繰り返し、念入りに広げてやる。指を二本をぐりぐりと捻じいれる。内部を捏ねるたび潤滑油と粘膜が擦れて滑った水音を立てる。いやらしくて耳に心地よい。出久はあふ、と悶える。
 準備は整った。いつもならもう挿れているところだが。勝己はついっと枕元に視線をやる。整然と並んだ性玩具。一つ一つを品定めする。コードのついたカプセル錠みたいなローター。これを試してみようか。
 コードを伸ばし、カプセルで出久の乳首を摩りスイッチを入れる。ブウンと軽いバイブ音。
「ん、あ、かっちゃん、なに?」
 振動に悶える出久。乳首がぷくりとたってきた。チュッとくちづけして舌で転がし、もう片方の乳首をローターで撫でる。
「過敏だな、てめえの乳首立ってんぞ」
「変なことしないでよ、かっちゃん」
「はっ!もっと変なことしてやろうか、デクよお」
 勝己は枕元に手を伸ばし、陰茎と陰嚢を忠実に模した半透明の張り型を見せてにやっと笑う。
 出久は目を見開き、「え、それは、ないよね?かっちゃん」と怯える。
 スイッチを入れるとそれは蛇のようにくねくねとくねる。
「いい動きだよなあ、デク」
「なにそれ、まさか。僕の中に?嘘だろ?」
「そのまさか、しかねえだろうが」
「ちょ、ちょっと待ってよ!」
 嫌がる出久を押さえつけ、両足を太腿の上に抱え上げる。
「折角の機会だからよ、味わってみろや」
 張り型の先端をひくつく出久の窄まりに擦り付けると、ぬるりと挿入する。
「やっ、ああ!」
 出久は足を閉じようとするが勝己の胴を挟むだけで果たせない。張り型をずぶりとさらに体内に沈めてゆく。
「俺のより細えんだ。入んだろ」
 出久は目を瞑り、ん、ん、と声を抑える。ほとんど挿入したところでスイッチを入れた。ぶうんと玩具が震え始める。
「ああああ!」と出久は悲鳴を上げる。「やだ、なにこれ、かっちゃん、いや、やだよ」
 出久はあられもなく悶える。中をあのくねりに擦られているのだろう。半分ほど引き抜いてみる。張り型のくねる動きにひくつく窄まりはなかなかいやらしい。もっといたぶってやる。引いては押し込んでゆっくりと抽送させる。短い悲鳴がやがて嬌声のように変わる。次第に出久の性器が勃起してきた。
「んん、あ、かっちゃん」
 息も絶え絶えに出久は勝己を呼ぶ。潤んだ目で見上げる。唇が何かを言いたげだ。
「なんだ」と促す。ぐっと押し込んでスイッチをオフにする。
「君がいい」出久は言う。「こんなものじゃなくて君がいいよ」
 なんて言った、デク。
 俺を欲しいって言ったのか?
「俺が、いいのかよ、デク」
 胸が痛いくらいに騒めく。これは悦びだ。思いがけず出久から求めてやまなかった言葉を引き出した。
「もっかい言えよ。クソナード」
「君が、いいよ。かっちゃん」
「そうかよ、俺が欲しいんだな。デク」
「そうだ、よ」
 気分が高揚する。挿れてえ。めちゃくちゃにしてやりてえ。
 見たこともない悶え方をする出久を見るのも愉快だが、俺は全然気持ちよくねえしな。そろそろ突っ込んでやりてえ。 
 とはいえ普通にやったってつまらねえな。
 後孔から張り型を引き抜いてやる。穴はひくついて閉じられ、窄まりに戻る。
 ほっとした様子の出久の身体をひっくり返して四つ這いにさせた。背後に被さり、半勃起した出久の性器を掌で包みこみ撫でる。
「ケツ上げろよ。デク」
「ん、うん」
 玩具の刺激が強かったか。ぐったりとした出久は頭をシーツにつけて腰を上げる。勝己はローターを手に取り、出久の中にぐっと押し込む。
「んん、かっちゃん?何か入れた?」
 ぼんやりとした声で出久が訊いた。
「ああ、いいもんだぜ」といいざまに勝己はローターのスイッチを入れる。
「あ、いや!かっちゃん。そういうのやだって言ったのに、やあ」と出久は身悶える。
「てめえの欲しいもんもくれてやるから安心しろよ」
 ニヤリと笑い、勝己はコンドームを装着して出久の腰を掴んで引き寄せると「ほらよ!」と、ローターを入れたままの窄まりにペニスを当てて深く突き入れた。
「ああ!」出久は悲鳴を上げる。
 先端に触れるローターの振動。勝己はそれを内部の奥深くに押し込み、擦り付けるようにジリジリと突き上げる。 性玩具で広げられた窄まりは、易々と勝己を受け入れてゆく。
「いや、ああ、かっちゃん」
 出久の声がすすり泣きのように変わる。ローターはさらに深く潜り出久の中を蹂躙しているだろう。陰茎に絡むローターのコードからも震えが竿に伝わる。やべえ、こっちも振動でいっちまいそうだ。早すぎるわ。スイッチをオフにする。
「いや、いやだ、かっちゃん」
 出久は堪らずに吐精した。収縮した内壁が勝己を締め付けてきゅうっと刺激する。勝己はふう、と息をついて射精感を受け流す。あぶねえ、まだ早えわ。
 バックだと普通は出久の表情は見えない。だが鏡張りの壁なので顔がよく見える。射精した瞬間の出久の朦朧とした表情。唆る。堪らない。振動の余韻のせいか、ヒクヒクと肉襞が震える。
 出久の陰茎に指を滑らせて摘む。竿を摘むと芯がある。射精したばかりなのにまた勃起仕掛けてるようだ。
「はは、やらし、てめえもやりてえんじゃねえのかよ。寮ではやりたくねえとか、すかしやがって」
「違うんだよ」息を切らせて、途切れ途切れに出久は言葉を紡ぐ。「やりたくないんじゃ、ないよ」
「んだよ、わけでもあんのかよ」
「正直に言えばやめてくれる?」と出久は訊く。
 やめる?何をだ。全然足んねえわ。ざけんじゃねえぞ、クソが!内心の悪態を押し殺しつつ先を促す。
「理由があるのか。言ってみろよ」
「その、ええと、言いにくいんだけど」
 もじもじと煮え切らねえな。じれってえわ。
「デェク、またスイッチ入れっぞォ」
「待って待って!わかった、言うよ」
 出久は振り返り、勝己と目を合わせてくる。真っ直ぐ目を合わせるのは出久の癖だ。こんな時でも律儀に勝己を直視する。
「エッチした次の日、君の顔が見れないんだ」
「はああ?」
 またかよ。またなのかよ。付き合って間もない頃に、てめえは俺の顔が見れないと言いやがった。あれからどんだけ経ったと思ってんだ。てめえはまたぐちゃぐちゃと考えてんのかよ。何処に迷う理由があんだよ。てめえは俺のだろうが。ふつふつと腸が煮えくり始める。
「恥ずかしくて、見れないんだ」出久はぽそりと続ける。「かっちゃんの顔を見ると、どんなことしたかとか、されたこととか、思い出して恥ずかしくなってしまう。君のどこを見ても、指とか見ただけでも思い出しちゃうんだ。君に触れられた感触とか君の身体の重みとか。キスをした舌の動きとか、君のものが中に入ってくる圧迫感とか蘇ってきちゃうんだよ。すごくすごく恥ずかしいんだよ」
 張り詰めていた気がすうっと抜けた。こいつ、それが理由だったのかよ。俺とのセックスを思い出すからっていうのかよ。
 思い出せばいいじゃねえか。ずっと俺のこと考えてればいいじゃねえか。俺もそうなんだからよ。てめえの身体を表情を反応を、何度も反芻してんだからよ。あああ、なんだよてめえ。マジかよこのクソナードが!
 勝己は出久の中からペニスを抜き、ローターも引き抜いた。はあ、と出久は溜息をつく。ほっとする間など与えてやらねえ。出久の身体を横倒しにして添い寝し、背後から抱える。片方の太腿を抱え上げ、コンドームを外すと陰茎に手を添えて再び中に押し込む。
「う、うあ、え?かっちゃん」
「それ聞いてやめるわけねえだろーが。なあデク」
「でもでも、感触が違うよ。コンドーム、外した?」
「ああ、わかっか。さっきよりスムーズに入らねえもんな」
「なんで?どうして外しちゃったんだよ?」
「生でしたくなったわ。こっちのが気持ちいいしよ」とぐいっと突き上げる。怒張が窄まりに深くめり込む。
「ああ!」と叫び、シーツを掴んで勝己の挿入に耐える出久。
 正面の鏡の壁に勝己に貫かれている出久が映っている。恍惚とした表情。繋げられた身体、勝己の律動に合わせて出久のペニスが揺れる。
「てめえも気持ちよくしてやっからよ」
 勝己は出久の足を下ろし、いったんペニスを引き抜いて身体を起こした。出久の両足を揃えて身体をくの字に曲げさせると、再び先端を押し当て、腰を前に強く振って勃起を根元まで埋める。衝撃に「う、あ」と悶える出久の陰茎を掴んで、扱きながら腰を打ち付ける。
「中でいくぜ、デク」
「は、あ!はあ、かっちゃん。酷いよ、明日学校なのに」
「洗えばいいだろうが。ああ、俺がちゃんと洗ってやるわ」
「それ、もっと恥ずかしいから」
「はっは!さんざん悩ませやがってよ。覚悟しろよ。もう寮でもどこでも容赦しねえでやってやるわ」


 勝己の性器に中を荒々しく掻き回されて、もう無理だと出久は音をあげる。構わずに背後から抱きしめて深く突き上げる。
 獣の交尾のような姿勢は興奮する。
 何度目の挿入になるだろう。俺は余裕だが出久は限界か。だが喘ぐ声は甘い。様子を見ながら小刻みにペニスを動かす。先端で丹念に探る。気持ちいいところを擦られ、声を殺して感じているのを隠そうとする出久。髪をかきあげ、頸を舐めて噛んで背骨のひとつひとつを順に口付ける。
 、俺は出久の感覚全てを支配しているんだ。
 勝己は満足して笑う。引き抜き、突き上げ、激しくピストン運動をする。ガクガクと身体を揺さぶる。肌を打ち付ける。シーツが乱れ、ベッドのスプリングが軋む。
「デク、デク、ふ、は、はあ」
 勝己は名を呼び、獣の如く唸る。背筋から痺れが走り、中心に熱が集まり内部で達する。出久の中に注がれる勝己の精。
 勝己は笑う。
 鏡の中の勝己も。満足そうに。笑う。

 

END